• トップページ
  • ニュース
  • 資料更新情報
  • 講習会・セミナー
  • 健診・検診
  • 特定保健指導
  • 産業保健
  • 地域保健
  • 学校保健
最新ニュース
朝の光を浴びるだけのダイエット 体重管理に効果的
2014.04.10
 体重を減らすために、もっとも確実な方法は、朝早起きして日光を浴びながら、ウォーキングなどの運動をすることだ――スリムな体型になるには、朝日を浴びるのが効果的であるという研究を、米ノースウェスタン大学が発表した。
朝に日光を浴びれば体重は減る
 研究チームは、54人のボランティアを対象に行った実験で、朝に日光をよく浴びることが、肥満に大きく影響することが判明した。

 「朝に日光を浴びる時間が早い人ほど、体格指数(BMI)は低下し、光を浴びる時間が遅いと上昇する傾向がみられました。早起きして太陽の光を浴びることで、体重は減りやすくなります」と、ノースウェスタン大学フェインバーグ医学部のキャサリン リード准教授(神経学)は説明する。

 7日間の実験期間中、実験の参加者(平均年齢30歳)らは、光の浴び方と睡眠サイクルを測定するために手首にセンサーが付けられ、食事の記録もとった。

 その結果、運動レベルやカロリー摂取量、年齢、睡眠時間、運動量などの要因を考慮しても、光を浴びる量とタイミングによりBMIが20%減少することが判明した。

 24時間周期のリズムを整えられるのは、体内に備わっている「体内時計」という機能による。体内時計は、およそ24時間の周期で「概日リズム」を刻んでいる。

 太陽の光は、体内時計を同期するための最も強力な因子であり、代謝やエネルギーのバランスも整えている。

 光を浴びる量とタイミングによって体重が変化する理由としては、(1)朝に光を浴びることで体内時計が正しく働くようになり、体の代謝が向上する、(2)食欲や代謝に影響するホルモンに作用し、過食を抑えられるようになる、と説明している。

朝日を浴びながら歩いて肥満に対策
 「肥満を防ぐために勧められるのは、午前8時から正午までの間に、屋外に出て明るい光を浴びることです」と、研究を主導したフィリス ジー氏(神経学)氏は説明する。

 研究によると、BMIに影響を及ぼすには、午前8時から正午までの20~30分間、日光を浴びるだけでも効果的だという。

 体重との関係に有意性がみられたのは500ルクス以上の光だった。500ルクス以上の光を浴びる頻度が少ないと、BMIは1.28増えていた。

 屋内の蛍光灯による照明の明るさは、一般的には200~250ルクス程度だ。屋外では曇っている日でも1,000ルクス以上になる。

 ほとんどの人は、1日の大半を屋内で生活しており、日光を浴びる時間が少ない。「肥満を予防するために、なるべく早朝の太陽光を浴びることをお勧めします」と、研究者はアドバイスしている。

 可能であれば、朝は屋外を徒歩で職場に通うのが良いという。晴れた日の戸外の光量は500ルクスをはるかに超える。昼食をとるときに屋外に出て体を動かす時間をつくり、窓のない環境であれば室内の照明を十分に確保することが大切だという。

Study Links Light Exposure to Weight(ノースウェスタン大学フェインバーグ医学部 2014年4月3日)
Timing and Intensity of Light Correlate with Body Weight in Adults(PLOS ONE 2014年4月2日)

(Terahata)
©2016 日本医療・健康情報研究所. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

点線
更新情報配信中!

ニュース一覧 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013
 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008
■ 最新ニュース一覧
ニュース一覧 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013
 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008
求人一覧

*求人企業2社(5/11更新)


■メディヴァ
・職種:保健師
・地域:福井、長野、広島、京都、
    大阪、石川、群馬、新潟

■神奈川県予防医学協会
・職種:保健師
・地域:神奈川


オピニオン


■地域での看取り 神山 欣子
No.5 在宅での看取りの現状(がん末期・難病・老衰)(2016/6/16)



■病気になっても仕事を続けるための支援 荒木 葉子
No.2 仕事について情報を得る(2016/6/6)



■病気になっても仕事を続けるための支援 青木 美保
No.2 乳がん診断後 不安との向き合いかたと情報収集(2016/6/6)



■笑いと健康長寿 永井 博弌
No.3 笑いの健康効果 -免疫、脳への影響
(2016/6/6)



■働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま 辻 直子
No.5 シリコン乳房インプラントの実際
(2016/5/31)



■健康保険組合が挑戦したデータヘルス計画とコラボヘルスの推進 中家 良夫
No.7 生まれ変わる行動変容の習慣化(健康寿命の延伸に向けて)(2016/5/30)



■より効果的な行動変容の促しを行うために必要なこととは? 西内 義雄
No.2 受診率を上げるアイディアとは(2016/5/26)



■振り返ると31年経過していた産業保健・産業看護の研究会 富山 明子
No.1 産業看護活動に必要なスキルの習得と研究・開発に取り組んで(2016/5/23)



健康運動看護師とは -看護職だからできる健康運動の実践指導- No.1~4
鶴田 来美


健康管理スタッフに大切なメンタルヘルス支援とは No.1~3
丸山 総一郎


生活習慣改善のための保健指導とITツールの効果的な活用について No.1~3
早川 純子


川崎市地域包括ケアシステム推進ビジョンの策定に関わって No.1~2
広瀬 壽美子