ニュース

【新型コロナウイルス】流行期に「こころの健康」を保つために 日本赤十字社がサポートガイドを公開

 日本赤十字社は、新型コロナウイルス感染症で困っている人の「こころの健康」を保つヒントとなるサポートガイドを作成した。
困難な時期を乗り切るための一助に
 新型コロナウイルス感染症は、世界中で感染の拡大が続いている。多くの人がはじめての隔離や自宅待機を経験し、大変な思いをしていたり、その人を支える家族・友人・職場の方もどのように接したらよいか分からず、悩んだり迷うことが少なくない。

 そこで、日本赤十字社は国際赤十字と協力し、新型コロナウイルス感染症で困っている人の「こころの健康」を保つヒントとなるサポートガイドを作成した。

 「高齢者や基礎疾患をお持ちの方とその家族の方も、連日のニュースで不安な気持ちを抱かれているかもしれません。困難な時期を乗り切るための一助として是非お役立てください」と呼びかけている。
「感染症流行期にこころの健康を保つために」シリーズ
1「隔離や自宅待機により行動が制限されている方々へ」

 隔離や自宅待機により、それまで感じたことのない不安・心配におそわれることがあります。どのように対処したら良いのか、そのヒントが掲載されています。

2「隔離や自宅待機されている方の周りにいるあなたへ」

 家族や友人・同僚の方が隔離や自宅待機となった場合、その方の「こころの健康」を支えるときに役立つヒントが掲載されています。

3「高齢者や基礎疾患のある方・ご家族の方へ」

 高齢者や基礎疾患のある方は、この感染症を発症した時に重症化しやすいと言われています。そのような方々とそのご家族の「こころの健康」に役立つヒントが掲載されています。

日本赤十字社
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で血液不足が懸念されるなか、日本赤十字社は「毎日約3,000人あまりの患者さんが輸血用血液を必要としています。ご予約による献血へのご理解とご協力をお願いいたします。献血へのご協力は不要不急の外出にはあたりません」と呼びかけている。
[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2020年04月30日
連休(GW)に肥満やメタボのリスクが上昇 8つの対策で乗り切る 食事・運動・体内時計の調整がポイント
2020年04月30日
【新型コロナウイルス】流行期に「こころの健康」を保つために 日本赤十字社がサポートガイドを公開
2020年04月30日
ステイホーム!この機会に日頃の生活習慣を見直し、健康習慣を身につけましょう(日本生活習慣病予防協会)
2020年04月28日
【新型コロナウイルス】うつ病を防ぐための食事スタイル 食事改善でメンタルを強くする
2020年04月28日
日本医師会が市販の「PCR検査キット」に懸念を表明 背景に検査を受けにくい現状が
2020年04月24日
【健やか21】「健康な食生活を維持する方法」の取り組みについて(日本栄養士会)
2020年04月22日
【新型コロナウイルス】男性は女性よりも重症化リスクが高い 肥満や糖尿病もリスクに
2020年04月22日
【新型コロナウイルス】死亡者を増やさないためにPCR検査の拡大が急務 国によって100倍の差が
2020年04月21日
【新型コロナウイルス】「ピラティス」が肥満や高血圧の人に良い 室内で続けられる運動
2020年04月20日
【新型コロナウイルス】ビタミンDや乳酸菌の予防効果がネットで話題に 国立健康・栄養研究所が注意を呼びかけ
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 9,332 人(2020年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶