ニュース

糖質50%オフ 1個80kcalの「カロリーコントロールアイス」リニューアル

 江崎グリコは、1個当たりカロリーを80kcalに抑えたアイス「カロリーコントロールアイス」シリーズのカップタイプ3品「バニラ」「ラムレーズン」「バニラ&チョコクランチ」をリニューアル発売した。

 「カロリーコントロールアイス」は、"カロリーが気になるけどおいしいアイスを楽しみたい"というニーズに応える商品。砂糖を一切使わず、低カロリー甘味料を使用してカロリーを抑え、豆腐や食物繊維を配合することでコクやなめらかさを実現した。

 今回リニューアルする3品は、従来商品と同じ1個80kcal。ミルクの風味とコクを出す独自の脂肪酸調合技術と甘味料の配合改良により、アイス本来のおいしさはそのままに、一般的なラクトアイス(普通脂肪タイプ・日本食品標準成分表2010)と比べて、糖質を50%低減することに成功した。

 「バニラ&チョコクランチ」は、砂糖不使用のチョコクッキー入り。「バニラ」には、本格的なバニラの味わいが楽しめるマダガスカル産バニラビーンズ入り。「ラムレーズン」は、オールドジャマイカラムの芳醇な風味を楽しめる。
食物繊維もとれる 管理栄養士共同開発のうれしいスイーツ
 「カロリーコントロールアイス」シリーズは、2003年6月の発売以来、根強い支持のある人気商品だ。江崎グリコが管理栄養士と共同開発した商品で、砂糖を一切使用せず、マルチトール、スクラロースの低カロリー甘味料を使用し、80kcalでも満足感の高い甘さ、コク、なめらかさを実現している。

 原料の乳製品を抑え、豆腐や食物繊維を配合することで、このコクやなめらかさを出しているから、20~60歳代の幅広い年齢層に支持されている。

関連情報
糖尿病患者さんの間食(おやつ)指導の情報ファイル(糖尿病NET)
[soshinsha]

「栄養」に関するニュース

2019年11月20日
牛乳やチーズなど乳製品が認知症を予防 1日1杯の牛乳は脳の健康にも良いことが判明
2019年11月20日
腸内環境を人工知能(AI)で解析 特定保健指導に腸内環境という新たな視点を導入
2019年11月20日
なぜ漢方便秘薬は効くのか 腸の水分分泌メカニズムを解明 便秘以外にも応用
2019年11月13日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月12日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年11月12日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年11月12日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 岡山大が臨床試験で実証
2019年11月06日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年11月06日
腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析
2019年11月06日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶