ニュース

夫や妻との別れで脳卒中リスクが上昇 配偶者を失うと生活習慣が悪化

 離婚や死別などで配偶者を失った人は、脳卒中のリスクが高まることが、45~74歳までの男女5万人を対象とした調査で明らかになった。「配偶者を失うとストレスが増え、飲酒量が増えるなど生活が乱れるおそれがある」と研究者は述べている。
離婚や死別により脳卒中リスクは上昇
 離婚や死別などにより脳卒中の発症リスクが1.26倍増加することが、日本人約5万人を対象とした研究で明らかになった。特に脳出血については強い関係がみられ、脳出血リスク男性で1.48倍に、女性で1.35倍に上昇するという。

 「JPHC研究」は日本人を対象に、さまざまな生活習慣と、がん・糖尿病・脳卒中・心筋梗塞などとの関係を明らかにする目的で実施されている多目的コホート研究。今回の研究は、大阪大学大学院社会医学講座公衆衛生学、同大学グローバルコラボレーションセンターなどのなどの研究チームがまとめたもの。

 婚姻状況は健康に影響を与える重要な要因であり、一般に既婚者は非婚者(離別・死別)に比べ健康状態が良いことが知られている。また、婚姻状況の変化は循環器疾患の発症リスクを上昇させるが、脳卒中発症リスクとの関連などについて詳しくは分かっていなかった。

 そこで研究チームは、既婚から非婚への婚姻状況の変化が、その後の脳卒中発症のリスクにどのような影響を与えるかを脳卒中タイプ別に分析し、その関連が居住形態や仕事の有無によって変化するかどうかを検討した。

 全国9ヵ所(岩手、秋田、長野、沖縄、茨城、新潟、高知、長崎)の9保健所管内に住む、調査時点(1990年と1993年)で既婚の40?69歳の男女4万9,788人(男性 2万4,162人、女性 2万5,626)を対象に、平均15年間追跡し、研究開始5年前に配偶者と同居していたことを条件に、既婚(配偶者と同居)から非婚(配偶者との別居)への変化について調べた。

 15年間の追跡期間中に2,134人の脳卒中発症が確認された。調査開始時期に婚姻状況変化がある人ほど、脳卒中を発症リスクが高い傾向があり、リスクは全脳卒中では男性1.26倍、女性1.26倍、脳出血性脳卒中では男性1.48倍、女性1.35倍にそれぞれ上昇した。
人をとりまく社会環境にも考慮する必要がある
 婚姻状況の変化が脳卒中リスクを上昇させる理由として、配偶者を失うことで生活習慣や精神状態の変化している可能性が考えられる。過去の研究では、配偶者を失うと飲酒量が増えたり、野菜や果物の摂取が減ったりといった変化があることが分かっている。「心理的ストレスレベルが上昇し、生活を楽しめなくなる傾向にある。このような婚姻状況の変化により起こるさまざまな変化が脳卒中の発症リスクを上昇させているのではないか」と、研究者は述べている。

 調査では、居住形態の違いによる影響も分析した。「婚姻状況が変化せず子供と同居なし」と比べた脳卒中の発症リスクは、「離婚して子供と同居なし」では男性1.10倍、女性1.15倍と有意差はなかったが、「離婚して子供と同居あり」は男性1.44倍、女性1.45倍と男女ともに有意に上昇した。親としての役割を持つことが配偶者との離別による影響を加重している可能性が示唆された。

 一方、親との同居による影響では、性差が見られた。「婚姻状況が変化せず親と同居なし」比べた脳卒中の発症リスクは、「離婚して親と同居あり」では、男性の0.96倍に対し女性では1.33倍と有意に高かった。また、「離婚して親と同居なし」の男性では1.25倍と有意に高かったことから、男性では親との同居が脳卒中リスクの軽減に影響している可能性がある。

 就労の有無による影響については、男性では無職例が少ないので女性のみの結果となった。就労しており離婚経験のない女性に比べた脳卒中の発症リスクは、就労中の離婚経験者では1.14と有意差はなかったが、無職の離婚経験者では2.98と有意に高かった。
 今回の結果で居住形態や就労が脳卒中発症リスクに影響を与えていることが判明し、それらの要因には性差があることも分かった。脳卒中リスクは「離婚して子供と同居している男女」や、「離婚して親と同居している女性」、「離婚して無職の女性」で特に高く、居住形態や就労の有無によって影響には性差がみられた。「脳卒中発症のリスクの高い人を把握するためには、人をとりまく社会環境にも考慮する必要がある」と研究者は述べている。

多目的コホート研究(JPHC Study)(国立がん研究センター がん予防・検診研究センター 予防研究グループ)
Marital Transition and Risk of Stroke: How Living Arrangement and Employment Status Modify Associations(Stroke 2016年3月1日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2017年06月21日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE)、東京CDS 講習会の日程を発表
2017年06月21日
日本の介護の現状をレポート 「介護社会」の本格的な到来に備える
2017年06月21日
世界の3人に1人が肥満か過体重 世界規模で保健指導が必要
2017年06月21日
ブロッコリーで糖尿病を改善? 「スルフォラファン」が血糖値を下げる
2017年06月21日
糖尿病+高血圧 どうすれば治療を両立できる? 高血圧の治療が進歩
2017年06月21日
「健康長寿新ガイドライン」を策定 東京都健康長寿医療センター
2017年06月20日
「血糖トレンドを知るには。」を公開 血糖トレンドの情報ファイル
2017年06月19日
広がる電子母子手帳~健康情報を管理するアプリとも連携(神奈川県)
2017年06月15日
乳がん検診は今後はどう変わる? 「高濃度乳房」の実態調査を開始
2017年06月15日
食育推進計画を策定した市町村は78%に上昇 「平成28年度食育白書」

最新ニュース

2017年06月27日
【新連載】日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐
2017年06月26日
3つのアプリを開発「考えよう!いじめ・SNS@Tokyo」
2017年06月26日
子どもの健康の地域間格差が拡大している可能性を発表
2017年06月22日
【健やか21】子どもの健康の地域間格差が拡大している可能性
2017年06月21日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE)、東京CDS 講習会の日程を発表
2017年06月21日
日本の介護の現状をレポート 「介護社会」の本格的な到来に備える
2017年06月21日
世界の3人に1人が肥満か過体重 世界規模で保健指導が必要
2017年06月21日
ブロッコリーで糖尿病を改善? 「スルフォラファン」が血糖値を下げる
2017年06月21日
糖尿病+高血圧 どうすれば治療を両立できる? 高血圧の治療が進歩
2017年06月21日
「健康長寿新ガイドライン」を策定 東京都健康長寿医療センター
2017年06月20日
「血糖トレンドを知るには。」を公開 血糖トレンドの情報ファイル
2017年06月19日
広がる電子母子手帳~健康情報を管理するアプリとも連携(神奈川県)
2017年06月16日
【健やか21】子ども外傷患者初期対応アセスメントシート 活用マニュアル
2017年06月15日
乳がん検診は今後はどう変わる? 「高濃度乳房」の実態調査を開始
2017年06月15日
食育推進計画を策定した市町村は78%に上昇 「平成28年度食育白書」
2017年06月15日
日本初の「心房細動リスクスコア」を開発 検診項目からリスクが分かる
2017年06月15日
赤ワインのポリフェノールで血管が柔らかく 糖尿病の動脈硬化も改善
2017年06月15日
内臓脂肪が増えるとがんリスクが上昇 腹囲の増加は「危険信号」
2017年06月15日
HbA1cを測定できる「ゆびさきセルフ測定室」 全国に1,500ヵ所以上
2017年06月08日
【健やか21】子ども・若者育成支援「専門分野横断的研修」研修生募集
2017年06月07日
若い世代の産業保健師を育成するプロジェクトがスタート
2017年06月07日
産業保健プロフェッショナルカンファレンス サイトを公開
2017年06月07日
糖尿病医療に貢献するビジネスプランを募集するコンテストを開始
2017年06月07日
健康に生きるための5つの「ライフ スキル」 人生で勝つために学びが必要
2017年06月07日
睡眠を改善するための10ヵ条 睡眠不足とメタボが重なると危険
2017年06月07日
「自分で測り健康データを収集」 5000人規模のコホート研究 東北大学
2017年06月07日
高尿酸血症が腎臓の機能障害の原因に 少しの異常でも腎臓に悪影響
2017年06月06日
「8020」を2人に1人以上が達成し過去最高に~平成28年歯科疾患実態調査
2017年06月06日
初の出生数100万人割れで過去最少 厚労省・人口動態統計月報年計
2017年06月02日
厚生労働省が平成28年の職場における熱中症死傷者発生状況を取りまとめ

おすすめニュース

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,135 人(2017年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶