• トップページ
  • ニュース
  • 資料更新情報
  • 講習会・セミナー
  • 健診・検診
  • 特定保健指導
  • 産業保健
  • 地域保健
  • 学校保健
最新ニュース
港区、都内初となるがん患者の外見ケアに関する助成制度をスタート
2017.03.21

 東京都港区、がん患者対象としたウィッグや胸部補整具の助成制度がスタート 都内初の外見ケア制度

 2017年4月1日より、東京都港区が抗がん剤治療にともなう脱毛をカバーするためのウィッグ(かつら)や、乳房切除術による胸の変形をカバーする胸部補整具の購入経費の一部を助成する制度を始めます。

 対象者は、港区在住でがん治療中の人です。胸部補整具とは、具体的にはノンワイヤーブラジャーや補整下着、シリコンパッドや人工ニップルなどで、外見をカバーする目的に合致しているものが対象です。ウィッグも、医療用に限らず、アピアランス(外見)ケアの目的を果たしていればどのようなものでも対象となります。

 都内でアピアランスケアに関する助成を行なっている自治体は他にはなく、関東では神奈川県大和市が2015年の4月から、神奈川県横浜市、栃木県栃木市が2016年4月から、ウィッグに関しての購入経費の一部助成を行っています。胸部補整具についての助成は関東では初めてで、秋田県能代市と鳥取県が2016年4月からウィッグとともに助成制度の対象としています。

乳がん患者さんから専門家まで 国内外の最新情報が集まる情報ファイル
 日本人女性のがん罹患率トップは乳がんだ。その罹患率は20%超を占め、女性がもっとも注意しなくてはいけないがんになっている。女性が生涯で乳がんに罹患する確率は12人に1人とされる。

 乳がんになったとき、治療や乳房再建に対する正しい情報は、患者の治療へ臨む勇気やQOL向上につながる。

 「乳がん治療と乳房再建の情報ファイル」では、最新の情報を含めて、乳がん治療と乳房再建について詳しく解説している。

関連する法律・制度を確認
>>保健指導アトラス【がん対策基本法】
(soshin)
©2017 日本医療・健康情報研究所. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

点線
▶ 過去の記事
 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 |
■ 最新ニュース一覧
▶ 過去の記事
 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 |