ニュース

ファストフードが小児ぜんそくのリスクを高める?

 ファストフードをよく食べる子供は、果物をよく食べる子どもに比べ、深刻なぜんそくを起こすリスクが高いとする大規模な国際研究の結果が、英医学誌「ソラックス」に発表された。
ファストフードを週3回以上食べると、子供のぜんそくのリスクが上昇
 1991年に立ち上げられた「小児ぜんそくとアレルギーに関する国際調査(ISAAC)」は、世界100ヵ国、約200万人の小児が参加している世界最大規模の共同研究だ。

 今回発表された研究では、6~7歳の子供と13~14歳の子供合わせて約50万人に食習慣について聞くと同時に、前年風邪やインフルエンザにかかっていない時に胸がゼーゼーしたり、鼻が詰まったこと、湿疹が出たことなどがあるかどうかを尋ねた。

 喘息や、鼻炎・結膜炎、湿疹の悪化には食事が重要な役割を果たすことが知られている。研究チームは、食品によってこれらの症状に影響をもたらすものがあるかについて検討した。

 調査では母親の妊娠中の喫煙や、運動不足、肥満指数(BMI)などの影響を取り除き、食習慣だけに焦点を絞って解析した。

 食事については、肉や魚、野菜や果物、豆、シリアル、バターや卵などの他,ファストフードの摂取頻度に関する質問が行われた。

 その結果、ぜんそくの発症に明確に関連があった食品は、ファストフードだけだった。

 ファストフードを週に3回以上食べる子供は、ぜんそくの発症が39%増加しており、6歳から7歳の子供に限定すると27%増加することが示された。またファストフードは湿疹や鼻炎のリスクも高めていた。

 一方で、果物を食べる子供では、ぜんそくは減少していた。果物を週に3サービング以上食べる子供では、ぜんそくが11%減少しており、重度のぜんそくは14%減少していた。

 研究者は、「ファストフードとぜんそくとの関連は、まだ詳しくは分かっていない」としながらも、「ファストフードは脂肪の多い加工肉を使用しているものが多い。ぜんそくなどのアレルギー性疾患の発症と関連があるのではないか」と指摘している。

 飽和脂肪酸を多く含む高カロリーの食品が免疫機能に影響し、アレルゲンに対する体の免疫機構を過敏にしているおそれがあるという。また、果物には抗酸化物質が豊富に含まれており、アレルギー反応を抑えている可能性がある。

 「ただちにファストフードをやめる必要はないにしても、アレルギーをもつ子供は、野菜や果物を豊富に取り入れたバランスの良い食生活を心がけた方がいい」とアドバイスしている。

Fast food diet linked to asthma and eczema severity in kids(小児ぜんそくとアレルギーに関する国際調査)

[Terahata]

「栄養」に関するニュース

2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月22日
1月23日は、健康生活習慣『一無、二少、三多』の日です。 「全国生活習慣病予防月間2021」は2月1日よりスタートします!
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月18日
電解水素水が酸化ストレスと炎症を抑制する可能性 ストレス負荷に対する生体応答を調査
2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ"栄養のすすめ"-ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!-Web配信中!健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2021年01月12日
犬の散歩は糖尿病予防のための「運動」になる? 糖尿病の犬の飼い主は糖尿病リスクが高い
2021年01月12日
エビデンスに基づく保健指導の実現へ 健康診断のデータから生活習慣病の発症因子を推定 医療ビッグデータを解析する人工知能(AI)を開発
2021年01月05日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,568 人(2021年03月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶