ニュース

糖質を抑えて糖尿病リスクを低下 清涼飲料の過剰摂取をやめさせるには

 コーラやジュースなどの清涼飲料水、お菓子などに含まれる糖類を減すことで、2型糖尿病や肥満のリスクを低下できることが判明した。
 体内で増えすぎた糖(グルコース)の悪影響を抑える酵素も発見された。
高カロリー飲料を飲まなければ30万人の糖尿病を防げる

 コーラやジュースなどの清涼飲料水、お菓子などに含まれる糖類を減すことで、2型糖尿病や肥満のリスクを低下できるという研究が発表された。

 ヒトの味覚は食事スタイルの影響を受けやすい。糖類の多い食事を続けていると味覚がそれに慣れてしまい、より多くの糖類を求めるようになる。

 「逆に糖類を少しずつ減らしていけば、味覚はその変化に適応するので、少ない糖類で満足できるようになります」と、英国のロンドン大学クイーン メアリー校のグラハム マグレガー教授は言う。

 マグレガー教授らの研究チームは、英国食事栄養調査(NDNS)と、英国人の清涼飲料の消費量の調査を解析し、糖尿病や肥満の発症率との関連を調べた。

 その結果、高カロリーの清涼飲料やお菓子に含まれる糖類を40%減らすと、1日の摂取カロリーを38.4kcal減らせ、5年間で体重を平均1.2kg減らせることが判明した。

 さらに、糖類を制限する食事スタイルを続けると、20年で過体重が50万人、肥満が100万人それぞれ減少し、2型糖尿病の発症数を27万4,000人~30万9,000人減らせることが分かった。

糖類の過剰摂取により2型糖尿病が増える

 英国の公共の医療サービスを提供する国民保健サービス(NHS)は、英国内の病院で高カロリーの清涼飲料を販売する際に、独自の"砂糖税"を設けることを発表した。

 「清涼飲料やお菓子の糖類を減すために食料品メーカーが支払うコストはそれほど高くなく、売上げを大きく落とすこともありません。少しの企業努力で達成可能です」と、マグレガー教授は指摘する。

 「糖類の過剰摂取により2型糖尿病の患者数が増えると、心筋梗塞や脳卒中、腎臓病や網膜症などの破壊的な合併症を防ぐのが難しくなります」と、英国糖尿病学会(Diabetes UK)のクリス アスキュー氏は言う。

 英国では国をあげて塩分の制限を訴えるキャンペーンを展開した結果、平均塩分摂取量が5年間で40%減少した実績がある。「たばこやアルコールに含めて、砂糖についても健康リスクに対する課税を行うべきです」と、アスキュー氏は指摘する。

糖類を総エネルギー摂取量の5%未満に制限

 世界保健機関(WHO)は、2型糖尿病や肥満、虫歯など健康上のリスクを防ぐために、1日に摂取する糖類を、総エネルギー摂取量の5%未満に抑えるべきだとするガイドラインを2015年に発表した。

 ガイドラインでは、糖類の摂取量を1日の総エネルギー摂取量の5%を超えないよう制限している。この量は、平均的な体格指数(BMI)の成人で1日当たり約25g、小さじ6杯分の砂糖に相当する。

 ガイドラインの対象となるのは、一般家庭に含めて、食品加工業や外食産業など全般。単糖類(ブドウ糖、果糖など)と、二糖類(ショ糖、テーブル砂糖など)だけでなく、天然のハチミツやシロップ、フルーツジュース、濃縮果汁なども含まれる。

 糖類の過剰な摂取が、全般的なエネルギー摂取量を増大させ、炭水化物以外の必要な栄養素の摂取を減少させる可能性があるとしている。

 日常生活では、加工食品などに"隠された"かたちで糖類を摂取している場合が多く、例えば、大サジ1杯分のケチャップには糖類が約4g(小サジ1杯分)が含まれ、清涼飲料1缶には最大で糖類が約40g(小サジ10杯分)含まれている。

体内の余分な糖を取り除く酵素を発見

 糖類の過剰摂取を防ぐだけでなく、体内で増えたブドウ糖の悪影響を取り除く治療法の開発も進められている。

 体内でグルコース(ブドウ糖)が過剰に増えると、体のさまざまな器官に悪影響がもたらされる。この毒性を阻止する酵素を、カナダのモントリオール大学糖尿病センターのマーク ブレンティ教授らが発見した。

 「G3PP」(グリセロール-3-リン酸ホスファターゼ)と命名されたこの酵素は、体内で糖や脂肪が利用されるのをコントロールしており、細胞中に過剰に存在する糖を解毒する能力もあるという。

 血糖値が上昇すると、グルコースから作られる「グリセロール3-リン酸」(G3P)が過剰になり、インスリンを分泌する膵臓のベータ細胞など、体内のさまざまな組織に有害な作用をもたらすことが分かっている。

 G3PPは過剰なG3Pを分解して細胞外に排出する働きをする。G3PPによって、β細胞などが過剰なグルコースによる毒性から保護される。

 研究チームは、過剰なグルコースをアルコールの一種であるグリセロールとして排除させるメカニズムを探していて、G3PPを発見した。

 「G3PPは体のあらゆる組織にあります。G3PPのメカニズムは肝臓の細胞でも作用しており、脂肪がつくられ過剰に貯蔵されるのを防ぎます。糖尿病の人では、肝臓におけるグルコースの過剰生産が障害になることがありますが、G3PPにはこれを防ぐ作用があります」と、ブレンティ教授は説明する。

 G3PPの働きを高める治療を開発すれば、2型糖尿病や肥満をより効果的に治療できるようになる可能性があるという。

Reducing sugar content in drinks could prevent one million cases of obesity(ロンドン大学クイーン メアリー校 2016年1月7日)
Reducing sugar in sugar-sweetened drinks could prevent 300,000 cases of Type 2 diabetes(英国糖尿病学会 2016年1月7日)
Gradual reduction of sugar in soft drinks without substitution as a strategy to reduce overweight, obesity, and type 2 diabetes: a modelling study(Lancet Diabetes & Endocrinology 2016年1月6日)
[Terahata]

「栄養」に関するニュース

2017年08月09日
健康保険加入者の37%が肥満 脂質や血圧など複数のリスク 健保連調査
2017年08月09日
週3~4回の「飲酒」が糖尿病リスクを低下 アルコールは糖尿病に良い?
2017年08月09日
「味噌」に血圧の上昇を抑える効果 日本型の食事スタイルを再評価
2017年08月09日
ミカンのポリフェノールに緑内障の改善作用 酸化ストレスから網膜を保護
2017年08月04日
【健診・予防3分間ラーニング】サンプル動画3タイトル公開中~
2017年08月03日
2015年度の特定健診の実施率は50.1% 特定保健指導は17.5%で伸び悩み
2017年07月26日
20歳から体重5kg増加は健康リスク 体重を増やさない10の方法
2017年07月26日
高齢者対象の「高血圧診療ガイドライン」 高齢者の降圧には注意が必要
2017年07月26日
糖尿病の最新全国ランキングを発表 ワーストは青森県 ベストは愛知県
2017年07月26日
都道府県の健康格差が拡大 寿命で3.1歳、健康寿命で2.7年の格差

最新ニュース

2017年08月18日
マシンガーZとのコラボで海外渡航者に麻しん感染予防を啓発
2017年08月16日
賞金3万円!「血糖値アップ・ダウン コンテスト」募集スタート!
2017年08月15日
★参加者募集中★第2回産業保健PC テーマ「保健指導の基本姿勢」
2017年08月10日
8割を超える事業場でストレスチェック制度を実施~厚労省調査
2017年08月10日
【健やか21】冊子「あなたと赤ちゃんの健康」無料配布  申込受付中
2017年08月09日
健康保険加入者の37%が肥満 脂質や血圧など複数のリスク 健保連調査
2017年08月09日
がん患者の家族が経験する葛藤の実態 がん患者支援に向けた調査結果
2017年08月09日
週3~4回の「飲酒」が糖尿病リスクを低下 アルコールは糖尿病に良い?
2017年08月09日
「味噌」に血圧の上昇を抑える効果 日本型の食事スタイルを再評価
2017年08月09日
受動喫煙により大動脈疾患リスクが2倍超に増加 家庭外の受動喫煙は深刻
2017年08月09日
ミカンのポリフェノールに緑内障の改善作用 酸化ストレスから網膜を保護
2017年08月04日
【健診・予防3分間ラーニング】サンプル動画3タイトル公開中~
2017年08月03日
【健やか21】渡航者向けの「麻しん」の予防啓発活動
2017年08月03日
2015年度の特定健診の実施率は50.1% 特定保健指導は17.5%で伸び悩み
2017年08月03日
【連載更新】課題解決のための取組み「ゆりかごタクシー」「ベビー防災」
2017年08月02日
「ウォーキングの格差」が世界規模で拡大 スマホで世界111ヵ国を調査
2017年08月02日
適量のアルコールでも脳には悪影響が 海馬の萎縮リスクが3倍以上に
2017年08月02日
糖尿病の医療費の節約志向が高まるアメリカ 5人に1人が受診を回避
2017年08月02日
犬の散歩は運動になるか? 運動不足を解消するのに効果的である可能性
2017年08月02日
日本の脳卒中の発症者は年間29万人 半分以上が死亡や介護が必要な状態に
2017年08月01日
「熱中症を防ぐ!」へるすあっぷ21 8月号
2017年07月28日
【健やか21】企業主導型保育事業(内閣府)/健康寿命をのばそう!アワード
2017年07月27日
【連載更新】 ワンコイン健診の挑戦(ケアプロ株式会社)
2017年07月26日
20歳から体重5kg増加は健康リスク 体重を増やさない10の方法
2017年07月26日
高齢者対象の「高血圧診療ガイドライン」 高齢者の降圧には注意が必要
2017年07月26日
がんサバイバーたちの「生きる力」を表現 がんと生きる、わたしの物語
2017年07月26日
糖尿病の最新全国ランキングを発表 ワーストは青森県 ベストは愛知県
2017年07月26日
都道府県の健康格差が拡大 寿命で3.1歳、健康寿命で2.7年の格差
2017年07月26日
日本人3,554人の全ゲノム情報を解読に成功 日本人のゲノム医療に期待
2017年07月26日
日常診療におけるバイオマーカーとしての尿中L-FABPの有用性と可能性
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,325 人(2017年08月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶