ニュース

インフルエンザ感染を防ぐポイント(政府広報オンライン)

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」より、学校保健・母子保健に関する最新情報をピックアップ。

お役立ち記事『インフルエンザの感染を防ぐポイント 「手洗い」「マスク着用」「咳(せき)エチケット」』の掲載について(政府広報オンライン)


  毎年秋から冬にかけては、インフルエンザの流行シーズンです。高熱や関節の痛みなどを伴い、人によっては重症化するおそれもあります。流行を防ぐためには、原因となるウイルスを体内に侵入させないことや周囲にうつさないようにすることが重要です。インフルエンザの感染を広げないために、一人一人が 「かからない」「うつさない」対策を実践しましょう。 (続く)


他にも学校保健・母子保健に関する最新情報多数!!!

最新トピックス(2016年12月1日更新)


    ・通知文「通学路の交通安全の確保の徹底について」の発表について(文部科学省)
    ・お役立ち記事『インフルエンザの感染を防ぐポイント 「手洗い」「マスク着用」「咳(せき)エチケット」』の掲載について(政府広報オンライン)
    ・リーフレット「薬物乱用は「ダメ。ゼッタイ。」子供たちを薬物乱用から守るために(小学6年生保護者向け) 」の公開について(厚生労働省)
    ・リーフレット 「薬物について誤解をしていませんか(高校卒業予定者向け)」の公開について(厚生労働省)
    ・「麻しんについて」のページ開設について(厚生労働省)
    ・お役立ち記事「生まれてくる赤ちゃんのために 防ごう! 大人の風しん」の掲載について(政府広報オンライン)
    ・子ども安全メール「家庭内での製品事故を防ぎましょう!」の掲載について(消費者庁)
    ・「宅配ボックスへの子供の閉じ込め事故に注意!」の情報掲載について(東京都生活文化局)
    ・医療機関内の保育施設を地域に開放し、子育て家族を支援する活動へのクラウドファンディングの案内掲載について(日本臨床心理士会)

    ※詳しい情報は、健やか親子21(第2次)ホームページを参照。

「健やか親子21」とは?母子の健康水準を向上のための国民運動計画

 「健やか親子21」は、平成13年から始まった母子の健康水準を向上させるための様々な取組を、みんなで推進する国民運動計画。

 平成27年度からは、現状の課題を踏まえ新たな計画(~平成36年度)が始まりました。

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」は、情報収集や情報を共有することによる交流・連携ができる有用なツールとして、様々な活動に役立つことが目的。

健やか親子21(第2次)ホームページ
2015年度 トピックス一覧

[soshinsha]

「学校保健」に関するニュース

2020年11月09日
ウォーキングなどの運動が体と心を健康にする がんサバイバーにも恩恵 どんな運動が良いのか?
2020年11月06日
【健やか21】マスク等の着用が困難な状態にある発達障害のある方等への理解について(厚生労働省)
2020年11月02日
【2019年国民健康・栄養調査2】男性の38%、女性の41%が「睡眠時間が6時間未満」 喫煙率は10年間で最低を更新
2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」ー令和元年「国民健康・栄養調査」の結果(厚生労働省)
2020年10月27日
睡眠が足りていないと「人生を楽しめなくなる」との研究結果 睡眠不足でストレス反応が悪化
2020年10月27日
【子宮頸がん】HPVワクチン推奨中止により子宮頸がんが急増 1万7000人の女性が発症 一刻も早いワクチンの積極的勧奨の再開を
2020年10月27日
【新型コロナ】マスク着用は効果がある ウイルスの吸い込みと拡散を両方減らす効果が
2020年10月23日
【健やか21】「コロナ禍における自殺の動向に関する分析(緊急レポート)」の報告(中間報告)について(いのち支える自殺対策推進センター)
2020年10月19日
【新型コロナ】世界メンタルヘルスデー コロナ禍によるストレスは深刻 早急なサポートが必要
2020年10月19日
【新型コロナ】飲食店での会食による感染例を国立感染研が公表 どうすれば感染を防げる?
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,253 人(2020年11月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶