• トップページ
  • ニュース
  • 資料更新情報
  • 講習会・セミナー
  • 健診・検診
  • 特定保健指導
  • 産業保健
  • 地域保健
  • 学校保健
最新ニュース
運動が女性の乳がんリスクを低下 がん細胞を抑えるホルモンが活発に
2015.06.25
 女性の乳がんリスクは、運動をすることで低減できることが、418万人の女性を対象とした調査で確かめられた。ウォーキングなどの運動を習慣化することで、がん細胞が増えるのを抑えるホルモンを増やせるという研究も発表された。
週4~7時間の運動で乳がんリスクを31%低下
 フランスのリヨンに拠点がある国際予防研究所の研究チームは、1987~2014年に発表された計418万人の女性を対象とする38件の研究を解析した。

 期間中に約11万6,000人が乳がんを発症した。この研究は、シカゴで5月に開催された米国臨床腫瘍学会の年次集会で発表された。

 解析した結果、1週間の運動時間がもっとも多い群では、もっとも少ない群に比べて乳がんリスクが11~20%低下することが明らかになった。

 「運動をする習慣のない女性でも、週4~7時間の活発な運動をはじめれば、乳がんリスクを31%低減することができます」と、国際予防研究所のセシール ピゾット氏は言う。

 「運動を行うことで脂肪細胞が減少し、乳がんを進行させる女性ホルモンであるエストロゲンの産生も減ります」と説明している。

運動ががん細胞を抑えるホルモンの分泌を増やす
 乳がんの治療を受けている女性でも、運動を習慣として行うと、生存率が30~40%向上するという調査結果もある。

 「運動によって筋肉の活動が活発化すると分泌されるホルモンが、乳がんに対し予防的に働いている可能性があります」と、米国のニューメキシコ大学の研究チームは説明している。

 ギリシャ神話の伝令の女神イリスにちなんで名付けられたホルモン「イリシン」(irisin)は、脂肪組織に働きかけ、貯蔵された脂肪をエネルギーとして燃焼するのを促すと考えられている。

 ストロゲンが乳がん細胞の中にあるエストロゲン受容体と結びつき、がん細胞の増殖を促す。イリシンには、このがん細胞をアポトーシス(プログラム細胞死)へと導く作用をするという。

 イリシンをがん細胞に投与する実験を行ったところ、イリシンを投与されたが細胞では投与されなかったがん細胞に比べて、アポトーシスの量が22倍に増加することを確認した。

ウォーキングなどの軽い運動でも効果を得られる
 イリシンの分泌量を増やすには有酸素運動よりも筋力トレーニングが効果的だという。マウスを使った実験では、筋力トレーニングによってイリシンの分泌量が2倍に増えることが分かった。

 「乳がんを予防するために、ウォーキングなど軽い運動で良いので、運動を習慣として開始することをお勧めします」と、ニューメキシコ大学のニック ギャノン氏は言う。

 「がんのリスク要因の多くは遺伝子的なものではなく、生活習慣などの後天的なものです。運動をすることで、イリシン以外にも、体重の減少、体の免疫機能の向上、炎症の軽減など、さまざまな効果を得られます」とアドバイスしている。

Physical activity and breast cancer risk(国際予防研究所 2015年6月11日)
Exercise hormone may factor in breast cancer prevention(ニューメキシコ大学 2015年2月25日)

(Terahata)
©2016 日本医療・健康情報研究所. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

点線
更新情報配信中!

ニュース一覧 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013
 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008
■ 最新ニュース一覧
ニュース一覧 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013
 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008
求人一覧

*求人企業2社(5/11更新)


■メディヴァ
・職種:保健師
・地域:福井、長野、広島、京都、
    大阪、石川、群馬、新潟

■神奈川県予防医学協会
・職種:保健師
・地域:神奈川


オピニオン


■振り返ると31年経過していた産業保健・産業看護の研究会 富山 明子
No.1 産業看護活動に必要なスキルの習得と研究・開発に取り組んで(2016/5/23)



■地域での看取り 神山 欣子
No.4 高齢者の看取り
(2016/5/18)



■病気になっても仕事を続けるための支援 青木 美保
No.1 乳がんの検査と良い医師・病院選び
(2016/5/16)



■健康保険組合が挑戦したデータヘルス計画とコラボヘルスの推進 中家 良夫
NNo.6 当健保が主導で推進したコラボヘルスと健康経営の3つの成功要因(血流)
(2016/5/9)



■笑いと健康長寿 永井 博弌
No.2 笑いの健康効果 -不安、痛みの軽減
(2016/5/6)



■働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま 辻 直子
No.4 乳房再建には多くの選択肢があります(2016/5/2)



■病気になっても仕事を続けるための支援 荒木 葉子
No.1 治療と職業生活の両立支援のためのガイドラインが公表されました
(2016/4/28)



■保健師の活動と放射線について 小西 恵美子
No.12 保健師と看護学生に放射線を教える・学ぶ
(2016/4/27)



■健診機関での保健師活動 飯塚 晶子
No.4 保健師活動の発展のための組織化 ~なぜ、今、組織化なのか?~(2016/4/13)



■より効果的な行動変容の促しを行うために必要なこととは? 西内 義雄
No.1 なぜ受診率が低いのか? 受診する側、促す側の本音を探ってみた(2016/4/13)



健康運動看護師とは -看護職だからできる健康運動の実践指導- No.1~4
鶴田 来美


健康管理スタッフに大切なメンタルヘルス支援とは No.1~3
丸山 総一郎


生活習慣改善のための保健指導とITツールの効果的な活用について No.1~3
早川 純子


川崎市地域包括ケアシステム推進ビジョンの策定に関わって No.1~2
広瀬 壽美子