• トップページ
  • ニュース
  • 資料更新情報
  • 講習会・セミナー
  • 健診・検診
  • 特定保健指導
  • 産業保健
  • 地域保健
  • 学校保健
最新ニュース
歯周病有病率は30~50歳代で約8割 【歯の健康】の啓発教材121点
2016.03.14




 健診・保健指導に役立つ教材・備品オンラインストア「保健指導マーケット」では、「歯周病」「口腔ケア」の保健指導・健康教育・啓発に役立つ教材・ツールを121点揃えています。
 今回はその中から人気の教材タイトルを紹介します。

 歯周病は歯を支えている歯肉や歯槽など歯の周りの部分に起きる病気です。

 歯を支えている組織に炎症が起き、長期間続くと歯周組織が少しずつ傷められ、歯を支える力が徐々に衰えていき、歯がぐらついてきます。歯周病が進むと、口臭が気になったり、歯茎が腫れることもありますが、多くの場合、歯がぐらつくまであまり自覚症状はありません。

 歯周病の原因は、口の中に住み着いている細菌です。歯周病治療の基本は、その細菌の数を少なくすることです。特に難しいことではなく、歯をしっかり磨くことが大切です。

「お口のケアできてますか?」(指導箋)
「3歳からの歯の健康づくり」(指導箋)
「歯周病(歯槽膿漏)は、こわい病気です」(ポスター)
「歯周病の原因」(ポスター)
「磨きにくい所を上手に磨く」(ポスター)
「痛くなる前の定期検診」(ポスター)
「歯ブラシの選び方と持ち方」(ポスター)
「むし歯になりやすいところ」(ポスター)
  ほか

「歯周病」の関連教材一覧へ
「口腔ケア」の関連教材一覧へ

 「保健指導マーケット」は、一般社団法人日本家族計画協会(JFPA)が、制作・販売する保健指導用・健康事業用の教材を2,800点以上を収載しています。糖尿病や高血圧などの生活習慣病や、メンタルヘルス、食事・運動指導などのキーワード検索、配布・掲示など使用したい用途に合わせたカテゴリー検索などで、目的にあった教材を探すことができます。
保健指導マーケット

(soshin)
©2017 日本医療・健康情報研究所. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

点線
▶ 過去の記事
 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 |
■ 最新ニュース一覧
▶ 過去の記事
 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 |