• トップページ
  • ニュース
  • 資料更新情報
  • 講習会・セミナー
  • 健診・検診
  • 特定保健指導
  • 産業保健
  • 地域保健
  • 学校保健
最新ニュース
母親の有職割合が増加 ~厚労省・21世紀出生児横断調査
2016.11.07
 厚生労働省はこのほど「21世紀出生児横断調査」について、平成13年出生児の第14回調査と、平成22年出生児の第5回調査の結果を取りまとめ、公表した。

 同調査は調査対象児について、生活実態や経済変化の状況を継続的に観察するために行われている。平成13年と平成22年の一定期間内に生まれた児童を対象にしており、比較対象などを行う目的もある。今回、発表された調査での子どもの年齢は、平成13年出生児が14歳(中2)、平成22年生まれが4歳6ヶ月となっている。

母親の約8割が有職 ~平成13年出生児の第14回調査
 有職の母親の割合は、出産半年後に行われた第1回調査から年々、増加しており、子どもが中2となった今回の調査では、およそ8割を示した。中1で行われた前回調査と比べると、無職であった母親のうち約25%が有職(パート・アルバイトが最多)となった。

 子どもに悩みや不安があるか尋ねた調査では、中1での前回調査に比べて増加しているが、特に女児は全体の5割を超えていることが明らかになった。悩みや不安の種類は「進路に関すること」が増加している。

 子ども自身が考える将来は、「大学卒業後に働くことを考えている」が最も高かった。結婚については、男児の約半数が具体的に考えていないのに対し、女児は約6割が20代で結婚したいと考えていた。

母親が有職の割合は平成13年調査より増加 ~平成22年出生児の第5回調査
 母親が有職の割合は、子どもが4歳6ヶ月時点で行われた今回調査では58.2%となった。この値は、平成13年出生児を対象に行われた同時期の調査(以下、平成13年調査)より11.4%高い。出産1年前から就業状態が「勤め(常勤)」だった母親で、第1回から第5回調査まで継続して「勤め(常勤)」状態にある人の割合は44.5%で、平成13年調査より11.8%高いことも分かった。

 父母の喫煙状況を調べた調査では、母がたばこを「吸っている」割合は8.1%、父が「吸っている」割合は38.0%。いずれも平成13年調査より減少している。

 「保育所等の利用状況」では、保育所、認定こども園、幼稚園等を「利用している」割合は92.0%だった。

第14回21世紀出生児縦断調査(平成13年出生児)及び第5回21世紀出生児縦断調査(平成22年出生児)の概況(厚生労働省)

(yoshioka)
©2017 日本医療・健康情報研究所. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

点線
▶ 過去の記事
 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 |
■ 最新ニュース一覧
▶ 過去の記事
 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 |