ニュース

職場のがん検診 女性の受診率は3割台どまり 精密検査も伸び悩み

 厚生労働省は、企業の健康保険組合が実施するがん検診の実態調査の結果を公表した。胃がん、肺がん、大腸がんなどの検診の受診率は高いものの、女性の乳がんや子宮頸がんなどの検診受診率は伸び悩んでいる。「異常あり」と判定された場合の精密検査の受診率の向上も課題となっている。
職場のがん検診 精密検査の受診率が伸び悩んでいる

 厚生労働省は、企業の健康保険組合が実施するがん検診の実態調査の結果を公表した。健康診断などの機会にがん検診を受診している従業員の割合は、胃がん、肺がん、大腸がんでは6~7割と高い一方、乳がんや子宮頸がんなどの女性の検診受診率は3割台にとどまっていた。同省が職場のがん検診に関する実態調査をしたのは今回がはじめて。

 調査は昨年12月~今年1月、全国の1,406の健康保険組合にアンケートを送付、1,238の組合から回答を得た。▽胃がん、▽肺がん、▽大腸がん、▽乳がん、▽子宮頸がん、▽前立腺がん、▽肝臓がん、▽甲状腺がんについて、検診の実施状況を調べた。

 従業員の受診率は、肺がんがもっとも高く約72%、大腸がんは約61%、胃がん約57%、肝臓がん約50%に上り、国が目標とする5割を超えた。一方で乳がんは約35%、子宮頸がんは約32%と、婦人科系の受診率が低い傾向にあることが分かった。

 検診で異常がみつかった人のうち、精密検査を受けたのは肺がん45%、大腸がんで約45%、胃がんは約44%、肝臓がん約83%、乳がん約70%、子宮頸がん約65%にとどまり、精密検査(二次検診)の受診率の向上が課題となっていることが浮き彫りになった。

 健康保険組合(保険者)のがん検診の連絡方法は、「ポスターや広報などで、対象者全体に対して通知」(約69%)、「メールや手紙などで、対象者個人に対して通知」(約38%)となっており、精密検査が必要な従業員の把握方法は「検診機関が保険者に報告することになっている」(約80%)が多かった。

「異常あり」と判定されたら必ず精密検査を受けることが大切

 がん検診の目的は、早期発見により、そのがんで死亡する可能性を減少させることだ。がん検診の最大のメリットは、早期発見、早期治療による救命の効果だ。

 がん検診は、一見健康な人に対して、「がんの可能性がある(異常あり)」「可能性がない(異常なし)」を判定し、可能性がある人を精密検査で診断し、がんを早期発見することを目的としている。

 「がんの可能性がある(異常あり)」と判断された場合には、必ず「精密検査」を受診することが大切だ。精密検査を受診して「異常なし、または良性の病変」と判定された場合は次回の検診へ、「がん」と判定された場合は治療へ進むことががん検診の流れだ。途中で精密検査や治療を受けない場合は、がん検診の効果はなくなってしまう。

 自覚症状が起きてから外来を受診する場合には、進行したがんが多くみつかる。一方、がん検診は症状のない段階で受けるので、健康な人でも早期がんが多く発見さる。早期がんはほとんどが治癒が可能で、しかも治療の負担も少なくて済む。

 がん検診により発見されるがんの中には、生命予後に影響を与えない、すなわち死亡原因にならないものも含まれている。がん検診ではいわゆる前がん病変も発見されるからだ。大腸がんでの大腸腺腫(ポリープ)や、子宮頸がんでの異型上皮(がんになる前の状態)などがその例だ。

 こうした前がん病変は、それを治療することでがんになることを防ぐことができる。

 一方、がん検診によってがんの疑いがあると判定され、精密検査を行ってもがんがない場合も多くある。これを検診での「偽陽性」といい、一見すると不必要な検査にみえるが、がんの早期発見、早期治療のためにはある程度やむをえない。

 がん検診で「精密検査が必要」を判定された場合でも、必要以上に恐れず検査を受けることが、がんの早期発見や早期治療につながり、寿命を延ばすことができる。

第17回がん検診のあり方に関する検討会(厚生労働省 2016年5月12日)
関連する法律・制度を確認>>保健指導アトラス【がん対策基本法】
[Terahata]

「がん」に関するニュース

2017年12月07日
糖尿病と肥満が80万人のがんの原因に 肥満が原因のがんは54万例
2017年11月29日
「ウォーキング」で重要なのは継続 少し歩いただけで健康効果を得られる
2017年11月28日
【新連載】がん患者さんのアピアランス・サポート (みなとアピアランス・サポート相談室)
2017年11月22日
女性の6割は「乳がんを発症しても働く」 パートナーは「治療優先」希望
2017年11月08日
「第3期がん対策推進基本計画」目標受診率を50%に ゲノム医療も推進
2017年11月08日
血液検査で「9割」のがんを判別 膵臓、大腸、前立腺、乳、子宮体がん
2017年11月01日
高齢者に手厚い社会保障 「全世代型」の社会保障へ転換を 厚労白書
2017年11月01日
お酒を飲むと顔が赤くなる人は注意 飲み過ぎると怖い「がんリスクの上昇」
2017年11月01日
がんを発症した女性の仕事と治療の両立 「柔軟に働ける制度」が必要
2017年10月25日
「乳がん」早期発見のきっかけはセルフチェック 定期的な検診が決め手

最新ニュース

2017年12月11日
女性は健康維持にバランスの良い食事や歯磨き習慣-中高年者縦断調査
2017年12月08日
【健やか21】不育症治療の助成について(Fuiku-Faboフイクラボ)
2017年12月07日
冬のウォーキングの効果を高める5つの方法 寒い冬には注意が必要
2017年12月07日
米を中心とした日本型食生活が健康寿命を延ばす 食育健康サミット2017
2017年12月07日
糖尿病と肥満が80万人のがんの原因に 肥満が原因のがんは54万例
2017年12月07日
長野市が「ベジライフ宣言」で糖尿病対策 野菜から食べ30回噛む
2017年12月06日
【HAMIQ】認知症の社会的処方箋/おもいやり災害食認証制度
2017年12月04日
【新連載】超高齢社会への提言「エイジング・リテラシー」(有料老人ホーム入居支援センター)
2017年12月02日
浮世絵風のポスターなどでインフルエンザ予防を呼びかけ(東京都)
2017年12月01日
【健やか21】思春期アンケート「高校生の性交経験と生活環境・保健指導」
2017年12月01日
「新たな自殺総合対策に向けて」へるすあっぷ21 12月号
2017年11月30日
「心が健康な人」を増やす・支えていくことが産業保健師ならではのメンタルヘルス事業の心得【産保PC第3回レポート】
2017年11月30日
【くるみpro更新情報】クリスマスプレゼント付き資料請求実施中!
2017年11月30日
ママから笑顔がきえるとき―文京学院大が産後うつ予防リーフレット作成
2017年11月29日
食塩の摂取量を減らすと医療費を削減できる 「減塩」の効果は大きい
2017年11月29日
「ウォーキング」で重要なのは継続 少し歩いただけで健康効果を得られる
2017年11月29日
高カフェインの「エナジードリンク」で健康被害が 摂取の制限を検討
2017年11月29日
「早食い」が原因で肥満やメタボに よく噛んで食べるための6つの対策
2017年11月29日
糖尿病の男性は「ED」(勃起不全)のリスクが高い EDは治療できる
2017年11月28日
【新連載】がん患者さんのアピアランス・サポート (みなとアピアランス・サポート相談室)
2017年11月27日
【健やか21】産後うつ予防リーフレット・動画公開(文京学院大学)
2017年11月27日
【保健師募集】研修制度充実・人財育成に力を入れている鶯谷健診センター
2017年11月24日
【30名限定】すろかろアンバサダー第1期の募集をスタートします!
2017年11月24日
厚労省が年末年始に合わせて墜落・転落災害防止対策キャンペーンを実施
2017年11月22日
女性の6割は「乳がんを発症しても働く」 パートナーは「治療優先」希望
2017年11月22日
「健康づくり運動ポイント制度」で健康長寿を促進 和歌山県
2017年11月22日
「新型たばこ」に対し呼吸器学会が見解「健康に悪影響が出る可能性」
2017年11月22日
フレイルの高齢者、自立喪失リスクが約2.4倍に上昇 健康長寿医療センター
2017年11月21日
糖尿病の食事療法を継続するためのポイント 食を楽しみながら成功
2017年11月20日
スマホアプリを用いることで血糖コントロールが有意に改善
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,681 人(2017年12月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶