オピニオン/保健指導あれこれ
働く人のがん対策

【体験談】乳がんになった女性たちの道しるべを作りたい-乳がんぶっちゃけ話

一般社団法人KSHS 代表
溝口 綾子
 本連載では、自分自身が、がん患者の“がん友”に助けられ、支えられてきた経験から、乳がんになった女性たちの道しるべを作りたいという思いにより、体験談・考えたこと・アドバイスなど「乳がんぶっちゃけ話」をお届けします。

 「KSHS(キチンと手術・ホンネで再建の会)」での活動も紹介していきますので、ぜひご覧ください。

 ※本連載は、「乳がん治療の情報ファイル」にて2016年~2017に掲載した内容となります。

プロフィール

  • 溝口 綾子
  • 溝口 綾子
    一般社団法人KSHS 代表

    経 歴

    2007年右浸潤性乳管がん、リンパ節転移あり、ステージⅡbの診断。乳がん治療中もフリーランスの歯科衛生士として仕事を続けつつ、治療法・病院などの情報収集を積極的に行い治療から乳房再建まで自分自身が納得いく方法を選択した。その経験・体験から、一般社団法人KSHS(キレイに手術・ホンネで再建)を2009年に立ち上げ、”納得いく治療・再建までの必要性!”を発信している。

    KSHSとは?

    「KSHS(キチンと手術・ホンネで再建の会)」は、乳がんと言われた日から、手術・治療そして 乳房再建に至るまで、女性としての尊厳を失わず、明るく乳がんと向き合っていくために、代表理事 溝口綾子が 2009年、自らの罹患体験を機に立ち上げた乳がん体験者の会です。

    「一般社団法人 KSHS」はこちら

「働く人のがん対策」に関するニュース

2022年11月04日
「よい睡眠が会社を救う!?働く人の睡眠問題 」へるすあっぷ21 11月号
2022年10月24日
「超加工食品」の食べ過ぎで大腸がんリスクが上昇 不健康な食事は肥満・メタボの原因にも
2022年10月20日
改善が見られたものは約5割に 課題は次期プランへー健康日本21(第二次)最終評価報告書
2022年10月20日
がんと仕事に関する意識調査〜診断当初の不安は軽減し仕事の継続へ
2022年10月06日
「職場の健康づくりに健診結果を活かす」へるすあっぷ21 10月号
DASHプログラム

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶