ニュース

「更年期障害」を天然の植物成分で治したい 効果・安全性は大丈夫?

 更年期障害に悩んでいるが「できるだけ薬に頼らず天然由来の植物成分で治療したい」という女性は多い。植物ベースの治療法が更年期症状を緩和する可能性について、オランダの研究チームが発表した。
更年期障害 大豆食品や大豆イソフラボンは「効果あり」
 閉経を迎える前後の更年期に、顔がほてるホットフラッシュや、汗が止まらなくなったり、めまいやだるさを感じたりといった「更年期障害」の症状に悩む女性が少なくない。

 女性の更年期障害の大きな要因はエストロゲンレベルの低下で、代表的な治療法はホルモン補充療法だ。エストロゲンを補う製剤には「のむタイプ」「貼るタイプ」「塗るタイプ」があり、利便性は向上している。

 しかし長期間使うと、子宮内膜増殖症や子宮体がんを発症するリスクが高まったり、ホルモンは肝臓で代謝されるので、肝機能が悪化している人はこの治療を受けることができないというデメリットがある。乳がん・心筋梗塞・脳卒中などの既往症がある人も、病気が悪化する可能性があるので原則的に行えない。

 そのため、漢方薬や向精神薬による薬物療法、カウンセリングなどに頼る女性もいる。また、「更年期障害に効く」とされるサプリメントや食品を試す女性は多い。

 では、これらの治療は実際に効果があるのか? オランダのエラスムス大学医療センターなどの研究チームが、欧米や中東、日本を含むアジアなど各国の更年期症状に悩む女性6,653人で植物由来のサプリメントや食品、漢方薬の効果を検証した。

 それによると、日本でもおなじみの豆腐や納豆など大豆食品や大豆イソフラボンのサプリメントに、一定の効果があることが示された。
植物ベースの治療には「効果を期待できない」ものも
 更年期のさまざまな症状に悩む女性が、「できるだけ薬に頼らず天然由来の植物成分で治したい」と考えるのは世界共通のようだ。欧米の40~50%の女性は植物療法などの代替療法を選択する傾向があるという。

 このうち特に広く利用されているのが、ホルモン補充療法に用いられるエストロゲンに似た作用を持つ「フィトエストロゲン」であるイソフラボンが豊富に含まれる大豆食品や大豆由来のサプリメントなどだ。

 研究チームは、植物ベースの治療による更年期症状への効果を検証した62件の臨床試験から合計6,653人の女性のデータを分析した。

 これらの代替的治療法と更年期症状との関連性については、ランダム化比較試験などが行われているが、規模が小さかったり、追跡期間が短い、最適以下の用量であるなどの理由から、はっきりとした結論は得られていないのが現状だ。

 研究のの結果、大豆製品や大豆由来のサプリメント、レッドクローバーなどのフィトエストロゲンの摂取によって、1日当たりのホットフラッシュの回数が平均で1.3回減り、膣の乾燥も軽減することが示された。ただ、寝汗の改善には関係していなかったという。

 植物ベースの治療では、イソフラボン含有量が大豆よりも多いとされるレッドクローバーや、ブラックコホシュなどのハーブ類、漢方薬なども使われているが、科学的正確さや研究の質の点でかなりの差異がみられた。

 ホットフラッシュや寝汗、膣の乾燥などへの効果が期待され、特に欧米諸国で広く使用されているハーブの「ラックコホシュ」関しては、いずれの更年期症状にも効果は示されなかった。

 その他、日本でも漢方薬としても使われている「カラトウキ」(セリ科トウキの根乾燥したもの)は、月経不順や更年期障害に効果があるとされるが、今回の研究では更年期症状を改善する効果は示されなかった。

 タデ科の植物の根茎である「ショクヨウダイオウ」や松樹皮エキスである「ピクノジェノール」などの植物ハーブは、欧米では治療薬として処方されることもあるが、効果には不明の点も多い。

 「これまで行われた研究は一貫性が欠如しており、根拠も確実なものではない。植物療法や自然療法と更年期症状との関連について、より詳しく科学的な検討が必要とされている」と研究者はまとめている。

Some Plant-Based Therapies Associated with Modest Improvement in Menopausal Symptoms(JAMA 2016年6月21日)
Use of Plant-Based Therapies and Menopausal Symptoms: A Systematic Review and Meta-analysis(JAMA 2016年6月21日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2017年10月19日
【追加募集決定!】「糖をはかる日」クッキングセミナー
2017年10月18日
「買物弱者」問題は深刻 700万人に増加 対策事業の半数以上が赤字
2017年10月18日
脳の健康を保つための「ライフ シンプル 7」 認知症は予防できる
2017年10月18日
結婚生活が安定すると男性の肥満や健康状態は改善 夫婦仲が健康に影響
2017年10月18日
心・脳血管疾患に注意 3人に1人が「発症前に知っていたら」と後悔
2017年10月18日
1回の採血で「4年以内の糖尿病発症リスク」を判定 アミノ酸バランスに着目
2017年10月18日
在宅介護高齢者の4人に1人が睡眠薬を使用 ケアマネジャー「見直し必要」
2017年10月17日
【アンケート協力のお願い】第3期特定健診・特定保健指導の改正内容について(保健指導従事者実態調査)
2017年10月12日
30代後半女性の体力が最低に 高齢者は過去最高 体力・運動能力調査
2017年10月12日
「薬剤耐性」(AMR)問題を知ろう AMR対策アクションプランで啓発を開始

最新ニュース

2017年10月20日
【健やか21】養護教諭225名へのアンケート「生徒の"スマホ老眼"が増加」
2017年10月19日
【追加募集決定!】「糖をはかる日」クッキングセミナー
2017年10月19日
賞金5万円「全国生活習慣病予防月間2018」川柳とイラストを募集
2017年10月18日
「買物弱者」問題は深刻 700万人に増加 対策事業の半数以上が赤字
2017年10月18日
脳の健康を保つための「ライフ シンプル 7」 認知症は予防できる
2017年10月18日
結婚生活が安定すると男性の肥満や健康状態は改善 夫婦仲が健康に影響
2017年10月18日
心・脳血管疾患に注意 3人に1人が「発症前に知っていたら」と後悔
2017年10月18日
1回の採血で「4年以内の糖尿病発症リスク」を判定 アミノ酸バランスに着目
2017年10月18日
在宅介護高齢者の4人に1人が睡眠薬を使用 ケアマネジャー「見直し必要」
2017年10月17日
【アンケート協力のお願い】第3期特定健診・特定保健指導の改正内容について(保健指導従事者実態調査)
2017年10月17日
【生活習慣病予防月間2018】インスタグラムキャンペーン 「少食ごはん」 募集中!
2017年10月16日
【HAMIQ】医療機関・介護機関の皆様へ~会員募集中~
2017年10月13日
【連載更新】高齢者の外出、移動の問題を考える No.3
2017年10月12日
30代後半女性の体力が最低に 高齢者は過去最高 体力・運動能力調査
2017年10月12日
「薬剤耐性」(AMR)問題を知ろう AMR対策アクションプランで啓発を開始
2017年10月12日
【健やか21】孫育てのススメ(祖父母手帳)の発行(鳥取県)
2017年10月12日
禁煙治療のアプリを開発 空白期間をフォロー 日本初の治験を開始
2017年10月12日
妊娠中うつ症状の発症に食事パターンが影響 「日本型」では発症が少ない
2017年10月11日
厚労省が過労死等防止対策白書を公表~現状や調査研究結果を報告
2017年10月06日
「血糖値スパイク」を食事と運動で改善 「糖をはかる日」講演会(1)
2017年10月06日
「血糖値スパイク」を薬物療法で改善 「糖をはかる日」講演会(2)
2017年10月06日
【健やか21】0歳児身長が伸びやすい季節は夏(育児ビッグデータ解析より)
2017年10月05日
【連載更新】心とからだにかかわる専門職の人材育成/スーパー売り場での気づきから開業保健師へ
2017年10月04日
10月は「乳がん啓発月間」 定期的なマンモグラフィ検診は効果的
2017年10月03日
妻が肥満だと夫は糖尿病になりやすい 家族対象の保健指導が効果的
2017年10月03日
「低カロリー食」で老化を防げて寿命も延びる 腹八分目で若返ろう
2017年10月03日
うつ病のリスクは魚を食べると減少 「n-3系脂肪酸」の予防効果
2017年10月03日
医療費抑制 27%が「患者の負担増」に理解 65歳以上でも3割 健保連調査
2017年10月03日
スニーカー通勤でウォーキング スポーツ庁「FUN+WALK PROJECT」
2017年10月03日
「AMR対策いきまぁーす!」―厚労省がガンダムとコラボし啓発活動を実施
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,501 人(2017年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶