ニュース

40代女性の乳がんを早期発見 マンモグラフィと超音波検査の組合せ

 40歳代の女性を対象にした乳がん検診の大規模臨床試験で、マンモグラフィ(乳房エックス線)検査に超音波(エコー)検査を併用すると、早期の乳がんの発見率が1.5倍に上昇することを、東北大学などの研究グループが世界ではじめて明らかにした。
マンモグラフィと超音波の長所をかけあわせた検診
 乳がんは30~60歳代の日本女性が発症するがんのトップになっている。もっとも乳がんを発症しやすい年代は40歳代と若く、より有効な乳がん検診の開発が急務となっている。

 乳がん検診は現在、マンモグラフィ(乳房エックス線)検査が基本とされており、国は40歳以上の女性に2年に1回受けることを推奨し、自治体が公費助成している。

 マンモグラフィは一般に「50歳以上で有効」「高濃度乳房では精度が落ちる」「妊娠中は受けられない」という特徴がある。

 超音波検査を使う診断方法も開発されているが、乳がん検診における有効性は十分に確かめられていない。超音波検査には「高濃度乳房では精度が落ちない」「妊娠中でも検査可能」「小さな石灰化を検出できない」「精度管理にばらつきがある」といった特徴がある。

 そこで、厚生労働省は国家的プロジェクトとして「J-START」試験を立ち上げた。J-STARTでは、超音波検査を併用する検診と併用しない検診(マンモグラフィのみ)を比較する試験を世界ではじめて実施し、超音波検査が有効かどうかを検証している。対象となっているのは40歳代の女性だ。

早期の乳がんの発見率が1.5倍に上昇
 今回実施されたのは、マンモグラフィのみと、超音波検査を追加した2つのグループを比較するランダム化比較試験。2007年度から6年間で全国42の機関で、計7万6,196人の40歳代の女性がどちらかのグループに無作為に分けられ検診を受けた。

 その結果、マンモグラフィのみのがん発見率は0.32%(117人)だったのに対し、超音波の併用では0.5%(184人)に上昇した。

 がんを正しく判定できる感度は、マンモグラフィのみで77.0%だったが、超音波も受けると91.1%に上がった。発見したがんの進行度を比べると、超音波では早期の「ステージ0」「ステージ1」の割合が高かった。

 研究を発表したのは、東北大学大学院医学系研究科腫瘍外科学分野の大内憲明教授らの研究グループ。医学誌「ランセット」に発表された。

 自治体が行う検診に超音波を組み込むには、実際に死亡率を下げる効果を示すことが必要だが、「マンモグラフィで判断しにくい場合に超音波を加えるなど、検査の精度を高められる可能性が示された。超音波検診の体制づくりを進める必要がある」と、大内教授は述べている。

 一方で、精密検査が必要とされた人の割合も増え(8.8% 対 12.6%)、針を刺して細胞を調べる針生検の追加も増えた。「超音波検診導入による利益と不利益のバランスを検討することも必要」と、大内教授は付け加えている。

 マンモグラフィの定期検診をめぐっては、米国がん協会(ACS)が10月に、年に1度のマンモグラフィ(乳房X線撮影法)による乳がん検診の推奨年齢を40歳から45歳に引き上げるガイドラインを発表した。

 マンモグラフィは若い女性の乳がんを発見するに不利だという見解が示され、がん検診についての議論が続いている。

J-START-乳がん検診における超音波検査の有効性を検証するための比較試験
東北大学大学院医学系研究科腫瘍外科学分野

[Terahata]

「がん」に関するニュース

2017年11月22日
女性の6割は「乳がんを発症しても働く」 パートナーは「治療優先」希望
2017年11月08日
「第3期がん対策推進基本計画」目標受診率を50%に ゲノム医療も推進
2017年11月08日
血液検査で「9割」のがんを判別 膵臓、大腸、前立腺、乳、子宮体がん
2017年11月01日
高齢者に手厚い社会保障 「全世代型」の社会保障へ転換を 厚労白書
2017年11月01日
お酒を飲むと顔が赤くなる人は注意 飲み過ぎると怖い「がんリスクの上昇」
2017年11月01日
がんを発症した女性の仕事と治療の両立 「柔軟に働ける制度」が必要
2017年10月25日
「乳がん」早期発見のきっかけはセルフチェック 定期的な検診が決め手
2017年10月25日
日本人の最大規模の「バイオバンク」を構築 長寿医療研究センターなど
2017年10月18日
脳の健康を保つための「ライフ シンプル 7」 認知症は予防できる
2017年10月04日
10月は「乳がん啓発月間」 定期的なマンモグラフィ検診は効果的

最新ニュース

2017年11月24日
【30名限定】すろかろアンバサダー第1期の募集をスタートします!
2017年11月24日
厚労省が年末年始に合わせて墜落・転落災害防止対策キャンペーンを実施
2017年11月22日
女性の6割は「乳がんを発症しても働く」 パートナーは「治療優先」希望
2017年11月22日
「健康づくり運動ポイント制度」で健康長寿を促進 和歌山県
2017年11月22日
「新型たばこ」に対し呼吸器学会が見解「健康に悪影響が出る可能性」
2017年11月22日
フレイルの高齢者、自立喪失リスクが約2.4倍に上昇 健康長寿医療センター
2017年11月21日
糖尿病の食事療法を継続するためのポイント 食を楽しみながら成功
2017年11月20日
スマホアプリを用いることで血糖コントロールが有意に改善
2017年11月20日
くるみの食欲抑制効果メカニズム解明 嗜好も健康的に変化
2017年11月17日
【連載更新】中小企業の健康経営モデルづくりを目指して(株式会社ヘルス&ライフサポート)
2017年11月17日
【健やか21】高校生の食生活自立を応援「巣立ちのレシピ集&セミナー」
2017年11月15日
おいしくてためになる!! 血糖コントロール食レシピ、Q&A「糖をはかる日クッキングセミナー」(2)
2017年11月15日
血糖コントロールは、"胃腸力"がカギ「糖をはかる日クッキングセミナー」(1)
2017年11月15日
アルコールを飲み過ぎないために 知っておきたい5つの対処法
2017年11月15日
世界糖尿病デー 糖尿病人口は4億人を突破 30年後には7億人に
2017年11月15日
ウォーキングなどの有酸素性運動が動脈硬化を3分の1以下に抑える
2017年11月15日
歳を重ねると「大人むし歯」が増加 49%に「根元むし歯」
2017年11月15日
45歳以上「高齢妊娠」で母体合併症のリスクが上昇 35万人超を調査
2017年11月14日
統括的な役割を担う保健師は5割以上の自治体に配置ー厚労省調査
2017年11月10日
成人男性にも風しんワクチン接種を呼びかけ~国立感染症研究所
2017年11月10日
児童虐待を社会全体で解決―11月は児童虐待防止推進月間
2017年11月09日
【健やか21】「働きながら不妊治療を受ける従業員へご理解を」リーフレット
2017年11月08日
「第3期がん対策推進基本計画」目標受診率を50%に ゲノム医療も推進
2017年11月08日
11月14日は「世界糖尿病デー」 2017年のテーマは「女性と糖尿病」
2017年11月08日
インフルエンザの流行に備える 自分でできるインフルエンザ予防法
2017年11月08日
血液検査で「9割」のがんを判別 膵臓、大腸、前立腺、乳、子宮体がん
2017年11月08日
認知症の社会的処方箋 認知症にやさしい社会づくりを通じて早期発見・診断
2017年11月08日
【新シリーズ】「"血糖トレンド"をどう活用するか」を公開 糖尿病リソースガイド
2017年11月06日
※定員残り僅か※ 第3回産業保健PC 参加者募集中~テーマ「産業保健師ならではのメンタルヘルス事業の進め方」
2017年11月02日
【健やか21】(思春期アンケート)子どもが死にたいと思う悩みについて
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,587 人(2017年11月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶