ニュース

「日本食」で疲労回復 「疲れがとれやすい食事」は簡単に作れる

 大阪市立大学などの研究チームは、「日本食がなぜ健康に良いのか」を科学的に解明し、「日本食によるストレス・脳機能改善効果」を明らかにする研究を行っている。このほど、日本食の「抗疲労効果」を実証することに成功した。
日本食は「疲れがとれやすく」「疲れにくい」食事
 日本食は「疲れがとれやすく」かつ「疲れにくい」健康的な食事だ――。「抗疲労食」を研究してきた大阪市立大学健康科学イノベーションセンターの渡邊恭良センター所長らの研究チームが、日本食には疲労感の軽減や、自律神経機能の改善などの抗疲労機能があることを突き止めた。

 日常生活でストレスにさらされて疲弊すると、病気になったり、病気の手前の状態(未病)になることが多い。医院やクリニックを訪れる患者のもっとも多い訴えは「痛み」で、その次が「疲労・倦怠」だという。国民の40%近くが半年以上続く疲労で苦しんでいるという調査結果があるが、疲労に関する研究は少ない。

 「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録され、農林水産省は2014年度に、医学・栄養学分野などの他分野の研究者が参加する研究戦略「医学・栄養学との連携による日本食の評価」を立ち上げた。

 日本食が健康的であることはよく知られているが、米国で開発された高血圧を改善するための食事法である「DASH食」や、地中海沿岸を中心とする「地中海食」に比べ、日本食の疫学的・臨床介入研究によるエビデンスは少ない。

 そこで、研究チームは、日本食の抗疲労効果を明らかにし、疲労を軽減する効果のある日本食メニューを考案する研究を開始した。
「疲労」は食事で改善できる 日本食の効果を評価
 大阪市立大学などは、日本食の健康への効果を評価する試みとして、「日本食によるストレス・脳機能改善効果の解明」を目的とする研究を進めている。その一環として、同大学健康科学イノベーションセンターを研究拠点に、抗疲労素材を多く使った日本食を開発した。

 研究チームは、「疲労」は細胞の部品が錆び付いたり壊れたりするもので、これを防いだり、錆び付いた部品を修復・交換する措置が、疲労回復のために必要であると考えた。

 炭水化物や脂質、タンパク質などに含めて、ビタミンやミネラルなど栄養素を摂取することで、細胞の中で壊れた部品を修復・修理することができ、エネルギーを効率よく使えるようになるという。

 このほど実証研究を行い、日本食に抗疲労の効果のある食物や栄養素を加えることで、「疲れがとれやすく」かつ「疲れにくい」レシピを作ることができることを研究で明らかにした。
日本食の抗疲労効果を検証 1,000人対象の実証実験
 研究では、開発した抗疲労食と比較するため、20~60代の各年代男女100人ずつ約1,000人の食事に関するアンケート調査結果をもとに、一般的な食事「コントロール食」と抗疲労食を比較。

 抗疲労食を夕食として3週間摂取し、2週間の間を開けてからコントロール食を3週間摂取したグループと、順番を入れ替えて先にコントロール食を3週間摂取し、後で抗疲労食を3週間摂取したグループとで抗疲労効果を調査した。

 検査内容は、認知機能検査、心電図と脈波の同時計測による自律神経機能検査、酸化ストレスや炎症マーカーなどの血液検査、睡眠の質・量および日中行動量判定のための活動量検査、疲労・ストレス・認知機能関連質問票検査などだった。

 その結果、抗疲労日本食を摂取することで、疲労感を軽減する効果が得られ、安静時の自律神経機能の改善効果や、血液中成分の改善効果も得られることを明らかにした。

 「身近な日本食を工夫し食生活を改善することで、抗疲労の効果を得られることが明らかになった。疲労倦怠感や疲労を軽減し、慢性疲労状態を防げれば、日々の仕事や学業の作業能率の改善につながる」と、渡邊所長は述べている。
疲労回復に効く82品のメニューを紹介するレシピ本
 今後は、最先端の抗疲労研究成果に裏打ちされた「健康に資する日本食」を国内外に広くアピールするため、理化学研究所が中核機関となる「健康"生き活き"羅針盤リサーチコンプレックス」が、日本食を応用した宅配食材や冷凍食品の開発などの研究を進めるという。

 日本食を基本とする抗疲労食を科学的に解明し、事業化することを目指している。2011年にはレシピ本「抗疲労食」を発行した。

 研究チームは、疲労を軽減する効果のある日本食メニュー82品を新たに考案し、レシピ本『JAPANESE FOOD おいしく食べて疲れをとる~「ああ疲れた」にこの1冊~』にまとめた。レシピ本は2016年9月初旬に、丸善出版より発刊される予定。

 抗疲労の日本食のメニューは、大阪北新地の割烹料理店「粋餐すいさん 石和川いわかわ」と共同開発。実証実験では、食事作りと宅配を、ひまわりメニューサービスが担当した。
疲れがとれやすい栄養素は20種類
 過去の研究で、「イミダゾールジペプチド」や「ビタミンB1」「コエンザイムQ10」「クエン酸」など20種類の栄養素に抗疲労効果があることを確認しており、それらを多く含む大豆やカツオなどの食材120種類を使って、簡単でおいしく作れるメニューを考えた。

 主なメニューのうち、「鯖胡麻衣焼き」は、鯖に含まれるDHA・EPAが脳の活性化を促すほか、タウリンが自律神経の調節を促すという。胡麻には、睡眠効果のある神経伝達物質をつくるトリプトファンが多く含まれ、心身のバランスへの相乗効果が期待できる。

 「ひじきと海老のサラダ」は、ひじきに豊富に含まれる鉄分や、ビタミンB1やトリプトファンに抗疲労作用があるという。魚介類では、桜海老、うなぎ、かつお節などにも、これらの成分は多く含まれている。
大阪市立大学健康科学イノベーションセンター
日本食によるストレス・脳機能改善効果の解明 世界の健康に貢献する日本食の科学的・多面的検証
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2017年06月21日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE)、東京CDS 講習会の日程を発表
2017年06月21日
日本の介護の現状をレポート 「介護社会」の本格的な到来に備える
2017年06月21日
世界の3人に1人が肥満か過体重 世界規模で保健指導が必要
2017年06月21日
ブロッコリーで糖尿病を改善? 「スルフォラファン」が血糖値を下げる
2017年06月21日
糖尿病+高血圧 どうすれば治療を両立できる? 高血圧の治療が進歩
2017年06月21日
「健康長寿新ガイドライン」を策定 東京都健康長寿医療センター
2017年06月20日
「血糖トレンドを知るには。」を公開 血糖トレンドの情報ファイル
2017年06月19日
広がる電子母子手帳~健康情報を管理するアプリとも連携(神奈川県)
2017年06月15日
乳がん検診は今後はどう変わる? 「高濃度乳房」の実態調査を開始
2017年06月15日
食育推進計画を策定した市町村は78%に上昇 「平成28年度食育白書」

最新ニュース

2017年06月27日
【新連載】日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐
2017年06月26日
3つのアプリを開発「考えよう!いじめ・SNS@Tokyo」
2017年06月26日
子どもの健康の地域間格差が拡大している可能性を発表
2017年06月22日
【健やか21】子どもの健康の地域間格差が拡大している可能性
2017年06月21日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE)、東京CDS 講習会の日程を発表
2017年06月21日
日本の介護の現状をレポート 「介護社会」の本格的な到来に備える
2017年06月21日
世界の3人に1人が肥満か過体重 世界規模で保健指導が必要
2017年06月21日
ブロッコリーで糖尿病を改善? 「スルフォラファン」が血糖値を下げる
2017年06月21日
糖尿病+高血圧 どうすれば治療を両立できる? 高血圧の治療が進歩
2017年06月21日
「健康長寿新ガイドライン」を策定 東京都健康長寿医療センター
2017年06月20日
「血糖トレンドを知るには。」を公開 血糖トレンドの情報ファイル
2017年06月19日
広がる電子母子手帳~健康情報を管理するアプリとも連携(神奈川県)
2017年06月16日
【健やか21】子ども外傷患者初期対応アセスメントシート 活用マニュアル
2017年06月15日
乳がん検診は今後はどう変わる? 「高濃度乳房」の実態調査を開始
2017年06月15日
食育推進計画を策定した市町村は78%に上昇 「平成28年度食育白書」
2017年06月15日
日本初の「心房細動リスクスコア」を開発 検診項目からリスクが分かる
2017年06月15日
赤ワインのポリフェノールで血管が柔らかく 糖尿病の動脈硬化も改善
2017年06月15日
内臓脂肪が増えるとがんリスクが上昇 腹囲の増加は「危険信号」
2017年06月15日
HbA1cを測定できる「ゆびさきセルフ測定室」 全国に1,500ヵ所以上
2017年06月08日
【健やか21】子ども・若者育成支援「専門分野横断的研修」研修生募集
2017年06月07日
若い世代の産業保健師を育成するプロジェクトがスタート
2017年06月07日
産業保健プロフェッショナルカンファレンス サイトを公開
2017年06月07日
糖尿病医療に貢献するビジネスプランを募集するコンテストを開始
2017年06月07日
健康に生きるための5つの「ライフ スキル」 人生で勝つために学びが必要
2017年06月07日
睡眠を改善するための10ヵ条 睡眠不足とメタボが重なると危険
2017年06月07日
「自分で測り健康データを収集」 5000人規模のコホート研究 東北大学
2017年06月07日
高尿酸血症が腎臓の機能障害の原因に 少しの異常でも腎臓に悪影響
2017年06月06日
「8020」を2人に1人以上が達成し過去最高に~平成28年歯科疾患実態調査
2017年06月06日
初の出生数100万人割れで過去最少 厚労省・人口動態統計月報年計
2017年06月02日
厚生労働省が平成28年の職場における熱中症死傷者発生状況を取りまとめ

おすすめニュース

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,135 人(2017年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶