ニュース

【書籍プレゼント】再建は選べる時代に「もっと願いをかなえる乳房再建」

 乳がんの手術を受けて、乳房を失っても、再び取り戻すことができる「乳房再建」について解説した「もっと願いをかなえる乳房再建」を抽選で20名の方にプレゼントいたします。応募締切は10月30日(日)まで。

「いつ」「どこで」「どの方法で」再建するのか]

 乳がん手術や事故などが原因で失われたり変形したりした乳房を、形成外科の技術によって元のように再現するのが「乳房再建」です。

 乳がん治療の先進国であるアメリカでは、ずいぶん前から「乳がん治療は、再建されて初めて終わる」という考えが定着していますが、日本においては、2006年に自家組織(皮弁法)による再建が、2013年にはシリコンインプラントを使用した再建が健康保険の適用となって以来、乳がん治療の延長線上に乳房再建という道があることは知られるようになりましたが、その内容については、まだ多くの人に知られていないのが現状です。

 「いつ」「どこで」「どの方法で」再建するのか。現在、乳房再建には様々な選択肢があります。それぞれの家庭や仕事の状況などそれぞれの事情に合わせて、ある程度選べる時代になってきたのです。この本では、そうした乳房再建の最新治療をわかりやすく解説してくれています。

最新の再生医療技術を用いた「CAL」による再建

 著者の辻直子先生は、2011年より、主にCAL組織増大術による乳房再建を行う神奈川県横浜市の「セルポートクリニック横浜」の院長を務められています。

 「乳がん治療と乳房再建の情報ファイル」 のオピニオンコーナーで連載をしていただきました。 ≫オピニオン 「働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま-」

 現在、皮弁法と乳房インプラント法が乳房再建手術の代表的な方法ですが、3つ目の再建法として、非常に注目をされているのが、CALです。再生医療の研究から生まれたもので、自分自身の皮下脂肪に含まれる「幹細胞」を抽出し患部に生きて定着(生着)しやすい脂肪成分にした状態で注入する方法です。従来の脂肪注入は、生着率が低く、合併症が起こりやすいなどのトラブルが多くありましたが、CALは安全性が1000名程度の臨床治療で認められています。

 まず本書では「乳がんとはどういう病気なのか」「診断においてどういう検査が行われるのか」「どういう治療法があるのか」という乳がんの基礎知識が丁寧に書かれています。その後、乳がん治療の流れとともに様々な乳房再建の方法が紹介されているので、これから乳がん治療を始めようという方にも、先のことがイメージしやすいのではないでしょうか。

 また著者はCAL組織増大術のエキスパートですが、自家組織再建や乳房インプラント再建の経験や知識にも造詣が深く、それらの治療法のプラス面、マイナス面についても詳しく解説されています。

 乳房再建を考えている方はもちろんですが、乳がんと告知されて漠然とした不安を抱えて苦しんでいる方にも、ぜひ手にとってほしい一冊です。

 みなさまに乳房再建について知っていただきたく思い、このたび、20名様に「もっと願いをかなえる乳房再建」を抽選でプレゼント致します!

応募方法(メール)
(1)~(5)を本文に明記の上、contact@nyugan-file.jp 宛にお送りください。
(*は必須です)

(1) お名前*
(2) 年齢*
(3) 職種*
(4) メールアドレス*
(5) 「乳房再建」についてのご意見、ご感想

※応募締切は2016年10月30日(日)まで。

当選発表は書籍の発送をもってかえさせていただきます。
※当選者のみ、メールをお送りいたします。当選された方は、個人情報をご記入の上ご返信ください。

みなさまのご応募お待ちしております。

[soshinsha]

「がん」に関するニュース

2017年10月04日
10月は「乳がん啓発月間」 定期的なマンモグラフィ検診は効果的
2017年09月27日
日本の糖尿病有病者は1000万人超 予備群は減少 国民健康・栄養調査
2017年09月27日
AI(人工知能)が自治体の保健指導を提案 医療費減へ 筑波大など共同開発
2017年09月14日
「職域におけるがん検診に対するガイドライン」 精度管理が課題
2017年09月07日
がん経験者の年収は20%減少 医療費と生活費が心配 サポートが必要
2017年08月31日
福岡市の「健康先進都市戦略」 人生100年を見据えた新戦略「福岡100」
2017年08月22日
認知症の3分の1は予防できる 予防するための4つの生活スタイル
2017年08月21日
【健康啓発4コマ漫画】サンプル公開中「クーラー病」「痛風リスク」
2017年08月21日
9月は健康増進普及月間 ~生活習慣改善を啓発
2017年08月09日
がん患者の家族が経験する葛藤の実態 がん患者支援に向けた調査結果

最新ニュース

2017年10月17日
【生活習慣病予防月間2018】インスタグラムキャンペーン 「少食ごはん」 募集中!
2017年10月16日
【HAMIQ】医療機関・介護機関の皆様へ~会員募集中~
2017年10月13日
【連載更新】高齢者の外出、移動の問題を考える No.3
2017年10月12日
30代後半女性の体力が最低に 高齢者は過去最高 体力・運動能力調査
2017年10月12日
「薬剤耐性」(AMR)問題を知ろう AMR対策アクションプランで啓発を開始
2017年10月12日
【健やか21】孫育てのススメ(祖父母手帳)の発行(鳥取県)
2017年10月12日
禁煙治療のアプリを開発 空白期間をフォロー 日本初の治験を開始
2017年10月12日
妊娠中うつ症状の発症に食事パターンが影響 「日本型」では発症が少ない
2017年10月11日
厚労省が過労死等防止対策白書を公表~現状や調査研究結果を報告
2017年10月06日
「血糖値スパイク」を食事と運動で改善 「糖をはかる日」講演会(1)
2017年10月06日
「血糖値スパイク」を薬物療法で改善 「糖をはかる日」講演会(2)
2017年10月06日
【健やか21】0歳児身長が伸びやすい季節は夏(育児ビッグデータ解析より)
2017年10月05日
【連載更新】心とからだにかかわる専門職の人材育成/スーパー売り場での気づきから開業保健師へ
2017年10月04日
10月は「乳がん啓発月間」 定期的なマンモグラフィ検診は効果的
2017年10月03日
妻が肥満だと夫は糖尿病になりやすい 家族対象の保健指導が効果的
2017年10月03日
「低カロリー食」で老化を防げて寿命も延びる 腹八分目で若返ろう
2017年10月03日
うつ病のリスクは魚を食べると減少 「n-3系脂肪酸」の予防効果
2017年10月03日
医療費抑制 27%が「患者の負担増」に理解 65歳以上でも3割 健保連調査
2017年10月03日
スニーカー通勤でウォーキング スポーツ庁「FUN+WALK PROJECT」
2017年10月03日
「AMR対策いきまぁーす!」―厚労省がガンダムとコラボし啓発活動を実施
2017年10月02日
【患者さん向け】「糖をはかる日」クッキングセミナー2017 参加者募集開始!!
2017年10月02日
【専門職向け】プルーン健康啓発サンプル・資料の受付開始しました
2017年10月01日
「第3期特定健診・特定保健指導」へるすあっぷ21 10月号
2017年09月29日
【健やか21】思春期アンケート「子どもが死にたいと思う時」
2017年09月28日
今年は食後高血糖(血糖値スパイク)「糖をはかる日」講演会開催間近!!
2017年09月27日
「介護離職」は他人事ではない 「介護と仕事」で悩む人の不安を解消
2017年09月27日
日本の糖尿病有病者は1000万人超 予備群は減少 国民健康・栄養調査
2017年09月27日
AI(人工知能)が自治体の保健指導を提案 医療費減へ 筑波大など共同開発
2017年09月27日
「食欲を抑えられない」のはなぜ? 食欲ホルモン「レプチン」のメカニズム
2017年09月26日
糖尿病合併症のバイオマーカー:GAの臨床的意義
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,501 人(2017年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶