ニュース

がん検診の受診率 50%超は男性肺がんのみ 乳がんと子宮頸がんは低迷

 厚生労働省の「2016年国民生活基礎調査」が発表された。男性では肺がん、胃がん、大腸がんの検診の受診率が伸びて4割を超えたが、女性では肺がん以外では4割未満で伸び悩んでいる。特に乳がんと子宮頸がんについては、およそ3人に2人が検診を受けていない状況だ。
男性の肺がん健診の受診率がはじめて50%超
 厚生労働省の「2016年国民生活基礎調査」で、40~69歳の男性の肺がん健診の受診率が、国が目標とする50%を超え51%となったことが判明した。ただし、それ以外のがんでは50%を下回っている。

 女性では肺がんを除く4種類のがんで受診率が3割台にとどまり、乳がんでは36.9%となっており、3人に2人が検診を受けていない状況だ。20~69歳を対象とする子宮がんでも受診率は33.7%にとどまった。

 がん検診には、大きく分けて市区町村が公共サービスとして実施する検診と、職域で保険者が提供する検診がある。この調査では、市区町村、職域、個人において受診したがん検診を全て含んだ受診率を算出している。

 がん検診の受診率を2013年と2016年とで比較すると、男性では、胃がん(45.8%→46.4%)、肺がん(47.5%→51.0%)、大腸がん(41.4%→44.5%)となっている。

 女性では、胃がん(33.8%→35.6%)、肺がん(37.4%→41.7%)、大腸がん(34.5%→38.5%)、子宮頸(子宮)がん(32.7%→33.7%)、乳がん(34.2%→36.9%)となっている。
がん検診の受診率の向上は重要課題
 がん検診を受けない理由としては、「がん対策に関する世論調査」(2016年、内閣府)では、「受ける時間がないから」「心配なときはいつでも医療機関を受診できるから」「費用がかかり経済的に負担」「健康状態に自信があり必要性を感じないから」などが挙げられている。

 より効果的な受診勧奨や普及啓発、受診者の立場に立った利便性への配慮などの対策を充実させる必要がある。

 厚労省は今夏に閣議決定する「第3期がん対策推進基本計画」で、がん検診の受診率の向上を重要課題に位置づけている。

 同省は自治体などと連携して積極的な受診を呼びかけていく方針。▽市町村は、検診受診手続の簡素化、▽効果的な受診勧奨の実施、▽職域でがん検診を提供されていない者に対して市町村で受けられるような連携、▽対象者の網羅的な名簿管理に基づく個別受診勧奨・再勧奨、▽かかりつけ医や薬局の薬剤師を通じた受診勧奨を進める――といった対策を進める。

 「2016年国民生活基礎調査」は全国の世帯を対象に無作為抽出し、2016年6月に健康についての調査票を配布。約22万世帯(有効回答率77.5%)が回答した。

平成28年国民生活基礎調査の概況(厚生労働省 2017年6月27日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」
保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
2022年05月23日
【子宮頸がん】HPVワクチンの予防効果は優れている 接種9年後の感染率は0% ワクチンの有効率は100%
2022年04月19日
「サルコペニア肥満」は軽度認知機能障害と認知症のリスクを高める BMIと握力の簡便な検査でリスク予測
2022年04月04日
【新型コロナ】医療従事者・自治体・ニュースからの情報提供は、予防行動を高めるのに貢献している?
2022年02月15日
【特定健診】尿潜血検査を必須にすると、病気の早期発見と医療費削減につながる 費用対効果も優れる
2022年01月13日
大人の風しん抗体検査とワクチン接種を呼びかけ 東京都福祉保健局
2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶