ニュース

アルツハイマー病を社会的な交流で防ぐ 「脳年齢」を若く保つ秘訣

 他者との知的な共同作業など、脳に負荷のかかる仕事に就いている人は、年齢が高くなっても脳の認知能力が衰えず、認知症の発症が少ないことが判明した。
人との交流が必要な仕事が認知能力の衰えを防ぐ
 社交性や協調性の求められる知的な仕事は、認知能力の衰えを防ぎ、認知症の予防に役立つ可能性があることが確かめられた。軽い脳梗塞がある場合でも、それを補う効果を期待できるという。

 仕事での交渉や、教育や指導といった要素の多い仕事に就いている人は、脳を活発に使っている傾向がある。「他人と対話しながら行う社会的な相互作用を必要とする仕事は、脳にリアルタイムに刺激を与え、脳の力を大きく引き出すきっかけとなります」と、米国のウィスコンシン大学アルツハイマー病研究センターのエリザベス ブート氏は言う。

 ブート氏らは、両親のいずれかがアルツハイマー病で、遺伝因子が強いとみられる平均年齢60歳の健常者284人を対象に脳MRI検査を実施し、局所的虚血による神経学的機能障害を調べた。同時に、参加者に認知機能を調べるテストを受けてもらい、記憶力や問題解決能力を調べた。

 その結果、人との交流が多い知的な仕事をしている人の方が、脳血管障害のマーカーとなる白質異常がみられた場合でも、認知能力の衰えは少ないことが判明した。
他者との交わりを含む複雑な仕事は人生経験を豊かにする
 アルツハイマー病の発症リスクは加齢に伴い上昇するが、軽い脳梗塞などの血管障害が起きていても、脳にはそれを補う「弾力性」が備わっており、精神的な活動の多い生活スタイルにより「認知的な予備力」を獲得できるという。

 「メンタル面が活発な生活スタイルをもつ人は、脳の異常な変化が健康にもたらす悪影響を抑えられている可能性があります。脳は筋肉と同じように、使うほど発達し、発達するほど血管の損傷にも耐えられるようになります」と、ブート氏は説明する。

 他者との交わりを含む複雑な仕事は人生経験を豊かにする。アルツハイマー病の病理学でも脳が衰えるのを防ぐ役割がある。ただし、脳にとって何が良い刺激になるかは、人それぞれだ。学習が常に型にはまった堅苦しいものである必要はない。家で読書するだけでも、脳にとっては十分な刺激となることもありうる。

 脳を良く使う生活を心がければ、結果的に認知症の予防効果を得られやすい。メンタル面で刺激のない仕事に就いている人でも、人との交流を求めてコミュニティーに参加すれば、多くのことが得られる。

 孤立しがちな人は、どんなものでも良いので、職場や地域社会などで他者と交流する機会をもつべきだ。それが一時的なものであっても、脳にとっては好ましい刺激となる。

 認知症の発症には食事などの生活スタイルが大きく関わっている。例えば、精製された小麦粉を使ったパンや菓子類、高カロリーの清涼飲料など、糖質の多い食品を多く摂っている人は認知症の発症リスクが上昇することが、過去の研究で確かめられている。

 社会的な交流の頻度の高い、メンタル面での刺激の多い生活をしている人は、不健康な生活の悪影響を取り除ける可能性もあるという。

 「他者との複雑な共同作業を含む刺激的な生活スタイルは、適度なストレスを伴っており、体に好ましい変化をもたらします。積極的に社会交流することで、認知能力の衰えを抑えられる可能性があります」と、国際アルツハイマー病協会のマリア カリリョ氏はアドバイスしている。

Complex Work with People Protects Against Alzheimer's Disease(ウィスコンシン大学 2016年7月25日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2018年10月18日
【参加募集中】第6回(2018年度 第2回)産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「メンタルヘルス」
2018年10月17日
日本肥満学会など23学会が「肥満症」の撲滅目指し「神戸宣言2018」
2018年10月17日
高齢者の体力が向上 女性の運動離れは深刻 【体力・運動能力調査】
2018年10月17日
母乳で育てた女性は脳卒中リスクが低下 8万人を12年以上調査
2018年10月17日
全身持久力を向上させ高血圧を予防 「身体活動基準2013」で検討
2018年10月17日
魚を食べると大動脈疾患リスクが低下 食べない人では死亡リスクが2倍に
2018年10月15日
パートナー企業とヘルスケア分野でオープンプラットフォーム構築―タニタヘルスリンク
2018年10月10日
「歩幅プラス10cmウォーキング」でロコモ・サルコペニアを防ぐ
2018年10月10日
たった一晩の「不眠」でメタボや糖尿病に 睡眠を改善するための7ヵ条
2018年10月10日
「子宮頸がんワクチン」の効果は高い HPVウイルス感染を90%以上予防

最新ニュース

2018年10月18日
【参加募集中】第6回(2018年度 第2回)産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「メンタルヘルス」
2018年10月18日
帝京大学産業保健プログラム 受講生募集
2018年10月18日
【健やか21】平成30年度「麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会」(参加申し込み受付中)
2018年10月17日
日本肥満学会など23学会が「肥満症」の撲滅目指し「神戸宣言2018」
2018年10月17日
高齢者の体力が向上 女性の運動離れは深刻 【体力・運動能力調査】
2018年10月17日
母乳で育てた女性は脳卒中リスクが低下 8万人を12年以上調査
2018年10月17日
全身持久力を向上させ高血圧を予防 「身体活動基準2013」で検討
2018年10月17日
魚を食べると大動脈疾患リスクが低下 食べない人では死亡リスクが2倍に
2018年10月15日
パートナー企業とヘルスケア分野でオープンプラットフォーム構築―タニタヘルスリンク
2018年10月15日
厚労省専門委が5歳児虐待死亡事件の検証結果を公表
2018年10月12日
【健やか21】第 77 回日本公衆衛生学会総会 自由集会 ~知ろう・語ろう・取り組もう~
2018年10月10日
「歩幅プラス10cmウォーキング」でロコモ・サルコペニアを防ぐ
2018年10月10日
たった一晩の「不眠」でメタボや糖尿病に 睡眠を改善するための7ヵ条
2018年10月10日
「子宮頸がんワクチン」の効果は高い HPVウイルス感染を90%以上予防
2018年10月05日
乳がん検診に「人工知能(AI)」を導入 マンモグラフィの欠点を克服
2018年10月05日
肺の健康を守るには口の健康から 歯周病が進行すると呼吸機能が急速低下
2018年10月05日
「改正健康増進法成立! 受動喫煙対策を強化」へるすあっぷ21 10月号
2018年10月05日
厚労省が「働く女性の実情」を公表~女性活躍推進法に基づく取組状況を解説
2018年10月05日
「健康なまち・職場づくり宣言2020」2018年の達成状況を報告~日本健康会議
2018年10月04日
【講演会レポート】「10月8日は、糖をはかる日」講演会 「"これからの"血糖コントロール」
2018年10月04日
【回答期限延長(10/30 15:00まで)】「保健師の活動基盤に関する基礎調査」(日本看護協会)
2018年10月04日
【健やか21】若い世代に向けた妊娠・出産に関する普及啓発Webサイト(東京都)
2018年10月03日
【産保PC第5回(2018年度 第1回)レポート】テーマ:保健指導
2018年10月02日
心不全が急激に増えている 「心不全パンデミック」時代の3つの予防法
2018年10月02日
「なぜ運動が良いのか」メカニズムを解明 筋肉ホルモンが心臓を保護
2018年10月02日
魚のオメガ3系脂肪酸が「不安症状」を軽減 魚を食事療法に活用
2018年10月02日
10月は「乳がん啓発月間」 定期的なマンモグラフィ検診は効果的
2018年10月01日
保健指導リソースガイド「よろず相談センター」が誕生
2018年09月28日
働き盛りの睡眠不足が問題に~睡眠障害への早期対応も必要
2018年09月28日
スマートフォンアプリ「ぜんそくリスク予報」をリリース~JMDCと日本気象協会
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,558 人(2018年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶