ニュース

多職種連携で効率的・効果的な産業保健活動を~厚労省が「産業保健活動をチームで進めるための実践的事例集」発行~

 厚生労働省はこのほど、「産業保健活動をチームで進めるための実践的事例集~産業保健チームを効果的に活⽤しましょう!~」を公表した。
 事業場の産業保健活動に携わる専門職(産業医、保健師、看護師等)や衛生管理者、人事労務担当者、そして事業所メンバーに向けた本事例集は、労働者50人以上の事業場だけでなく、50人未満の事業場にとっても参考になる情報を掲載。無料でダウンロードができる。
働き方改革法施行に伴う事業所の体制整備の必要性
cover.PNG

 4月1日から順次施行される働き方改革法では、「産業医・産業保健機能の強化」が盛り込まれている。

 その中で長時間労働者等の健康確保対策の強化として「事業者は、産業医等による労働者からの健康相談に応じ、適切に対応するために必要な体制整備等を講ずるように努めなければなりません(厚生労働省「働き方改革関連法に関するハンドブック」)」と明記されているように、事業所での体制整備は喫緊の課題だ。

 そこで厚労省は、「産業保健活動をチームで進めるための実践的事例集」を発行。

 専門的知識を持つ多職種メンバーによる産業保健チームを構築することで、効果的、効率的に労働衛生管理を運用する基本的な考え方を提唱するとともに、産業保健活動に係る専門職や外部機関、産業保健チームによる課題解決事例を紹介している。

産業保健チームの構成から具体的な運用事例まで網羅

 多職種が連携したチームでの産業保健活動の意義を理解したあとは、それを具体的に推進することが重要だ。

 そこで本事例集では、課題に応じた産業保健チームの各メンバーの配置方法や実施フローを丁寧に図解し、実際に産業保健チームを運用して課題解決に結びつく方法を提示している。

 例えば、施行から3年が経過したものの十分にその結果を活かしきれていない事業所が多くあるストレスチェックでは、事例7「ストレスチェックの集団分析結果を職場と共有」で産業保健チームによる課題解決方法を紹介している。

引用元記載01.png 引用元記載02.png

 産業保健チームを導入する前と後でストレスチェックの集団分析結果の職場へのフィードバックがどのように変化するか、さらに、ストレスチェックの実施フローと産業保健チーム各メンバーが「いつ」「どのように」携わるかを明示している。

「産業保健活動をチームで進めるための実践的事例集」のダウンロードはこちら>>>

参考
厚生労働省 職場における労働衛生対策
厚生労働省 ストレスチェック等の職場におけるメンタルヘルス対策・過重労働対策等

[yoshikawa]

「特定保健指導」に関するニュース

2019年12月12日
【セミナーレポート】疾病リスクマーカーとして注目すべき尿酸値に関する新知見
2019年12月12日
厚労省が「高齢者の特性を踏まえた保健事業ガイドライン第2版」を公表
2019年12月11日
抗菌薬・抗生物質が効かない「薬剤耐性菌(AMR)」 年間8,000人超が死亡 対策は進んでいる
2019年12月11日
「ドライアイ」で苦しむ人は働き盛り世代に多い スマホを利用した「クラウド型臨床研究」で明らかに
2019年12月11日
「よく噛んで食事をする」と食後の血糖上昇を抑えられる 「よく噛む」食事法は朝と夜で効果に差が
2019年12月10日
通勤手段で肥満・メタボに対策 徒歩・自転車・公共交通が有利 日本の労働者3万人を5年間調査
2019年12月10日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 入浴中の事故死は冬に集中 血圧変動に注意
2019年12月09日
農林水産省が『みんなの食育白書―平成30年度―』を作成
2019年12月05日
働く世代の仕事と健康管理に変化が起きている 厚労省「成年者縦断調査」「中高年者縦断調査」
2019年12月05日
健診結果から3年以内の糖尿病発症リスクを予測 国際医療研究センター「糖尿病リスク予測ツール」
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 9,696 人(2020年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶