ニュース

週1回のセックスが脳の老化を防止 50歳以降の性生活が健康に関与

 高齢者の認知機能の衰えを食い止めるには、活発な社会生活をもち、身体的に活発であることが効果的とされているが、50歳代以降に定期的な性交渉をもつことにも同様の効果が期待できるという最新の研究結果が発表された。
セックスの頻度を増やすと認知力を高められる
 英国のコベントリー大学とオックスフォード大学の研究チームは、「性交渉の頻度を増やすことが、認知力を高めることにつながる可能性がある」という研究を発表した。

 研究では、性交渉の回数を増やすことが精神の鋭敏さを全般的に向上させることが示唆された。

 研究チームは、ドーパミンやオキシトシンなどの化学物質の生物学的要素が性行動と脳機能との関係にどのように影響しているかを調べることも視野に入れて、研究を続けるという。
50~83歳の男女に認知能力テストを実施
 研究チームは、50歳から83歳までの男性28人女性45人を対象に認知能力のテストを実施。

 その中で、「週1回」「月1回」「全くしない」など、どのくらいの頻度でセックスを行っているかを質問した。男性の35%、女性の65%が毎月、性行為を行っていると回答した。

 セックスを週1回以上行っている参加者グループは、ある条件に合致する単語などを特定の時間内にどれだけ話したり書くことができるかを調べる「言語流暢性」テストと、ものの距離感や奥行き、空間の位置関係などを正しく認識する「視空間認知能力」テストの点数が高かった。

 流暢性テストでは、参加者に特定のアルファベットで始まる単語を分単位で発声してもらい、できるだけ多くの動物に名前を挙げるよう求められた。

 空間認識テストでは、参加者は正方形、三角形、立方体、ピラミッドなどの画像を描き、記憶により時計の面を描いてもらった。

 これらは、脳機能を測定する標準的なテストである認知機能検査「ACE-III」試験の一部だ。
性生活の維持が脳の能力を向上させる
 積極的な性生活をおくっている回答者は、両種類のテストで高い得点を挙げた。一方で、セックスの頻度が多いほど、注意力や記憶力、言語能力の得点が高いわけではなかった。

 性行為の頻度に関係なく、性生活を維持していることが脳の能力を向上させるために必要のようだ。

 「定期的な性行為に行う高齢の男女は、そうでない高齢者に比べ、認知機能が優れている傾向があることが実証されました。年を重ねても男女が親密な関係を維持することついて、今回の研究結果は重要な示唆をもたらしています」と、オックスフォード大学実験心理学部のネーレ デメッツ氏は述べている。

 デメッツ氏らは、セックスのような身体活動によって、脳内の情報を伝達する化学物質であるドーパミンや、下垂体後葉から分泌されるホルモンで神経伝達に関わるオキシトシンなどの放出が増える可能性があると指摘している。
50歳以上のセクシュアリティが健康に影響
 ただし、セックスが脳の機能を良好に保つのか、あるいは認知機能が良好な人がセックスを続ける可能性が高いのかとった関連については十分に解明されてはいない。

 「セックスが脳を健康に保つための万能薬であることを意味するものではないので注意が必要です」と、デメッツ氏は付け加えている。

 「多くの人は高齢者がセックスをするとは考えていません。社会レベルでこうした規制概念に挑戦し、50歳以上のセクシュアリティが健康やウェルビーイング全般にも影響することに配慮していく必要があります」と、コベントリー大学心理学研究センターのヘイリー ライト氏は指摘している。

 この研究は、科学誌「老人学ジャーナル シリーズB:心理社会科学」に発表された。

An active sex life improves brain power in older adults(オックスフォード大学 2017年6月23日)
Sex link to older people's brain power, says study(NHS 2017年6月22日)
Frequent Sexual Activity Predicts Specific Cognitive Abilities in Older Adults(老人学ジャーナル シリーズB:心理社会科学 2017年6月21日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2017年08月18日
マシンガーZとのコラボで海外渡航者に麻しん感染予防を啓発
2017年08月16日
賞金3万円!「血糖値アップ・ダウン コンテスト」募集スタート!
2017年08月15日
★参加者募集中★第2回産業保健PC テーマ「保健指導の基本姿勢」
2017年08月10日
8割を超える事業場でストレスチェック制度を実施~厚労省調査
2017年08月09日
健康保険加入者の37%が肥満 脂質や血圧など複数のリスク 健保連調査
2017年08月09日
がん患者の家族が経験する葛藤の実態 がん患者支援に向けた調査結果
2017年08月09日
週3~4回の「飲酒」が糖尿病リスクを低下 アルコールは糖尿病に良い?
2017年08月09日
受動喫煙により大動脈疾患リスクが2倍超に増加 家庭外の受動喫煙は深刻
2017年08月09日
「味噌」に血圧の上昇を抑える効果 日本型の食事スタイルを再評価
2017年08月09日
ミカンのポリフェノールに緑内障の改善作用 酸化ストレスから網膜を保護

最新ニュース

2017年08月18日
マシンガーZとのコラボで海外渡航者に麻しん感染予防を啓発
2017年08月16日
賞金3万円!「血糖値アップ・ダウン コンテスト」募集スタート!
2017年08月15日
★参加者募集中★第2回産業保健PC テーマ「保健指導の基本姿勢」
2017年08月10日
8割を超える事業場でストレスチェック制度を実施~厚労省調査
2017年08月10日
【健やか21】冊子「あなたと赤ちゃんの健康」無料配布  申込受付中
2017年08月09日
健康保険加入者の37%が肥満 脂質や血圧など複数のリスク 健保連調査
2017年08月09日
がん患者の家族が経験する葛藤の実態 がん患者支援に向けた調査結果
2017年08月09日
週3~4回の「飲酒」が糖尿病リスクを低下 アルコールは糖尿病に良い?
2017年08月09日
「味噌」に血圧の上昇を抑える効果 日本型の食事スタイルを再評価
2017年08月09日
受動喫煙により大動脈疾患リスクが2倍超に増加 家庭外の受動喫煙は深刻
2017年08月09日
ミカンのポリフェノールに緑内障の改善作用 酸化ストレスから網膜を保護
2017年08月04日
【健診・予防3分間ラーニング】サンプル動画3タイトル公開中~
2017年08月03日
【健やか21】渡航者向けの「麻しん」の予防啓発活動
2017年08月03日
2015年度の特定健診の実施率は50.1% 特定保健指導は17.5%で伸び悩み
2017年08月03日
【連載更新】課題解決のための取組み「ゆりかごタクシー」「ベビー防災」
2017年08月02日
「ウォーキングの格差」が世界規模で拡大 スマホで世界111ヵ国を調査
2017年08月02日
適量のアルコールでも脳には悪影響が 海馬の萎縮リスクが3倍以上に
2017年08月02日
糖尿病の医療費の節約志向が高まるアメリカ 5人に1人が受診を回避
2017年08月02日
犬の散歩は運動になるか? 運動不足を解消するのに効果的である可能性
2017年08月02日
日本の脳卒中の発症者は年間29万人 半分以上が死亡や介護が必要な状態に
2017年08月01日
「熱中症を防ぐ!」へるすあっぷ21 8月号
2017年07月28日
【健やか21】企業主導型保育事業(内閣府)/健康寿命をのばそう!アワード
2017年07月27日
【連載更新】 ワンコイン健診の挑戦(ケアプロ株式会社)
2017年07月26日
20歳から体重5kg増加は健康リスク 体重を増やさない10の方法
2017年07月26日
高齢者対象の「高血圧診療ガイドライン」 高齢者の降圧には注意が必要
2017年07月26日
がんサバイバーたちの「生きる力」を表現 がんと生きる、わたしの物語
2017年07月26日
糖尿病の最新全国ランキングを発表 ワーストは青森県 ベストは愛知県
2017年07月26日
都道府県の健康格差が拡大 寿命で3.1歳、健康寿命で2.7年の格差
2017年07月26日
日本人3,554人の全ゲノム情報を解読に成功 日本人のゲノム医療に期待
2017年07月26日
日常診療におけるバイオマーカーとしての尿中L-FABPの有用性と可能性
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,325 人(2017年08月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶