ニュース

40代女性の乳がんを早期発見 マンモグラフィと超音波検査の組合せ

 40歳代の女性を対象にした乳がん検診の大規模臨床試験で、マンモグラフィ(乳房エックス線)検査に超音波(エコー)検査を併用すると、早期の乳がんの発見率が1.5倍に上昇することを、東北大学などの研究グループが世界ではじめて明らかにした。
マンモグラフィと超音波の長所をかけあわせた検診
 乳がんは30~60歳代の日本女性が発症するがんのトップになっている。もっとも乳がんを発症しやすい年代は40歳代と若く、より有効な乳がん検診の開発が急務となっている。

 乳がん検診は現在、マンモグラフィ(乳房エックス線)検査が基本とされており、国は40歳以上の女性に2年に1回受けることを推奨し、自治体が公費助成している。

 マンモグラフィは一般に「50歳以上で有効」「高濃度乳房では精度が落ちる」「妊娠中は受けられない」という特徴がある。

 超音波検査を使う診断方法も開発されているが、乳がん検診における有効性は十分に確かめられていない。超音波検査には「高濃度乳房では精度が落ちない」「妊娠中でも検査可能」「小さな石灰化を検出できない」「精度管理にばらつきがある」といった特徴がある。

 そこで、厚生労働省は国家的プロジェクトとして「J-START」試験を立ち上げた。J-STARTでは、超音波検査を併用する検診と併用しない検診(マンモグラフィのみ)を比較する試験を世界ではじめて実施し、超音波検査が有効かどうかを検証している。対象となっているのは40歳代の女性だ。

早期の乳がんの発見率が1.5倍に上昇
 今回実施されたのは、マンモグラフィのみと、超音波検査を追加した2つのグループを比較するランダム化比較試験。2007年度から6年間で全国42の機関で、計7万6,196人の40歳代の女性がどちらかのグループに無作為に分けられ検診を受けた。

 その結果、マンモグラフィのみのがん発見率は0.32%(117人)だったのに対し、超音波の併用では0.5%(184人)に上昇した。

 がんを正しく判定できる感度は、マンモグラフィのみで77.0%だったが、超音波も受けると91.1%に上がった。発見したがんの進行度を比べると、超音波では早期の「ステージ0」「ステージ1」の割合が高かった。

 研究を発表したのは、東北大学大学院医学系研究科腫瘍外科学分野の大内憲明教授らの研究グループ。医学誌「ランセット」に発表された。

 自治体が行う検診に超音波を組み込むには、実際に死亡率を下げる効果を示すことが必要だが、「マンモグラフィで判断しにくい場合に超音波を加えるなど、検査の精度を高められる可能性が示された。超音波検診の体制づくりを進める必要がある」と、大内教授は述べている。

 一方で、精密検査が必要とされた人の割合も増え(8.8% 対 12.6%)、針を刺して細胞を調べる針生検の追加も増えた。「超音波検診導入による利益と不利益のバランスを検討することも必要」と、大内教授は付け加えている。

 マンモグラフィの定期検診をめぐっては、米国がん協会(ACS)が10月に、年に1度のマンモグラフィ(乳房X線撮影法)による乳がん検診の推奨年齢を40歳から45歳に引き上げるガイドラインを発表した。

 マンモグラフィは若い女性の乳がんを発見するに不利だという見解が示され、がん検診についての議論が続いている。

J-START-乳がん検診における超音波検査の有効性を検証するための比較試験
東北大学大学院医学系研究科腫瘍外科学分野

[Terahata]

「がん」に関するニュース

2017年09月14日
「職域におけるがん検診に対するガイドライン」 精度管理が課題
2017年09月07日
がん経験者の年収は20%減少 医療費と生活費が心配 サポートが必要
2017年08月31日
福岡市の「健康先進都市戦略」 人生100年を見据えた新戦略「福岡100」
2017年08月22日
認知症の3分の1は予防できる 予防するための4つの生活スタイル
2017年08月21日
【健康啓発4コマ漫画】サンプル公開中「クーラー病」「痛風リスク」
2017年08月21日
9月は健康増進普及月間 ~生活習慣改善を啓発
2017年08月09日
がん患者の家族が経験する葛藤の実態 がん患者支援に向けた調査結果
2017年08月03日
2015年度の特定健診の実施率は50.1% 特定保健指導は17.5%で伸び悩み
2017年07月26日
20歳から体重5kg増加は健康リスク 体重を増やさない10の方法
2017年07月26日
がんサバイバーたちの「生きる力」を表現 がんと生きる、わたしの物語

最新ニュース

2017年09月19日
仕事で強い不安やストレスを感じる労働者は約6割~労働安全衛生調査
2017年09月15日
「保健指導の基本姿勢」保健指導を受ける立場になり対象者に寄り添える産業保健師に【産保PC第2回レポート】
2017年09月15日
【健やか21】教師×NPO 意見交流会~虐待予防教育のこれから~
2017年09月14日
健保連が2016年度決算を発表 経常収支が2373億円の黒字
2017年09月14日
「職域におけるがん検診に対するガイドライン」 精度管理が課題
2017年09月14日
肉を食べ過ぎると糖尿病リスクが上昇 魚を食べるとリスクは低下
2017年09月14日
アルツハイマー病が血液検査でかわる 発症早期に診断する手法を開発
2017年09月13日
「ポケモンGO」は働く人のメンタルヘルスに有効 初の科学的な検証
2017年09月13日
10分間のウォーキングでも効果は大きい 「アクティブ10」を開始
2017年09月13日
マグネシウムの多い食品が心筋梗塞のリスクを低下 8.5万人を調査
2017年09月12日
防災に役立つ75のサイトを集約、多言語化も ー国交省「防災ポータル」
2017年09月12日
【連載更新】高齢者の外出、移動の問題を考える
2017年09月08日
【9/12申込締切・残席わずか】東京糖尿病療養指導士受験者用講習会
2017年09月07日
【健やか21】フォトコンテスト2017作品募集中!
2017年09月07日
「ロコモ」予防のための運動「ACTIVE5」 3世代別の3分間エクササイズ
2017年09月07日
がん経験者の年収は20%減少 医療費と生活費が心配 サポートが必要
2017年09月07日
うつ病を「インスタグラム」の投稿写真から早期発見 70%の精度で特定
2017年09月07日
「野菜の日」調査 野菜を1日350gを食べているのはたった5%
2017年09月07日
生命保険にも人工知能(AI)を活用 高血圧患者の保険加入を緩和
2017年09月07日
「食べても太りにくい」仕組みを解明 脂肪細胞の褐色化を促進
2017年09月06日
「有職」の母が増加傾向―厚労省が21世紀出生児横断調査の結果を公表
2017年09月05日
精子の健康改善にくるみが有効の可能性 酸化ストレス抑えて運動性など向上
2017年09月04日
締切間近! 賞金3万円「血糖値アップ・ダウン コンテスト」
2017年09月04日
9月10日からは自殺予防週間~「ゲートキーパー」の認知向上などを啓発
2017年09月01日
【健やか21】平成30年度「児童福祉週間」の標語を募集します
2017年09月01日
「再休業を防ぐ! メンタルヘルス不調者の職場復帰支援」へるすあっぷ21 9月号
2017年08月31日
世界中で近視が急増 ウォーキングで自然光を浴びると近視対策に
2017年08月31日
福岡市の「健康先進都市戦略」 人生100年を見据えた新戦略「福岡100」
2017年08月31日
人工知能(AI)で「保健指導」を支援 医療データを解析 広島大が開発
2017年08月31日
「介護職員が不足」が6割 3年連続で悪化 介護労働実態調査
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,404 人(2017年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶