ニュース

くるみの食欲抑制効果メカニズム解明 嗜好も健康的に変化

 適度にくるみを摂取することが肥満者の減量や2型糖尿病の発症予防・血糖管理に役立つと報告されているが、そのメカニズムは明確でない。

 しかし最近、fMRIを用いた検討から、くるみの摂取が中枢神経系に働き脳内の活動を変化させ、食欲を抑制したり、健康に良い食品を選択し摂取するように変わる可能性が明らかになった。ハーバード大医学部の研究グループによる報告で、「Diabetes, obesity & metabolism」誌のオンライン版に掲載された。

 くるみの摂取で満腹感が増加することは既に報告されており、その機序の一つとして中枢神経系活性を変化させることが、動物実験等から示唆されている。しかしヒトにおいて、くるみ摂取が中枢神経系にどのような変化をもたらすのかについて十分な検討は行われていない。

 そこでハーバード大医学部の研究グループは、脳内の神経活動を計測できるfMRI(機能的磁気共鳴画像診断)を用い、くるみ摂取によるヒトの中枢神経系への影響を調べた。同一の被験者に対して期間をずらし、くるみまたはプラセボ(くるみ疑似食)を摂取してもらい、被験者が何を摂取したか知らされていない別の研究者が結果を判定するという、比較的エビデンスレベルの高い「無作為化プラセボ対照二重盲検クロスオーバー法」による検討。

くるみ摂取の脳への影響を、くるみ疑似食と比較すると...?

 この研究にはBMI30以上の成人肥満者10名が参加。1日に48gのくるみを含むスムージ(以下、くるみ食と省略)、または、カロリー・脂肪含量が同じで外観や味・食感などからは区別のつかない、くるみフレーバーを用いたプラセボ食(くるみ疑似食)のいずれかを、研究施設への入院管理下にて5日間連続で摂取してもらった。

 5日間経過後に被験者は施設からいったん退院し、5週間のウオッシュアウト期間(その間は通常の食事摂取)をおいて再度入院してもらい、1回目の試験期間とは別の試験食(例えば、1回目にくるみ食が割り当てられていた場合、2回目はプラセボ食)を5日間摂取してもらった。なお、双方の試験期間中、試験食以外の食事は両群で同じ内容とし、摂取カロリーが同等になるように管理された。

 それぞれの5日間の試験の最終日に、被験者は食事イメージの画像を見ながらfMRI検査を受けた。その際に用いられた画像は、好まれやすいが高カロリー・高脂肪で健康に良くないもの(例えばケーキ)と、好まれにくいが低カロリーで健康的なもの(例えば野菜)、および、食べ物以外(例えば花や岩)の三つのカテゴリーに分けられていて、合計約150枚の画像がランダムに表示されるように設定されていた。また、この検査とは別に、被験者自身がビジュアルアナログスケール(VAS)を用いて空腹感・満腹感を主観的に評価した。

 被験者10名中男性6名、年齢は51±3歳、BMI 37.0±2.6で、1名(女性)はfMRI検査を完了できなかったため、最終的には9名を解析対象とした。

くるみ摂取で空腹感が抑制され、少量の食事で満足

 まず、空腹感・満腹感のVASスケールによる評価の結果をみると、くるみ食を摂取後はプラセボ食摂取後に比べて空腹感が有意に低く抑えられていた(くるみ食6.12±1.16 vs プラセボ食7.65±0.99,p<0.05)。同様に、くるみ食を摂取後にはより大きな食欲の低下が観察された(同順に、6.44±1.01 vs 7.55±0.99,p<0.04)。

くるみ摂取後は、好まれにくくても健康的な食品を見ると、脳の右島皮質が活性化する

 次にfMRIによる検討の結果をみると、くるみ摂取後には、好まれやすいが健康には良くない食品の画像を見た時に比べ、好まれにくいが健康的な食品の画像を見た時のほうが、満足感や満腹感に関与する脳内の右島皮質という部分の活性が高まることがわかった(図)。また、右島皮質の活性レベルがより高まるに従い、空腹感が少なくなり(r =-0.63、p<0.045)、食欲は低下する(r = -0.67、P <0.035)という逆相関の関係も示された。

 右島皮質は食行動に関連すると考えられている。肥満や2型糖尿病でこの右島皮質の活性化が観察される一方で、衝動性に逆相関することも示されており、例えば食べてはいけないものを食べるときに反応するとの報告もある。この点について本論文の著者らは、右島皮質が活性化したことは、好まれやすいが不健康な食品の摂取の減少につながる情動抑制を示していると考えられ、それがくるみ摂取による肥満者の食事摂取量減少や代謝パレメータの改善につながるのではないかと考察している。


くるみ食またはプラセボ食を摂取した後のfMRIの変化

*Zスコア:画像検査上の変化の程度を表す値。スコアが大きいほどその部位の活性が強く変化していることを表す。〔Diabetes Obes Metab. 2017 Jul 17より引用〕

くるみなどのナッツ類は、米国糖尿病学会も推奨

 総摂取カロリーを増加させない程度にくるみなどのナッツ類を摂取することは、米国糖尿病学会でも心血管疾患を抑制するとの報告があることをガイドラインに記載し、食事摂取パターンの一つとして推奨している。今回の報告は、くるみの摂取によって単に食欲が抑制されるだけでなく、健康に良い食品を選んで食べるという行動につながる可能性を示唆しており興味深い。

 なお、本研究の限界として、対象が全て肥満者であり直ちには結果を一般化できないこと、5日間という比較的短期間での検討であり長期的にくるみを摂取した場合の継続的な変化は確認できていないこと、この結果がくるみに特異的なものなのか他のナッツ類でも当てはまるのか未確認であることなどが挙げられる。今後のより長期的で大規模な研究を期待したい。

参考情報:
Walnut consumption increases activation of the insula to highly desirable food cues: A randomized, double-blind, placebo-controlled, cross-over fMRI study 〔Diabetes Obes Metab. 2017 Jul 17. doi: 10.1111/dom.13060(Epub ahead of print)〕

くるみ ヘルスケア・プロジェクト クリスマスプレゼントキャンペーン実施中!

くるみ協会SNSフォロー(Facebook、Twitter、LINE@いずれか)して資料請求をすると抽選で100名様にカリフォルニアくるみ協会オリジナルベーキングシートとエコバッグをプレゼントします。応募締め切りは12/10(日)です。たくさんのご応募・資料請求お待ちしております。

■応募方法
1.くるみ資料請求ページ の上部にあるSNSフォローボタンからフォロー
2.資料請求フォームに必要事項を記入
3.連絡事項欄に"プレゼント希望"とご記入ください。


カリフォルニアくるみ協会のオリジナルグッズです。
左:ベイキングシート、右:エコバック ※エコバックは畳むと「くるみ」の形に!

※その他、くるみヘルスケアに関する情報は、くるみ ヘルスケア・プロジェクトを参照。

[soshinsha]

「くるみ ヘルスケア・プロジェクト」に関するニュース

2018年04月16日
くるみを食べると腸内フローラが改善 くるみが善玉菌を増やす
2018年04月05日
栄養を効率よく摂取するには? くるみ病態別レシピ申し込み受付中
2018年01月25日
糖尿病の予防 「抗酸化物質」が豊富な野菜や果物が効果的
2017年11月30日
【くるみpro更新情報】クリスマスプレゼント付き資料請求実施中!
2017年11月20日
くるみの食欲抑制効果メカニズム解明 嗜好も健康的に変化
2017年09月05日
精子の健康改善にくるみが有効の可能性 酸化ストレス抑えて運動性など向上
2017年05月10日
野菜や果物などの「植物性食品」が糖尿病リスクを下げる「決め手」に
2017年05月08日
若い男性の気分UPにくるみが有効 無作為化二重盲検試験の結果
2017年03月08日
乳がんの予防に「地中海式ダイエット」が効果的 リスクが32%低下
2017年02月06日
くるみと緑茶の組み合わせは理想的 くるみが糖と脂肪の代謝をサポート

最新ニュース

2018年10月18日
【参加募集中】第6回(2018年度 第2回)産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「メンタルヘルス」※定員に達したため、応募を締め切りました
2018年10月18日
帝京大学産業保健プログラム 受講生募集
2018年10月18日
【健やか21】平成30年度「麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会」(参加申し込み受付中)
2018年10月17日
日本肥満学会など23学会が「肥満症」の撲滅目指し「神戸宣言2018」
2018年10月17日
高齢者の体力が向上 女性の運動離れは深刻 【体力・運動能力調査】
2018年10月17日
母乳で育てた女性は脳卒中リスクが低下 8万人を12年以上調査
2018年10月17日
全身持久力を向上させ高血圧を予防 「身体活動基準2013」で検討
2018年10月17日
魚を食べると大動脈疾患リスクが低下 食べない人では死亡リスクが2倍に
2018年10月15日
パートナー企業とヘルスケア分野でオープンプラットフォーム構築―タニタヘルスリンク
2018年10月15日
厚労省専門委が5歳児虐待死亡事件の検証結果を公表
2018年10月12日
【健やか21】第 77 回日本公衆衛生学会総会 自由集会 ~知ろう・語ろう・取り組もう~
2018年10月10日
「歩幅プラス10cmウォーキング」でロコモ・サルコペニアを防ぐ
2018年10月10日
たった一晩の「不眠」でメタボや糖尿病に 睡眠を改善するための7ヵ条
2018年10月10日
「子宮頸がんワクチン」の効果は高い HPVウイルス感染を90%以上予防
2018年10月05日
乳がん検診に「人工知能(AI)」を導入 マンモグラフィの欠点を克服
2018年10月05日
肺の健康を守るには口の健康から 歯周病が進行すると呼吸機能が急速低下
2018年10月05日
「改正健康増進法成立! 受動喫煙対策を強化」へるすあっぷ21 10月号
2018年10月05日
厚労省が「働く女性の実情」を公表~女性活躍推進法に基づく取組状況を解説
2018年10月05日
「健康なまち・職場づくり宣言2020」2018年の達成状況を報告~日本健康会議
2018年10月04日
【講演会レポート】「10月8日は、糖をはかる日」講演会 「"これからの"血糖コントロール」
2018年10月04日
【回答期限延長(10/30 15:00まで)】「保健師の活動基盤に関する基礎調査」(日本看護協会)
2018年10月04日
【健やか21】若い世代に向けた妊娠・出産に関する普及啓発Webサイト(東京都)
2018年10月03日
【産保PC第5回(2018年度 第1回)レポート】テーマ:保健指導
2018年10月02日
心不全が急激に増えている 「心不全パンデミック」時代の3つの予防法
2018年10月02日
「なぜ運動が良いのか」メカニズムを解明 筋肉ホルモンが心臓を保護
2018年10月02日
魚のオメガ3系脂肪酸が「不安症状」を軽減 魚を食事療法に活用
2018年10月02日
10月は「乳がん啓発月間」 定期的なマンモグラフィ検診は効果的
2018年10月01日
保健指導リソースガイド「よろず相談センター」が誕生
2018年09月28日
働き盛りの睡眠不足が問題に~睡眠障害への早期対応も必要
2018年09月28日
スマートフォンアプリ「ぜんそくリスク予報」をリリース~JMDCと日本気象協会
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,558 人(2018年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶