ニュース

貧困状況にある子どもの支援などにも言及 -第3次食育推進基本計画

 政府はこのほど、平成28年度から32年度までの5年間を期間とする「第3次食育推進基本計画」を決定した。平成18年度から10年にわたり推進されてきた第1次と第2次の基本計画を引き継ぐ一方、若い世代に対する食生活改善の必要性、貧困状況にある子どもの増加など食をめぐる社会状況の変化に応じた内容となっている。

 国は平成17年に制定された「食育基本法」」に基づき、平成18年度~22年度までは「食育推進基本計画」、平成23年度~27年度は「第2次食育推進基本計画」を作成。これまで10年にわたって、さまざまな形で食育の推進を行ってきた。

 その結果、家庭、学校、保育所などで食育は着実に進展してきているが、▽特に若い世代で健全な食生活を心がけている人が少ない▽高齢者などの単独世帯やひとり親世帯、貧困の状況にある子どもの増加などに対しても食育の観点から積極的な取り組みが求められている▽食品ロスなど環境にも配慮する必要がある―などの課題が残っている。

 そのため第3次食育推進基本計画では、以下を重点課題として定めた。

 (1)若い世代を中心とした食育の推進
 (2)多様な暮らしに対応した食育の推進
 (3)健康寿命の延伸につながる食育の推進
 (4)食の循環や環境を意識した食育の推進
 (5)食文化の継承に向けた食育の推進


*画像をクリックすると大きいサイズでご覧いただけます。

 このうち重点課題「多様な暮らしに対応した食育の推進」では、具体的な施策として妊産婦や乳幼児に関する栄養指導」、高齢者に対する食育推進のほか、貧困の状況にある子どもに対する食育推進も提唱。「子どもの貧困対策に関する大綱」に基づく食育の推進、ひとり親家庭の子どもの居場所づくりなどを具体例としてあげた。

 また重点課題「健康寿命の延伸につながる食育の推進」では、生活習慣病の予防改善や減塩の推進、栄養表示の普及啓発などを施策としてあげている。具体的には保健所や保健センターなどで食育に関する普及・啓発活動を進めるとともに、健康診断などに合わせて管理栄養士が栄養指導を行う機会を増やしていく。

 これらの重点課題に取り組むためには、「子どもから高齢者まで、生涯を通じた取組を推進」かつ「国、地方公共団体、教育関係者、農林漁業者、食品関連事業者、ボランティア等が主体的かつ多様に連携・協働しながら食育の取組を推進」することに十分留意するよう求めている。

 32年度までに達成を目指す目標値は、「朝食を欠食する若い世代の割合」を平成27年度の現状値24.7%から15%以下にすること、など15項目で設定。推進計画を作成・実施している市町村の割合を現状の76.7%から100%にまで増やすことも定められており、未策定の市町村に対しては資料や情報提供など積極的に行い作成を促していく考え。


*画像をクリックすると大きいサイズでご覧いただけます。

第3次食育推進基本計画(内閣府)

[yoshioka]

「地域保健」に関するニュース

2018年04月25日
「検体測定室」でのHbA1cチェックは糖尿病対策として効果的
2018年04月25日
エネルギーを燃焼する「褐色脂肪細胞」を活性化 脂肪が燃えやすい体に
2018年04月25日
ICTを活用して「フレイル」を予防 健康長寿医療センターなどが開発
2018年04月25日
夏の夜は「心筋梗塞」の増加に注意 季節の日照時間によって発症に差
2018年04月25日
「プロポリス」が認知機能の低下を抑制 7年間の国際研究で判明
2018年04月24日
環境省が熱中症環境保健マニュアルを改訂~夏季イベント時の対策を追加
2018年04月18日
糖尿病の原因は「酸化ストレス」 肝臓の脂肪蓄積を防ぐ治療
2018年04月18日
「サルコペニア」を容易に評価 CKD患者の心疾患リスクを予測
2018年04月18日
糖尿病リスクは「雨」? 久山町研究の成果で「ひさやま元気予報」
2018年04月18日
乳がんと大腸がんを尿検査で早期発見 簡便ながん検査を実用化

最新ニュース

2018年04月26日
【健やか21】平成30年度「児童虐待防止推進月間」の標語を募集します!
2018年04月25日
「検体測定室」でのHbA1cチェックは糖尿病対策として効果的
2018年04月25日
エネルギーを燃焼する「褐色脂肪細胞」を活性化 脂肪が燃えやすい体に
2018年04月25日
ICTを活用して「フレイル」を予防 健康長寿医療センターなどが開発
2018年04月25日
夏の夜は「心筋梗塞」の増加に注意 季節の日照時間によって発症に差
2018年04月25日
「プロポリス」が認知機能の低下を抑制 7年間の国際研究で判明
2018年04月24日
環境省が熱中症環境保健マニュアルを改訂~夏季イベント時の対策を追加
2018年04月19日
【健やか21】パンフレット「住まいの中のアレルゲン対策」ご活用下さい
2018年04月19日
【新連載】女性のライフステージと、体と心の健康運動
2018年04月18日
糖尿病の原因は「酸化ストレス」 肝臓の脂肪蓄積を防ぐ治療
2018年04月18日
「サルコペニア」を容易に評価 CKD患者の心疾患リスクを予測
2018年04月18日
糖尿病リスクは「雨」? 久山町研究の成果で「ひさやま元気予報」
2018年04月18日
乳がんと大腸がんを尿検査で早期発見 簡便ながん検査を実用化
2018年04月17日
建設業で働く女性の妊娠や出産をサポート~『女性にやさしい職場づくりナビ』
2018年04月16日
くるみを食べると腸内フローラが改善 くるみが善玉菌を増やす
2018年04月13日
厚労省がGWの海外渡航に感染症予防注意を呼びかけ
2018年04月12日
【健やか21】「母子保健指導部」の会員募集と30年度研修会一覧の掲載
2018年04月11日
子宮頸がんとHPVワクチン 日本産科婦人科学会が「接種は必要」と強調
2018年04月11日
「2時間の飲み会」の危険 アルコールのイッキ飲み・アルハラを防止
2018年04月11日
ご存知ですか?「紫外線」 紫外線に打ち勝つ4つの方法
2018年04月11日
糖尿病の発症前に「慢性腎臓病」(CKD)は悪化 検査で早期発見を
2018年04月11日
「甘酒」を飲んでコレステロールを低減、便通を改善 プロラミンが作用
2018年04月09日
【連載紹介】何をどう食べるか―体験から得た震災時の食の"知恵袋"
2018年04月06日
【健やか21】「ふくおか子育てマイスター活動事例集」のご紹介
2018年04月06日
東京都が福祉保健基礎調査「東京の子どもと家庭」(速報版)を公表
2018年04月05日
糖尿病患者の痛風リスクがフェノフィブラートで半減 FIELD試験
2018年04月05日
栄養を効率よく摂取するには? くるみ病態別レシピ申し込み受付中
2018年04月04日
女性の「痩せ」志向は不健康 スポーツを通じて女性の活躍を促進
2018年04月04日
働きながら「不妊治療」を受ける人へのサポート 仕事の両立支援が課題に
2018年04月04日
魚の「オメガ3脂肪酸」が死亡リスクを低下 「食後高脂血症」に注意
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,045 人(2018年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶