ニュース

【HAMIQ更新】全国各地の「地域版次世代ヘルスケア産業協議会」

 九州ヘルスケア産業推進協議会(HAMIQ)ホームページに、全国の産業界における医療・健康分野の技術開発、先進的取組事例の情報を追加しました。

全国各地で「地域版次世代ヘルスケア産業協議会」が設立されています

 九州ヘルスケア産業推進協議会(HAMIQ)を含む、地域版次世代ヘルスケア産業協議会の一覧 (平成28年10月末時点)を掲載しております。PDF一覧内にはHPや連絡先の記載もありますので、是非、各団体の取り組みをご覧ください。

詳細は、医療・健康産業フロントライン

最新情報(2016年10月15日更新)
・【神奈川県】ロボット体験施設 in 秦野住宅公園
・世界糖尿病デーに向けて、栄養バランスに配慮したお弁当を発売~セブンイレブン・ジャパンと共同企画~"
・ロボットアプリ開発実績トップクラスの2社株式会社ヘッドウォータースとフューブライト・コミュニケーションズ株式会社が戦略的協業を開始
・会津若松市における総務省「IoTサービス創出支援事業」への参画について- 睡眠データを可視化して健康管理を支援する睡眠モニタリングシステムを提供 -
・これからの「在宅医療」を支える、身近な事業所を徹底調査「在宅訪問医療ガイド2016」第4弾・東京都城東エリアで発行
・着衣型ウェアラブルの社会的活用を見据えたヘルスケア実証実験を開始
・「第59回HL7セミナー」で、「医療・ヘルスケア関連システムにおけるHL7標準の実装状況」について発表します。[横浜開催]
・ResearchKitを活用したiPhoneアプリケーション「ドライアイリズム」を順天堂大学と共同で開発。 本日よりAppStoreで配信開始。
・【経済産業省】全国各地で「地域版次世代ヘルスケア産業協議会」が設立されています
・経済産業省主催「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2017」 ビジネス、及び、サポート企業の募集( 株式会社日本総合研究所)

他にも医療・健康分野の技術開発、先進的取組などの最新情報多数!

九州ヘルスケア産業推進協議会(通称:HAMIQ)とは?

 日本が直面している医療・健康分野の諸課題に対し、医療機器および医療・健康サービスなどの「ヘルスケア産業」の創出を通じて、九州が課題解決の先進地域となることを目指し、さまざまな事業を展開しています。

 毎月2回、最新の医療・健康関連のニュースと、ヘルスケア産業の発信するリリースを紹介しています。

医療・健康レポート&トピックス
 国内外の医療・健康分野のニーズ、製品の研究・開発につながる調査統計データや研究情報に関するニュースを配信します。

医療・健康産業フロントライン
 全国の企業・行政・団体が配信する医療・健康分野の技術開発、先進的取組事例についての最新情報をピックアップしてご紹介します。

[soshinsha]

「産業保健」に関するニュース

2019年12月12日
【セミナーレポート】疾病リスクマーカーとして注目すべき尿酸値に関する新知見
2019年12月12日
厚労省が「高齢者の特性を踏まえた保健事業ガイドライン第2版」を公表
2019年12月11日
抗菌薬・抗生物質が効かない「薬剤耐性菌(AMR)」 年間8,000人超が死亡 対策は進んでいる
2019年12月11日
「ドライアイ」で苦しむ人は働き盛り世代に多い スマホを利用した「クラウド型臨床研究」で明らかに
2019年12月11日
「よく噛んで食事をする」と食後の血糖上昇を抑えられる 「よく噛む」食事法は朝と夜で効果に差が
2019年12月10日
通勤手段で肥満・メタボに対策 徒歩・自転車・公共交通が有利 日本の労働者3万人を5年間調査
2019年12月10日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 入浴中の事故死は冬に集中 血圧変動に注意
2019年12月05日
働く世代の仕事と健康管理に変化が起きている 厚労省「成年者縦断調査」「中高年者縦断調査」
2019年12月05日
健診結果から3年以内の糖尿病発症リスクを予測 国際医療研究センター「糖尿病リスク予測ツール」
2019年12月04日
睡眠不足が肥満やメタボを悪化させる 脂質代謝にも異常が 睡眠を改善する3つの方法
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 9,332 人(2020年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶