ニュース

11/25~12/1は「性の健康週間」 市民公開講座開催

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」より、学校保健・母子保健に関する最新情報をピックアップ。

最近の梅毒の急増など若者の性感染症は深刻な状況です。
(財団法人 性の健康医学財団)

平成28年度(第16回)
性の健康週間 市民公開講座
2016年12月4日(日)
 どうすれば、若者を性感染症から守ることができるのでしょうか?市民の皆さんとともに考えたいと思います。

 性の健康医学財団は、毎年11月25日から世界エイズデーの12月1日までの1週間を「性の健康週間」と位置づけ、特にこの期間を中心に積極的な性感染症予防のための普及啓発を呼びかけています。ぜひ、ご関心をお寄せください。 (続く)


他にも学校保健・母子保健に関する最新情報多数!!!

最新トピックス(2016年11月25日更新)


    ・報道発表「暖房器具等での子供のやけど及びけがに気を付けましょう」の掲載について(消費者庁)
    ・報道発表?性感染症の予防啓発で「美少女戦士セーラームーン」とのコラボレーションポスターなどを作成の掲載について(厚生労働省)
    ・子どもサポート情報「タバコの誤飲 子どもの手の届くところに置かないで!」の掲載について(国民生活センター)
    ・危険情報「乳幼児のベッド・おむつ交換台などからの転落事故に注意!」の掲載について(東京都生活文化局)
    ・平成28年度(第16回) 性の健康週間 市民公開講座「若者を性感染症から守るために」の開催について(性の健康医学財団)
    ・「母乳育児の子には母乳育児専用の発育曲線を2015年改訂版」の掲載について(日本母乳哺育学会)
    ・注意喚起情報に「子ども服の安全基準に関するリーフレット」(経済産業省)を追加しました
    ・病弱教育セミナー2017の開催について(難病のこども支援全国ネットワーク)
    ・地域だより「事故防止の取組について?眼部の事故編?」の掲載について(日本スポーツ振興センター)

    ※詳しい情報は、健やか親子21(第2次)ホームページを参照。

「健やか親子21」とは?母子の健康水準を向上のための国民運動計画

 「健やか親子21」は、平成13年から始まった母子の健康水準を向上させるための様々な取組を、みんなで推進する国民運動計画。

 平成27年度からは、現状の課題を踏まえ新たな計画(~平成36年度)が始まりました。

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」は、情報収集や情報を共有することによる交流・連携ができる有用なツールとして、様々な活動に役立つことが目的。

健やか親子21(第2次)ホームページ
2015年度 トピックス一覧

[soshinsha]

「地域保健」に関するニュース

2019年10月21日
世田谷区、江戸川区、荒川区が児童相談所を設置へ―新宿区は開設延期
2019年10月18日
わずか3%の減量で肥満・メタボを改善 肥満解消のための実践的取組みを紹介 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年10月18日
【健やか21】「避難所等で生活している妊産婦、乳幼児の支援のポイント」を公開
2019年10月16日
「大豆」がコレステロールや血糖を下げる 大豆を使用した代替肉が人気
2019年10月16日
糖質の多い甘い飲料が肥満・メタボを悪くする 内臓脂肪が増え脂質代謝のリズムも乱れる
2019年10月15日
【PR】【プレゼント】驚きのふっくらもちもち食感!「糀入りもちもち玄米」サンプル12パック 栄養指導にも大活躍!
2019年10月15日
「職場における受動喫煙防止のためのガイドライン」を公表 厚労省
2019年10月15日
乳がんとアピアランスケアに関する意識調査 外見のケアに悩むがんの女性は多い
2019年10月11日
【健やか21】 第2回・第3回「健やか親子21(第2次)」の中間評価等に関する検討会  議事録を公開
2019年10月08日
地域保健と職域保健の連携を強化 これからの地域・職域連携推進の在り方に関する検討会が報告書
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶