ニュース

学校の衛生管理マニュアルを作成、具体的に詳細な対応策を解説(文部科学省)

 文部科学省はこのほど、『学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル~「学校の新しい生活様式」~』をまとめ、公表した。
 文科省ではこれまでにも学校再開や休校中の学校運営についてガイドラインなどを公開してきたが、全国で学校再開が本格化する今、児童生徒と教職員の感染リスクを可能な限り低減することを目的に、学校の衛生管理の観点から新たにマニュアルを作成。また、6月16日にVer.2が公開された。
各地域の感染レベルによって行動基準が変わる

 本マニュアルでは、学校における新型コロナウイルス感染症対策の考え方や、基本的な対策方法について解説。学校においても、"三つの密"の回避やマスク着用、手洗いなどの手指衛生といった感染対策を継続し、「新しい生活様式」を導入することが必要だと解説している。

 一方、学校教育活動の実施可否や在り方は、児童生徒や教職員の生活圏におけるまん延状況により判断することが重要だとして、地域ごとにきめ細やかな対応を求めた。そのうえで「新しい生活様式」を踏まえた学校の行動基準を、地域の感染レベルを1から3に分けて提示。

 例えば、接触・密集・近距離での活動・向かい合っての発声となる教科活動は、地域の感染レベルに応じて実施の検討をすべき、として、室内・近距離での合唱や長時間の対面によるグループワークなど、感染リスクの高い学習活動の具体例や、実施する場合の留意点を細かく示している。

 同様に部活動や給食、学校図書館の利用、清掃活動、休み時間、登下校、健康診断など、場面ごとに必要な指導や工夫について詳細を示した。

 ほかにも重症化のリスクの高い児童生徒らに留意すべき点や、感染が広がった場合の対応方法についても解説。学校内で体調不良者が発生した場合や、感染者の発生による臨時休業の判断など、考え得るさまざまなケースについて具体例や行動・判断の指針などを示した。

 別途、幼稚園においては幼児特有の事情を考慮し、別途、留意すべき事項についても述べている。

 同マニュアルは5月時点での最新の知見に基づいて作成されたもので、6月16日にVer.2にバージョンアップされた。今後、新たな情報や知見が得られた場合には随時、見直しを行っていく方針。

[yoshioka]

「健診・検診」に関するニュース

2020年06月25日
食育推進基本計画の目標は多くが未達成―「令和元年度食育白書」を公表
2020年06月25日
学校の衛生管理マニュアルを作成、具体的に詳細な対応策を解説(文部科学省)
2020年06月24日
外食が肥満や糖尿病の原因? ファストフードにカロリーを表示すれば医療費を減らせる
2020年06月24日
骨折は運動や食事で防げる 肥満・メタボが骨折リスクを高める 納豆が効果的という研究も
2020年06月24日
【新型コロナウイルス感染症】テレワークを3割以上が経験 64%が「生活を重視するように変化した」 内閣府調査
2020年06月24日
【新型コロナウイルス感染症】迅速診断法の開発に向け産官学が連携 唾液から25分で判定でき、機器も不要
2020年06月19日
【健やか21】「保育園等における窒息や誤飲に関する事故防止対策の重要性」 レポートを公開
2020年06月17日
「コロナで運動不足に」 運動を楽しく長続きさせる秘訣 健康運動は自分を守るために必要
2020年06月17日
【新型コロナウイルス】第二波はいつ来るのか? いま求められる理解と行動 感染症学会と環境感染学会が提言
2020年06月16日
寝る前のドカ食いはなぜダメ? 肥満や糖尿病のリスクが上昇 夕食は就寝の4時間以上前に
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 9,696 人(2020年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶