ニュース

トラック運転者の長時間労働を改善、厚労省がポータルサイトを開設

 厚生労働省はこのほど、「トラック運転者の長時間労働改善に向けたポータルサイト」を開設した。
 他業種と比べて長時間労働になりやすいトラック運転者の労働環境を改善するのが目的で、国土交通省が開設している「『ホワイト物流』推進運動ポータルサイト」と連携しながら、荷受企業とトラック運送事業者双方に役立つ情報を提供する。


国民向けと企業向けそれぞれに情報を提供
 貨物を運転するトラック運転者は、荷主や配送先の都合によって長時間の荷待ち時間(貨物の積み込みや荷下ろしの順番を持つ時間)や、手荷役(手作業での貨物の積み込みや荷下ろし)が発生しやすい。

 そのため長時間の労働を強いられやすく、業界の取引慣行などからトラック運送事業者の努力だけでは改善が困難とみられている。

 運転者の長時間労働を改善するためには、荷主企業とトラック運送事業者の双方が協力しあい、取引環境の適正化委に取り組むことが必要として、今回、厚労省が情報提供や意識向上を目的にポータルサイトを立ち上げた。

 ポータルサイトは国民向けと企業向けに分かれてコンテンツを提供。国民向けでは「トラック運転者の仕事を知ってみよう」として、統計や写真から労働状況を紹介している。情報は随時アップされ、今後は動画での紹介なども行う予定だという。

 また宅配便の再配達を減らしたり、引っ越しの依頼は混雑時期を避けて早めに依頼したりするなど、国民一人一人が協力できるポイントもまとめている。

 一方、企業向けでは、荷主と運送事業者それぞれに役立つ情報を「いろいろ宝箱」として紹介。Q&A方式でよくある質問についてまとめているほか、今後は簡単に労働環境について自己診断できるページもオープンさせる。
厚生労働省と国土交通省が連携し、よりホワイトな労働環境へ
 さらに国土交通省でも、国民生活や産業活動に必要な物流機能を安定的に確保するための「ホワイト物流」を推進しており、独自にポータルサイトを立ち上げている。

 「ホワイト物流」推進運動は「トラック輸送の生産性の向上・物流の効率化」、「女性や60代以上の運転者なども働きやすい、より"ホワイト"な労働環境の実現」に取り組むもので、企業に運動への参加表明をうながしている。

 厚生労働省と国土交通省はお互いに連携して、今後も情報提供に努めるほか、随時、全国でセミナーも開催。荷主や運送事業者の担当者に広く参加を呼び掛けている。

[yoshioka]

「産業保健」に関するニュース

2019年12月12日
【セミナーレポート】疾病リスクマーカーとして注目すべき尿酸値に関する新知見
2019年12月12日
厚労省が「高齢者の特性を踏まえた保健事業ガイドライン第2版」を公表
2019年12月11日
抗菌薬・抗生物質が効かない「薬剤耐性菌(AMR)」 年間8,000人超が死亡 対策は進んでいる
2019年12月11日
「ドライアイ」で苦しむ人は働き盛り世代に多い スマホを利用した「クラウド型臨床研究」で明らかに
2019年12月11日
「よく噛んで食事をする」と食後の血糖上昇を抑えられる 「よく噛む」食事法は朝と夜で効果に差が
2019年12月10日
通勤手段で肥満・メタボに対策 徒歩・自転車・公共交通が有利 日本の労働者3万人を5年間調査
2019年12月10日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 入浴中の事故死は冬に集中 血圧変動に注意
2019年12月05日
働く世代の仕事と健康管理に変化が起きている 厚労省「成年者縦断調査」「中高年者縦断調査」
2019年12月05日
健診結果から3年以内の糖尿病発症リスクを予測 国際医療研究センター「糖尿病リスク予測ツール」
2019年12月04日
睡眠不足が肥満やメタボを悪化させる 脂質代謝にも異常が 睡眠を改善する3つの方法
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 9,332 人(2020年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶