ニュース

食育プログラムにガーデニング 子供の食生活が改善

 学校の学習プログラムにガーデニングを取り入れると、子供の食生活が改善することが、オーストラリアの小学校で行われた研究で実証された。

 子供の肥満は米国をはじめ世界的に問題になっている。ファストフードやジャンクフードを多くとる食生活が原因に挙げられることが多い。子供の食事をより健康的に変えていくためにどうすればよいかと、世界中の教育者が頭を悩ましている。

 オーストラリアのメルボルン大学の研究者によると、学校教育にガーデニングを取り入れると、園芸の才能を高めらるだけでなく、子供の食生活が改善し健康的な食品を好むようになるという。

 「小学校の児童が学校でガーデニング・プログラムと料理を学ぶと、食生活が改善し健康的な食品を食べるようになります。子供の食生活にもたらされた変化は短期間で劇的なものでした」と、メルボルン大学の児童健康プログラムの開発を担当しているリサ ギブス氏は話す。

 研究チームは、家庭菜園プログラムとそれに適した校庭をもっている小学校6校と、プログラムを作成していない6校とを比較した。8~12歳の小学校児童764人とその親562人を対象に、2年半の期間にわたりプログラムの影響を評価した。

 プログラムに参加した子供たちは、ガーデニング専門家とともに学校の庭園で週に45分以上を過ごした。栽培したのは、イチゴや桃などの果物、コエンドロやチャイブ、ソラマメ、トウチシャといった野菜やハーブだった。

 子供たちはガーデニングに加え、料理専門家とともに週に90分をキッチンで過ごし、新鮮なハーブや野菜を使った昼食を作る学習にも参加し、調理の準備を行い、自分らの作った料理を同級生といっしょに食べた。

 プログラムで扱われる料理は、パスタやサラダから、カレーや手製のペストリーまで幅広かった。子供たちは食べたことのない新しい食物でも味見をするように勧められたが、プログラムの参加を強制されることはなかった。

 ガーデニングや料理以外の正規の授業でも、理科の授業で植物の識別や成長を記録したり、数学の授業で作物の質量の計測などを行ったほか、国語の宿題として作文を書いた。

 子供とその親の双方にアンケート調査を行った結果、ガーデニング・プログラムに参加した子供たちは、プログラムに参加しなかった子供に比べ、食事に野菜や果物などを積極的に取り入れるようになり、毎日の食卓に上る食品の種類は約2倍になっていた。

 また、家庭でこれまで食べたことのない新しい食品を嫌がらない子供の割合は、研究の開始時には39%だったが、終了時には51%に上昇していた。プログラムに参加しなかった子供では変化はみられなかった。

 プログラムに参加した親にも変化がもたらされ、子供の弁当やおやつや野菜や果物など、健康的な食品を入れる割合が34%上昇していた。

 「学校で行う料理とガーデニング・プログラムが子供の食生活を改善することを示した研究です。子供がガーデニングと料理の生活指導を受けることで、親にとっても食生活を改善する良い機会になるのではないかと期待しています。成人してからの生活習慣にも影響する可能性もあり、今後の研究課題となっています」とギブス氏は述べている。

 一方、ガーデニングを安全に行える教育設備とキッチンを備えた学校は限られており、整備のための財源を確保しなければならないという課題があるいう。また、指導者の確保したり、学習プログラムの成果を定量化する方法も定まっていない。

 「ガーデニングが、テストで高得点をとるなどの学校の正規の学習プログラムを運営する上で、障害になる可能性があるとの指摘もありましたが、実際に行ってみるとそうした影響はみられませんでした」とギブス氏は強調している。

Expanding Children's Food Experiences: The Impact of a School-Based Kitchen Garden Program(Journal of Nutrition Education and Behavior 2013年3月号)

[Terahata]

「学校保健」に関するニュース

2019年11月13日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月13日
11月14日は世界糖尿病デー ウォーキングで世界につながろう 糖尿病の半分以上を予防できる
2019年11月12日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年11月11日
待機児童数過去最少に~厚労省が保育所等関連状況取りまとめを公表
2019年11月08日
【健やか21】11月は児童虐待防止推進月間です
2019年11月06日
【申込開始】あらゆる世代・分野の健康づくりをサポート 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2020年版」 
2019年11月01日
【健やか21】11月は「乳幼児突然死症候群(SIDS)」の対策強化月間です
2019年10月30日
肥満・メタボの増加の原因は小児・若年期にある 子供の食事を改善する施策が必要 ユニセフ「世界子供白書2019」
2019年10月30日
11月14日は「世界糖尿病デー」 糖尿病の半分以上は予防できる 家族で取り組めばもっと良くなる
2019年10月30日
魚を中心とした日本食は健康食 魚が糖尿病や心臓病のリスクを低下 サプリメントの効果については賛否あり
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶