• トップページ
  • ニュース
  • 資料更新情報
  • 講習会・セミナー
  • 健診・検診
  • 特定保健指導
  • 産業保健
  • 地域保健
  • 学校保健
最新ニュース
特定健診受診者の6割が「血圧」「脂質」「血糖」リスクあり 270万人を調査
2017.02.23
 2014年度に特定健康診査(特定健診)を受診した健保組合被保険者(40~74歳)の6割が「血圧」「脂質」「血糖」の何らかのリスクをもっており、リスクのある人では本態性(原発性)高血圧症がもっとも多く、生活習慣病関連疾患が上位を占める――健康保険組合連合会(健保連)の調査で最新の状況が明らかになった。
受診者の6割が「血圧」「脂質」「血糖」のリスクあり
 健康保険組合連合会(健保連)は、2014年度の特定健診を受診した被保険者(40~74歳)を対象に、「被保険者(40~74歳)の健康状態と生活習慣病に関する調査分析」を実施した。

 特定健診を受診した被保険者270万4,001人(男性 202万3,161人、女性 68万840人)を対象に、問診回答による食習慣や「肥満」の状況のほか、「血圧」「脂質」「血糖」の健診検査値が保健指導基準値以上(受診勧奨基準値を含む)の該当者の割合並びにこれら業態別の傾向について調査した。

 それによると、「肥満」に該当する者の割合は40.8%で、男女別にみると、「肥満」は男性で48.1%、女性で19.2%と、男性の割合が圧倒的に高い。

 「肥満」の該当者を業態別にみると、(1)建設業(50.0%)、(2)運輸業(46.5%)、(3)その他のサービス業(45.7%)で比較的高い割合となっている。

 「血圧」「脂質」「血糖」の検査値において、いずれのリスクも保有していない者の割合は全体の39.0%となっており、約6割が何らかのリスクを保有している。
「肥満」リスク保有者では「本態性高血圧」がトップ
 健診検査値のリスク該当者が多いのは、(1)「血圧」(14.1%)、(2)「血糖」(12.6%)、「血圧」「血糖」(9.5%)となっている。男女別にみると、「リスクなし」は男性 31.4%、女性 61.4%となっており、リスクを保有している者の割合は男性では約7割、女性では約4割と、男性が圧倒的に多い。
 内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)該当者の割合は15.0%となっており、業態別にみると、(1)建設業(20.2%)、(2)運輸業(同)、(3)印刷・同関連業(17.6%)で比較的高い割合となっている。

 健保連では、2014年度の特定健診を受診した被保険者で、かつ翌27年度のレセプトデータと紐付きが可能な156万8,373人(男性:124万3,351人、女性:32万5,022人)を対象に、「高血圧症」「脂質異常症」「糖尿病」の3疾患のレセプト発生状況や健診検査値のリスク別の有病者数上位10疾患についても調査した。

 それによると、入院外における「高血圧症」「脂質異常症」「糖尿病」の3疾患の有病者割合は全体の25.5%となっており、疾患別にみると、「高血圧症」(13.7%)、「脂質異常症」(7.4%)、「糖尿病」(7.7%)となっている。

 「肥満」のリスク保有者で多くみられる疾患は、「本態性高血圧」(23.4%)、「血管運動性鼻炎・アレルギー性鼻炎」(13.0%)、「リポたんぱく代謝障害・その他脂質血症」(10.7%)、「糖尿病」(9.8%)、「急性気管支炎」(9.6%)、となっている。

 健康リスク保有者でもっとも多くみられる疾患は「高血圧」で、生活習慣の改善などによるリスク低減による「高血圧の改善」により、脳卒中や心筋梗塞などの循環器系疾患の罹患者の減少に結びつけることができそうだ。
健康保険組合連合会(健保連) 統計データ
(Terahata)
©2017 日本医療・健康情報研究所. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

点線
▶ 過去の記事
 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 |
■ 最新ニュース一覧
▶ 過去の記事
 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 |