ニュース

11/25~12/1は「性の健康週間」 市民公開講座開催

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」より、学校保健・母子保健に関する最新情報をピックアップ。

最近の梅毒の急増など若者の性感染症は深刻な状況です。
(財団法人 性の健康医学財団)

平成28年度(第16回)
性の健康週間 市民公開講座
2016年12月4日(日)
 どうすれば、若者を性感染症から守ることができるのでしょうか?市民の皆さんとともに考えたいと思います。

 性の健康医学財団は、毎年11月25日から世界エイズデーの12月1日までの1週間を「性の健康週間」と位置づけ、特にこの期間を中心に積極的な性感染症予防のための普及啓発を呼びかけています。ぜひ、ご関心をお寄せください。 (続く)


他にも学校保健・母子保健に関する最新情報多数!!!

最新トピックス(2016年11月25日更新)


    ・報道発表「暖房器具等での子供のやけど及びけがに気を付けましょう」の掲載について(消費者庁)
    ・報道発表?性感染症の予防啓発で「美少女戦士セーラームーン」とのコラボレーションポスターなどを作成の掲載について(厚生労働省)
    ・子どもサポート情報「タバコの誤飲 子どもの手の届くところに置かないで!」の掲載について(国民生活センター)
    ・危険情報「乳幼児のベッド・おむつ交換台などからの転落事故に注意!」の掲載について(東京都生活文化局)
    ・平成28年度(第16回) 性の健康週間 市民公開講座「若者を性感染症から守るために」の開催について(性の健康医学財団)
    ・「母乳育児の子には母乳育児専用の発育曲線を2015年改訂版」の掲載について(日本母乳哺育学会)
    ・注意喚起情報に「子ども服の安全基準に関するリーフレット」(経済産業省)を追加しました
    ・病弱教育セミナー2017の開催について(難病のこども支援全国ネットワーク)
    ・地域だより「事故防止の取組について?眼部の事故編?」の掲載について(日本スポーツ振興センター)

    ※詳しい情報は、健やか親子21(第2次)ホームページを参照。

「健やか親子21」とは?母子の健康水準を向上のための国民運動計画

 「健やか親子21」は、平成13年から始まった母子の健康水準を向上させるための様々な取組を、みんなで推進する国民運動計画。

 平成27年度からは、現状の課題を踏まえ新たな計画(~平成36年度)が始まりました。

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」は、情報収集や情報を共有することによる交流・連携ができる有用なツールとして、様々な活動に役立つことが目的。

健やか親子21(第2次)ホームページ
2015年度 トピックス一覧

[soshinsha]

「地域保健」に関するニュース

2019年12月12日
厚労省が「高齢者の特性を踏まえた保健事業ガイドライン第2版」を公表
2019年12月11日
抗菌薬・抗生物質が効かない「薬剤耐性菌(AMR)」 年間8,000人超が死亡 対策は進んでいる
2019年12月11日
「ドライアイ」で苦しむ人は働き盛り世代に多い スマホを利用した「クラウド型臨床研究」で明らかに
2019年12月11日
「よく噛んで食事をする」と食後の血糖上昇を抑えられる 「よく噛む」食事法は朝と夜で効果に差が
2019年12月10日
通勤手段で肥満・メタボに対策 徒歩・自転車・公共交通が有利 日本の労働者3万人を5年間調査
2019年12月10日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 入浴中の事故死は冬に集中 血圧変動に注意
2019年12月09日
農林水産省が『みんなの食育白書―平成30年度―』を作成
2019年12月05日
働く世代の仕事と健康管理に変化が起きている 厚労省「成年者縦断調査」「中高年者縦断調査」
2019年12月05日
健診結果から3年以内の糖尿病発症リスクを予測 国際医療研究センター「糖尿病リスク予測ツール」
2019年12月05日
【健やか21】改正母子保健法が成立しました
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 9,332 人(2020年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶