• トップページ
  • ニュース
  • 資料更新情報
  • 講習会・セミナー
  • 健診・検診
  • 特定保健指導
  • 産業保健
  • 地域保健
  • 学校保健
最新ニュース
コーヒーが糖尿病リスクを低下 コーヒーを飲むと血流が増加
2013.12.05
 コーヒーは不健康な飲料とみられていた時期があるが、現在は2型糖尿病や心臓病、脳卒中の予防効果のある「健康的な飲料」として見直されている。

 そのコーヒーの健康効果がまたひとつ明らかになった。コーヒーを飲むと血管の働きが良くなるということが、11月に開催された米国心臓学会(AHA)主催の「サイエンスセッション 2013」で発表された。
コーヒーを飲むと指先の血流が増加
 琉球大学大学院医学研究科薬理学の筒井正人教授らは、27人の被験者にカフェイン入りのコーヒーを1杯飲んでもらう実験を行った。その結果、カフェイン抜きのコーヒーを摂取した人に比べ、カフェイン入りのコーヒーを飲んだ被験者は指先の血流が30%増加し、血流が良くなったという。

 被験者は22歳~30歳で、ふだんはコーヒーを飲んではいなかった。1杯約140gのレギュラーコーヒーもしくはデカフェのコーヒーを飲んでもらい、摂取後に指の血流をレーザドップラー流速計で測定した。

 レーザードップラー血流計は、近赤外光を照射し、皮膚表面から浅い深さにある毛細血管内血流を測定できる装置だ。

 カフェイン抜きのコーヒーを飲んだ被験者に比べ、カフェイン入りのコーヒーを飲んだ人の方が、わずかに血圧が上昇したが、心拍数に違いはみられなかった。

 顕微鏡を使い指先の血液循環を調べたところ、コーヒーを飲んだ人では血管内皮機能が向上していたという。「コーヒーが心臓血管の健康を高めることを示すヒントになる」と筒井教授は述べている。

コーヒーを飲むと2型糖尿病の発症リスクが低下
 また、国立国際医療研究センター糖尿病研究部の野田光彦部長らが2009年に発表した、40~69歳の日本人約5万6,000人を対象とした「JPHC研究」では、コーヒーを飲む回数が「週3~4杯」の人は、「ほとんど飲まない」人に比べて、2型糖尿病を発症するリスクが、男性で17%、女性で38%低下するという結果が出ている。

 興味深いことに、紅茶やウーロン茶を飲む習慣のある人ではこうした傾向はみられなかったという。「コーヒーには、ストレス緩和以外にも、糖尿病リスクを下げるような独自の効果があると考えられる」と、研究者は述べている。

 2型糖尿病の予防に効果的な飲料としてコーヒーは注目を集め、日本を含む世界各国から「コーヒーに2型糖尿病を予防する効果ある」という報告が発表されている。

 シドニー大学が2009年に発表した、約50万人を対象とした18件の研究を解析した研究によると、1日に3~4杯の紅茶やコーヒーを飲むと、2型糖尿病を発症するリスクが25%低下したという。

コーヒー効果のメカニズムはまだ解明されていない
 コーヒーが2型糖尿病の発症をどのように抑制するのか、あるいは心臓病のリスクの高い人がコーヒーを飲むと予防効果を得られのか、そのメカニズムには不明な点も多い。

 コーヒーを飲んだ直後は血圧や血糖値が上昇するが、日常的に飲み続けると心臓病や脳卒中の死亡リスクが低下することを示した研究は多い。

 コーヒーが糖尿病や心臓病の予防に効果がある理由として、コーヒーに含まれているカフェインやクロロゲン酸が代謝に関わっている可能性が指摘されている。

 カフェインには交感神経を刺激する作用があり、コーヒーを飲むと、飲んだ直後には血圧値や血糖値が上昇する。しかし、コーヒーを日常的に飲み続けると、体脂肪の燃焼が促されると考えれている。

 また、コーヒーに含まれるポリフェノールであるクロロゲン酸には、強い抗酸化作用がある。活性酸素は主に体内で作られる不安定な酸素で、過剰な活性酸素は細胞や遺伝子を傷つけ、血液中では脂質と反応し、動脈硬化や心筋梗塞などを引き起こす。

 クロロゲン酸などのポリフェノールがそれを炎症や酸化ストレスを抑える作用をし、糖尿病や動脈硬化の予防に寄与しているのではないかと考えられている。

Coffee may help perk up your blood vessels(米国心臓学会 2013年11月20日)
Psychological factors, coffee and risk of diabetes mellitus among middle-aged Japanese: a population-based prospective study in the JPHC study cohort(Endocrine Journal 2009年3月7日)
Moderate coffee consumption may reduce risk of type 2 diabetes by 25%(コーヒー科学情報研究所 2013年11月14日)

(Terahata)
©2016 日本医療・健康情報研究所. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

点線
更新情報配信中!

ニュース一覧 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013
 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008
■ 最新ニュース一覧
ニュース一覧 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013
 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008
オピニオン


■地域での看取り 神山 欣子
No.10 親を看取る時のサポート(2016/9/26)



■乳がんとともに生きる人を理解する 青木 美保
No.4 治療前の画像検査とがんの臨床試験
(2016/9/16)



■健康保険組合が挑戦したデータヘルス計画とコラボヘルスの推進 中家 良夫
No.10 日本国は大企業も中小企業も健康経営 ~まったなし!~ の時代に突入
(2016/9/12)



■病気になっても仕事を続けるための支援 荒木 葉子
No.3 診断治療が仕事に及ぼす影響や両立の工夫について(2016/8/9)



■保健師スピリッツと実践活動 小西 恵美子
No.1 保健師スピリッツと実践活動―看護職のバランス感覚を見た(2016/8/1)



■働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま 辻 直子
No.6 最新の乳房再建、脂肪注入と幹細胞
(2016/7/20)



笑いと健康長寿 No.1~3
永井 博弌


より効果的な行動変容の促しを行うために必要なこととは? No.1~3
西内 義雄


振り返ると31年経過していた産業保健・産業看護の研究会 No.1
富山 明子


健康運動看護師とは -看護職だからできる健康運動の実践指導- No.1~4
鶴田 来美


健康管理スタッフに大切なメンタルヘルス支援とは No.1~3
丸山 総一郎


生活習慣改善のための保健指導とITツールの効果的な活用について No.1~3
早川 純子


川崎市地域包括ケアシステム推進ビジョンの策定に関わって No.1~2
広瀬 壽美子