ニュース

がん5年後生存率が69%に 10年生存率は58%余 がん研究センター

 国立がん研究センターは、全国45万3,035症例のデータをもとに、がん患者全体の5年生存率は69.4%、10年生存率は58.5%だったとする調査結果を公表した。
がん生存率が向上 がん医療の進歩が影響
 調査は国立がん研究センターの研究班が、去年から毎年公表しているもので、今年は、2003年までの4年間に全国のがん専門病院など32の医療機関で、がんと診断された患者約4万5,000人のデータをもとに、18種類のがんについて診断から5年後と10年後の相対生存率をまとめた。

 その結果、がん患者全体の5年後の相対生存率は69.4%、10年後の相対生存率は58.5%だった。

 集計対象となったのは、5年相対生存率が2006年~2008年に診断治療を行い、一定の条件を満たした12万1,263症例。10年相対生存率は、2000年から2003年に診断治療を行った症例のうち、一定の条件を満たした4万5,359症例。

 全部位全臨床病期の5年相対生存率は、1997年の62.0%から徐々に改善している。検診などによる早期発見の取り組みや、内視鏡治療、抗がん剤や放射線治療などがん医療の進歩が生存率の向上につながったとみられる。

 研究チームは「約10年以上前にがんにかかった人の生存率は向上している。現在はさらに治療が進歩しているので、今後も治療成績は向上するとみられる」と指摘している。
がんの早期発見の重要性が明確に 「主要五大がん」で生存率に差
 がんの中でも「肺がん」「大腸がん」「乳がん」「胃がん」「子宮がん」は、死亡者数が多く、がん検診の効果が科学的に証明されており、「主要五大がん」と言われている。

 全症例の相対生存率は、進行度を示すステージ1からステージ4までを合わせた生存率。どの部位のがんもステージ1の生存率は進行したステージ4よりも際立って高い。

 ステージ1だけをみると、5年相対生存率は、「大腸がん」「乳がん」「胃がん」「子宮がん」は90%を超えており、「肺がん」でも80%を超えている。

 しかし、ステージ4の生存率は、「肺がん」4.8%、「大腸がん」19.6%、「乳がん」、「胃がん」7.3%と大きく低下する。

 「五大がん」の生存率を高めるために必要なのは、がん検診の普及による早期発見・治療だ。がん治療では、検診でがんを早期発見することが、いかに大切かが示されている。

 一方、早期発見が難しい肝臓や膵臓のがんはステージ1でも40~50%で、ステージ4では1~3%に下がる。膵臓がんに代表される難治がんの効果的な治療法開発も重要な課題となっている。

5年相対生存率

肺がん
全症例:44.7%、ステージ1:83.8%、ステージ2:50.1%、ステージ3:22.4%、ステージ4:4.8%

大腸がん
全症例:76.3%、ステージ1:98.9%、ステージ2:91.6%、ステージ3:84.3%、ステージ4:19.6%

乳がん
全症例:93.6%、ステージ1:100.0%、ステージ2:95.7%、ステージ3:82.6%、ステージ4:34.9%

胃がん
全症例:74.5%、ステージ1:98.1%、ステージ2:66.4%、ステージ3:47.3%、ステージ4:7.3%

子宮がん
全症例:86.4%、ステージ1:95.7%、ステージ2:87.8%、ステージ3:70.9%、ステージ4:15.5%

10年相対生存率

肺がん
全症例:32.6%、ステージ1:68.3%、ステージ2:28.8%、ステージ3:16.0%、ステージ4:3.4%

大腸がん
全症例:69.2%、ステージ1:95.3%、ステージ2:81.5%、ステージ3:74.3%、ステージ4:8.3%

乳がん
全症例:81.7%、ステージ1:95.0%、ステージ2:86.2%、ステージ3:54.7%、ステージ4:14.5%

胃がん
全症例:67.3%、ステージ1:93.9%、ステージ2:55.8%、ステージ3:38.1%、ステージ4:7.0%

子宮がん
全症例:81.9%、ステージ1:93.8%、ステージ2:76.5%、ステージ3:57.1%、ステージ4:9.3%

 なお、今回発表するデータは、全国がん(成人病)センター協議会(全がん協)の協力を得て集計したもの。診断治療症例について部位別5年相対生存率、10年相対生存率は集計し、全がん協ホームページで公開されている。

* 相対生存率
 すべての死亡を計算に含めた生存率を「実測生存率」というが、この中にはがん以外の死因による死亡も含まれる。がん以外の死因で死亡する可能性を補正するために、患者集団と同じ性、年齢構成の一般集団における生存率を、がんに罹患していなかった場合の「期待生存率」として計算し、がん患者について計測した生存率(実測生存率)を、対象者と同じ性・年齢・分布をもつ日本人の期待生存確率で割ったものを「相対生存率」という。

全がん協加盟がん専門診療施設の診断治療症例について 5年生存率、10年生存率データ更新(国立がん研究センター)
データが公表されている全国がん(成人病)センター協議会のサイト

関連する法律・制度を確認
>>保健指導アトラス【がん対策基本法】
[Terahata]

「がん」に関するニュース

2021年01月26日
人工知能(AI)を活用して大腸がんを高精度に発見 医師とAIが一体となり、がん検査の見逃しをなくす
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月22日
1月23日は、健康生活習慣『一無、二少、三多』の日です。 「全国生活習慣病予防月間2021」は2月1日よりスタートします!
2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ"栄養のすすめ"-ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!-Web配信中!健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2021年01月12日
「性感染症」のセルフチェックができるスマホアプリを開発 感染の可能性があるときは医療機関の検索も 順天堂大学
2021年01月12日
「乳がん」を早期発見するための画期的な検査を開発 女性3000人の「マイクロRNA」を測定 臨床試験を4道県で開始
2021年01月12日
エビデンスに基づく保健指導の実現へ 健康診断のデータから生活習慣病の発症因子を推定 医療ビッグデータを解析する人工知能(AI)を開発
2021年01月05日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年01月04日
保健指導リソースガイド【1年間でもっとも読まれたニュース ベスト15】1位はあの記事
2020年12月16日
運動・身体活動をより増やして、座りがちの時間はより少なく WHOが新しい「運動ガイドライン」を発表
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶