ニュース

「更年期障害」を天然の植物成分で治したい 効果・安全性は大丈夫?

 更年期障害に悩んでいるが「できるだけ薬に頼らず天然由来の植物成分で治療したい」という女性は多い。植物ベースの治療法が更年期症状を緩和する可能性について、オランダの研究チームが発表した。
更年期障害 大豆食品や大豆イソフラボンは「効果あり」
 閉経を迎える前後の更年期に、顔がほてるホットフラッシュや、汗が止まらなくなったり、めまいやだるさを感じたりといった「更年期障害」の症状に悩む女性が少なくない。

 女性の更年期障害の大きな要因はエストロゲンレベルの低下で、代表的な治療法はホルモン補充療法だ。エストロゲンを補う製剤には「のむタイプ」「貼るタイプ」「塗るタイプ」があり、利便性は向上している。

 しかし長期間使うと、子宮内膜増殖症や子宮体がんを発症するリスクが高まったり、ホルモンは肝臓で代謝されるので、肝機能が悪化している人はこの治療を受けることができないというデメリットがある。乳がん・心筋梗塞・脳卒中などの既往症がある人も、病気が悪化する可能性があるので原則的に行えない。

 そのため、漢方薬や向精神薬による薬物療法、カウンセリングなどに頼る女性もいる。また、「更年期障害に効く」とされるサプリメントや食品を試す女性は多い。

 では、これらの治療は実際に効果があるのか? オランダのエラスムス大学医療センターなどの研究チームが、欧米や中東、日本を含むアジアなど各国の更年期症状に悩む女性6,653人で植物由来のサプリメントや食品、漢方薬の効果を検証した。

 それによると、日本でもおなじみの豆腐や納豆など大豆食品や大豆イソフラボンのサプリメントに、一定の効果があることが示された。
植物ベースの治療には「効果を期待できない」ものも
 更年期のさまざまな症状に悩む女性が、「できるだけ薬に頼らず天然由来の植物成分で治したい」と考えるのは世界共通のようだ。欧米の40~50%の女性は植物療法などの代替療法を選択する傾向があるという。

 このうち特に広く利用されているのが、ホルモン補充療法に用いられるエストロゲンに似た作用を持つ「フィトエストロゲン」であるイソフラボンが豊富に含まれる大豆食品や大豆由来のサプリメントなどだ。

 研究チームは、植物ベースの治療による更年期症状への効果を検証した62件の臨床試験から合計6,653人の女性のデータを分析した。

 これらの代替的治療法と更年期症状との関連性については、ランダム化比較試験などが行われているが、規模が小さかったり、追跡期間が短い、最適以下の用量であるなどの理由から、はっきりとした結論は得られていないのが現状だ。

 研究のの結果、大豆製品や大豆由来のサプリメント、レッドクローバーなどのフィトエストロゲンの摂取によって、1日当たりのホットフラッシュの回数が平均で1.3回減り、膣の乾燥も軽減することが示された。ただ、寝汗の改善には関係していなかったという。

 植物ベースの治療では、イソフラボン含有量が大豆よりも多いとされるレッドクローバーや、ブラックコホシュなどのハーブ類、漢方薬なども使われているが、科学的正確さや研究の質の点でかなりの差異がみられた。

 ホットフラッシュや寝汗、膣の乾燥などへの効果が期待され、特に欧米諸国で広く使用されているハーブの「ラックコホシュ」関しては、いずれの更年期症状にも効果は示されなかった。

 その他、日本でも漢方薬としても使われている「カラトウキ」(セリ科トウキの根乾燥したもの)は、月経不順や更年期障害に効果があるとされるが、今回の研究では更年期症状を改善する効果は示されなかった。

 タデ科の植物の根茎である「ショクヨウダイオウ」や松樹皮エキスである「ピクノジェノール」などの植物ハーブは、欧米では治療薬として処方されることもあるが、効果には不明の点も多い。

 「これまで行われた研究は一貫性が欠如しており、根拠も確実なものではない。植物療法や自然療法と更年期症状との関連について、より詳しく科学的な検討が必要とされている」と研究者はまとめている。

Some Plant-Based Therapies Associated with Modest Improvement in Menopausal Symptoms(JAMA 2016年6月21日)
Use of Plant-Based Therapies and Menopausal Symptoms: A Systematic Review and Meta-analysis(JAMA 2016年6月21日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2017年06月21日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE)、東京CDS 講習会の日程を発表
2017年06月21日
日本の介護の現状をレポート 「介護社会」の本格的な到来に備える
2017年06月21日
世界の3人に1人が肥満か過体重 世界規模で保健指導が必要
2017年06月21日
ブロッコリーで糖尿病を改善? 「スルフォラファン」が血糖値を下げる
2017年06月21日
糖尿病+高血圧 どうすれば治療を両立できる? 高血圧の治療が進歩
2017年06月21日
「健康長寿新ガイドライン」を策定 東京都健康長寿医療センター
2017年06月20日
「血糖トレンドを知るには。」を公開 血糖トレンドの情報ファイル
2017年06月19日
広がる電子母子手帳~健康情報を管理するアプリとも連携(神奈川県)
2017年06月15日
乳がん検診は今後はどう変わる? 「高濃度乳房」の実態調査を開始
2017年06月15日
食育推進計画を策定した市町村は78%に上昇 「平成28年度食育白書」

最新ニュース

2017年06月26日
3つのアプリを開発「考えよう!いじめ・SNS@Tokyo」
2017年06月26日
子どもの健康の地域間格差が拡大している可能性を発表
2017年06月22日
【健やか21】子どもの健康の地域間格差が拡大している可能性
2017年06月21日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE)、東京CDS 講習会の日程を発表
2017年06月21日
日本の介護の現状をレポート 「介護社会」の本格的な到来に備える
2017年06月21日
世界の3人に1人が肥満か過体重 世界規模で保健指導が必要
2017年06月21日
ブロッコリーで糖尿病を改善? 「スルフォラファン」が血糖値を下げる
2017年06月21日
糖尿病+高血圧 どうすれば治療を両立できる? 高血圧の治療が進歩
2017年06月21日
「健康長寿新ガイドライン」を策定 東京都健康長寿医療センター
2017年06月20日
「血糖トレンドを知るには。」を公開 血糖トレンドの情報ファイル
2017年06月19日
広がる電子母子手帳~健康情報を管理するアプリとも連携(神奈川県)
2017年06月16日
【健やか21】子ども外傷患者初期対応アセスメントシート 活用マニュアル
2017年06月15日
乳がん検診は今後はどう変わる? 「高濃度乳房」の実態調査を開始
2017年06月15日
食育推進計画を策定した市町村は78%に上昇 「平成28年度食育白書」
2017年06月15日
日本初の「心房細動リスクスコア」を開発 検診項目からリスクが分かる
2017年06月15日
赤ワインのポリフェノールで血管が柔らかく 糖尿病の動脈硬化も改善
2017年06月15日
内臓脂肪が増えるとがんリスクが上昇 腹囲の増加は「危険信号」
2017年06月15日
HbA1cを測定できる「ゆびさきセルフ測定室」 全国に1,500ヵ所以上
2017年06月08日
【健やか21】子ども・若者育成支援「専門分野横断的研修」研修生募集
2017年06月07日
若い世代の産業保健師を育成するプロジェクトがスタート
2017年06月07日
産業保健プロフェッショナルカンファレンス サイトを公開
2017年06月07日
糖尿病医療に貢献するビジネスプランを募集するコンテストを開始
2017年06月07日
健康に生きるための5つの「ライフ スキル」 人生で勝つために学びが必要
2017年06月07日
睡眠を改善するための10ヵ条 睡眠不足とメタボが重なると危険
2017年06月07日
「自分で測り健康データを収集」 5000人規模のコホート研究 東北大学
2017年06月07日
高尿酸血症が腎臓の機能障害の原因に 少しの異常でも腎臓に悪影響
2017年06月06日
「8020」を2人に1人以上が達成し過去最高に~平成28年歯科疾患実態調査
2017年06月06日
初の出生数100万人割れで過去最少 厚労省・人口動態統計月報年計
2017年06月02日
厚生労働省が平成28年の職場における熱中症死傷者発生状況を取りまとめ
2017年06月02日
【健やか21】育児休業取得者微増(女性81.8%、男性3.16%)

おすすめニュース

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,135 人(2017年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶