ニュース

食育推進基本計画の目標は多くが未達成―「令和元年度食育白書」を公表

 農林水産省はこのほど「令和元年度食育推進施策(令和元年度食育白書)」を公表した。
 今回は「若い世代を中心とした食育の推進」を特集し、食料の生産から消費に至る「食の循環」に若い世代が取り組んでいる事例を紹介している。
 一方、「第3次食育推進基本計画」は2020年度が最終年度にあたるものの目標未達成の項目が多く、課題が残る。
若い世代の朝食欠食割合は25.8%、目標に達せず

 食育基本法に基づく「第3次食育推進基本計画」は2016年から2020年までの5年間を対象として定められた。5つの重点課題があり、このうち「若い世代を中心とした食育の推進」について今回の白書では特集が組まれている。

 第3次食育推進基本計画では若い世代に関連して、①朝食を欠食する割合、②主食・主菜・副菜を組み合わせた食事を1日2回以上ほぼ毎日食べている割合、③地域や家庭で受け継がれてきた伝統的な料理や作法等を継承している割合、④食品の安全性について基礎的な知識を持ち、自ら判断する割合―の4つについて数値目標を設定。白書によると、このうち③と④については数値目標を達成できていた。

 一方、朝食を欠食する(「週に2~3日食べる」と「ほとんど食べない」)若い世代の割合は、2020年度中までに15%以下にすることが目標。しかし、2019年度は25.8%で、特に男性は31.5%が朝食を欠食していた。

 欠食者の意識調査によると、朝食を食べるには「朝早く起きられること」が必要だとする割合が最も高く、女性では朝に食欲がない様子もうかがえた。

 また「主食・主菜・副菜を組み合わせた食事を1日2回以上ほぼ毎日食べている若い世代の割合」は、2020年度までに55%以上とすることを目指しているが、2019年度は37.3%にとどまり、課題が残る。

 同様に意識調査からは、このような食事ができていないのは、時間がない、手間をかけたくない、食費に余裕がないため、などであることが分かった。

企業の食育推進事例もコラムで紹介

 白書ではほかにも、子どもの頃の食生活や今後の食生活に対する調査結果、若い世代が中心となって取り組む食育の事例紹介などを掲載。食品ロス削減や災害時の食などについて、大学生が立案し、取り組みを進めている事例などを取り上げている。

 第2部では第3次食育推進基本計画に掲げた事項の取り組み状況について、全国の事例を具体的に紹介。従業員等の健康に配慮した企業の食育推進事例や食品ロスなど、話題性の高いテーマについてもコラムとして言及している。

 第3部は同計画の目標値と進ちょく状況について掲載しているが、21の目標のうち達成できているものは5目標にとどまり、課題も見られた。例えば「朝食を欠食する子どもの割合」は計画作成時の2015年度で4.4%、目標値が0%であるのに対し、2019年度は4.6%だった。

[yoshioka]

「健診・検診」に関するニュース

2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」
保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
2022年05月23日
【子宮頸がん】HPVワクチンの予防効果は優れている 接種9年後の感染率は0% ワクチンの有効率は100%
2022年04月19日
「サルコペニア肥満」は軽度認知機能障害と認知症のリスクを高める BMIと握力の簡便な検査でリスク予測
2022年04月04日
【新型コロナ】医療従事者・自治体・ニュースからの情報提供は、予防行動を高めるのに貢献している?
2022年02月15日
【特定健診】尿潜血検査を必須にすると、病気の早期発見と医療費削減につながる 費用対効果も優れる
2022年01月13日
大人の風しん抗体検査とワクチン接種を呼びかけ 東京都福祉保健局
2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶