ニュース

不眠対策のお酒は逆効果 アルコールが睡眠メカニズムを乱す原因に

 眠る前にアルコールを飲むと、脳に本来備わっている睡眠を調整するためのメカニズムが妨げられるおそれがある。アルコールは体の睡眠調節メカニズムである睡眠恒常性(ホメオスタシス)に影響を与え、不眠を引き起こすことが、米ミズーリ大学医学部による研究で明らかになった。
アルコールは睡眠を調整する脳のメカニズムを妨げる
 アルコールには強力な誘眠もしくは睡眠誘導の作用があることが知られている。米国成人の約20%が眠るためにアルコールを飲んでいるという。

 しかし、眠る前にアルコールを飲むと、かえって睡眠の質が低下することが明らかになった。ミズーリ大学医学部の研究チームは、アルコールが睡眠に与える影響について5年以上研究している。

 これまでは、アルコールが「概日リズム」に影響し、睡眠を促すと考えられていた。概日リズムは体内時計によって調整され、およそ24時間周期で繰り返される。

 しかし、実際にはアルコールは人の「睡眠恒常性」(ホメオスタシス)に影響し、睡眠を促すことが、ミズーリ大学医学部のマヘーシュ タッカー氏らの研究で明らかになった。

 睡眠恒常性は、肉体や脳の疲労度に応じて眠りの質をコントロールする働きをする。睡眠時間の調整にはアデノシンという睡眠物質が関わっている。
アルコールの作用でアデノシン濃度が上昇
 アデノシンは覚醒していた時間に応じて必要とされる睡眠を調整している。覚醒していた時間が長くなるとアデノシンの濃度が上昇し、脳の前脳基底部にある覚醒促進細胞の活動が抑えられ、睡眠が促される。

 夜の早い時間に寝ると、翌日の夜中や早朝に目を覚ますことがあるのは、睡眠恒常性の働きによるものだ。

 研究チームがラットおよびマウスを用いて実験を行ったところ、アルコールの摂取によってアデノシンの濃度が上がり、覚醒促進細胞の活動が抑えられることが判明した。

 寝る前に頻繁に飲酒をしている人たちを対象に、アルコール離脱が睡眠にどのように影響するかについても検討した。飲酒する時間が長いと被験者は予想通り眠りに落ちたが、数時間以内に目を覚まし、眠りに戻れなくなった。
アルコールが睡眠の質を低下
 眠れないからといってお酒を飲むと、いったん眠くはなるが、結局、夜中や早朝に目が覚め、その後、眠れなくなるという事態に陥るのは陥ってしまうのは、睡眠恒常性が影響している。こうした状態が長く続けば、不眠症になる恐れがある。

 「アルコールはには眠りを誘発する作用がありますが、アルコールを飲むと睡眠の質はかえって低下します。アルコールを睡眠誘発剤として使用すべきではありません」と、タッカー氏は言う。

 アルコールには利尿作用もあるため、トイレに頻繁に行くようになり、朝早く目が覚めてしまい、結果として睡眠の質はさらに低下するという。

 「眠れないからといってアルコールに頼るべきではありません。医師に相談し、眠れない根本原因を突き止めるべきです。個別の治療で、また眠れるようになります」と、タッカー氏は述べている。

MU Researchers Find Alcohol Interferes with the Body's Ability to Regulate Sleep(ミズーリ大学 2014年12月10日)
[Terahata]

「アルコール」に関するニュース

2021年01月26日
【新型コロナ】接触確認アプリ「COCOA」がコロナ禍の心理的ストレスを減らす? 企業従業員の心の健康をどう守るか
2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月22日
1月23日は、健康生活習慣『一無、二少、三多』の日です。 「全国生活習慣病予防月間2021」は2月1日よりスタートします!
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月18日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 急激な温度変化は体にとって負担 血圧変動や脱水に注意
2021年01月12日
エビデンスに基づく保健指導の実現へ 健康診断のデータから生活習慣病の発症因子を推定 医療ビッグデータを解析する人工知能(AI)を開発
2021年01月05日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年01月05日
【新型コロナ】「新宿歌舞伎町のホストクラブで感染拡大」は本当か? 従業員対象の実態調査 国立感染研が中間報告
2021年01月04日
保健指導リソースガイド【1年間でもっとも読まれたニュース ベスト15】1位はあの記事
2020年12月28日
ウーロン茶を飲むと「脂肪燃焼」が促される 肥満の抑制効果を期待 カフェイン以外が作用か
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,678 人(2021年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶