ニュース

コンニャクの「セラミド」でアルツハイマー病を予防 原因物質が減少し認知機能が改善

 コンニャクに含まれる「セラミド」と呼ばれる脂質を摂取すると、脳内のアルツハイマー病の原因物質が減少し、認知機能が改善するという研究を、北海道大学が発表した。
 植物セラミドは、アルツハイマー病の原因物質を除去する神経細胞由来の「エクソソーム」の産生を促進するという。
アルツハイマー病の原因はアミロイドßペプチド
 アルツハイマー病は認知症の半数以上を占める神経変性疾患で、決定的な治療法はみつかっていない。認知症患者数は国内で500万人以上とされ、今後さらに増加するのは確実とみられている。

 「アミロイドßペプチド」は、アミロイドß前駆体タンパク質から切断されて産生される約40アミノ酸からなる生理的ペプチド。アルツハイマー病の発症原因のひとつは、アミロイドβペプチドが脳内に過剰に蓄積することだと考えられている。

 また最近の研究では、アミロイドβペプチドの蓄積はアルツハイマー病の発症の15年以上前から始まることが明らかになっている。その蓄積を抑制することが、アルツハイマー病の予防のための戦略のひとつとなっている。
アミロイドβペプチドの蓄積を抑制
 北海道大学の研究グループはこれまでに、アミロイドβペプチドが「エクソソーム」と呼ばれる細胞外小胞と結合することによって分解除去されることを明らかにしてきた。

 エクソソームは、さまざまな細胞から分泌される細胞外小胞。その大きさは、直径50~150ナノメートル程度(1ナノメートルは1メートルの10億分の1)。

 エクソソームは特定の分子を包含し、細胞間で受け渡すキャリアーの役割を担う。神経細胞由来のエクソソームは、表面膜の糖脂質でアミロイドβペプチドを捕捉し、グリア細胞に運搬することでその分解を促進させる。

 エクソソームの分泌を促進すれば、アルツハイマー病の原因になるアミロイドβペプチドの蓄積を抑制できる可能性がある。
コンニャクのセラミドがエクソソームの分泌を促進
 そこで研究グループは、エクソソームの分泌を促進させる分子の探索を行い、コンニャク芋に含まれる「セラミド」がその分泌を促進する作用をもつことを発見した。

 セラミドは脂質成分の一種で、細胞間にも含まれている。植物性セラミドは、水分子と結合する性質をもち、皮膚バリアの改善作用をもつことから、化粧品や美肌目的のサプリメント、飲料などに機能性食品素材としてよく利用されている。

 コンニャクは植物性セラミドが多く含まれる食品だ。研究チームは、脳内でアミロイドβペプチドが過剰発現するアルツハイマー病のマウスに、コンニャク芋から精製したセラミド(グルコシルセラミド)を1日1ミリグラムずつ、2週間続けて経口投与する実験を行った。
機能性食品や新薬の開発へ
 その結果、マウスの脳内の大脳皮質や海馬領域で、アミロイドβペプチドの濃度が低下することが分かった。また、セラミドを投与したマウスでは、炎症やシナプス障害の軽減も観察され、認知行動試験では短期記憶の回復もみられた。

 研究グループは「認知症予防を目的とした機能性食品や新薬の開発につながる可能性がある」と期待している。研究成果は英科学誌「サイエンティフィック リポーツ」に掲載された。

 研究は、北海道大学大学院先端生命科学研究院産業創出部門の五十嵐靖之招聘客員教授、湯山耕平特任准教授らの研究グループによるもの。
北海道大学大学院先端生命科学研究院
Plant sphingolipids promote extracellular vesicle release and alleviate amyloid-β pathologies in a mouse model of Alzheimer's disease(Scientific Reports 2019年11月15日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2020年02月05日
ウォーキングなど運動習慣のある人はがんのリスクが低い 大腸がんは14%低下 乳がんは10%低下
2020年02月05日
納豆を食べると心筋梗塞などのリスクが低下 「発酵性大豆食品」が死亡リスクを下げる
2020年02月05日
日本初の高血圧治療アプリの治験を開始 「高血圧を自分で治す」が目標 食事や運動などの行動改善を促す
2020年02月05日
「東京栄養サミット2020」を12月に開催 栄養改善に向けて国際連携を深める 「栄養不良の二重負荷」も課題に
2020年02月04日
「健診・予防3分間ラーニングDVD」決算セール実施中♪ ~健診待合室や保健指導の情報提供にも!~
2020年01月31日
【新型コロナウイルス感染症に備えて】 日本感染症学会・日本環境感染学会が「冷静な対応を」と呼びかけ
2020年01月31日
【健やか21】「スマホ時代の子育て~悩める保護者のためのQ&A~(幼児・児童編)」リーフレット
2020年01月30日
厚労省が「日本人の食事摂取基準(2020年版)」を公表 脂質異常症と高齢者のフレイルに対策 よりきめ細かな食事指導が必要に
2020年01月30日
玄米や麦ごはんなど「全粒穀物」が肥満・糖尿病を改善 睡眠やうつ病を改善する効果も
2020年01月29日
1日にたった10分の運動でも認知能力の向上につながる 運動をしない習慣がもっとも危険
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,160 人(2020年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶