ニュース

魚油サプリメントで2型糖尿病に対策 血中のアディポネクチンを増加

 DHAやEPAが含まれる魚油サプリメントを摂取すると、糖尿病や心臓病の危険性が低下するという研究が米国で発表された。ハーバード大学公衆衛生学部のジェイソン ウー博士らが、米国内分泌学会誌「Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism」に発表した。

 アジやイワシ、サンマなど青魚に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などの不飽和脂肪酸は「オメガ3脂肪酸」と総称されており、「アディポネクチン」を増やすことが知られている。適度に摂取すると、動脈硬化の予防や、血糖の調節や炎症といった代謝に有益に働くと考えられている。

 内臓の脂肪細胞などから分泌される生理活性物質「アディポカイン」は、2型糖尿病や、冠動脈疾患、脂質異常症などに深く関わっている。アディポカインには善玉と悪玉があり、善玉アディポカインには、動脈硬化を予防する「アディポネクチン」や、食欲を抑制するレプチンなどがある。

 血中のアディポネクチンが増えると、傷ついた血管を修復したり、免疫細胞(マクロファージ)が血管壁へ付着するのを防ぎ、動脈硬化が改善される。さらに、全身の細胞内のエネルギー代謝を調節する「AMPK(AMP活性化プロテインキナーゼ)」活性化し、糖の取り込みや脂肪酸の燃焼が促され、インスリン抵抗性が改善すると考えられている。

 今回の研究では、オメガ3脂肪酸が高濃度に含まれる魚油サプリメントが、血流中のアディポネクチンの量をわずかに増やすことが示唆された。

 「魚油を摂取するとアディポネクチンが増加することは、過去に行われた動物実験では確かめられていました。同様の効果がヒトでも当てはまるかどうかはよく分かっていませんでした」と、ウー博士は述べている。

 ウー博士らは、14件のランダム化プラセボ対照臨床試験をメタ解析し検討した。682名の参加者が魚油を摂取し、641名にオリーブ油やひまわり油などがプラセボ(偽薬)として与えられた。

 魚油を摂取したグループではアディポネクチンレベルは0.37ug/mLに増加した。「研究では、魚油を摂取すると血中のアディポネクチン濃度が上昇し、結果として血糖コントロールと脂肪細胞の代謝に対し良い効果がもたらされることが示唆されました」とウー博士は述べている。

 「血中のアディポネクチン濃度が高いと、冠状動脈疾患を発症する危険性が低下することが知られていますが、血糖コントロールや2型糖尿病の発症との関連についてはまだ分かっていません」、とウー氏は付け加えている。

 魚油がアディポネクチンに与える効果は実験によって大幅に異なっており、魚油サプリメントはある特定のグループには効果があったが、他のグループでは効果が弱い可能性があることも示された。

 「今後の研究で、魚油のアディポネクチンレベルへの影響を定量化し、魚油サプリメントの恩恵を受ける可能性がありそうな集団を調査する必要性があります」と強調している。

 なお、内臓の脂肪細胞が肥大化すると、善玉のアディポネクチンの分泌が減り、悪玉のアディポカインの分泌が増えていくことが知られている。また、ウォーキングなどの運動を習慣として続けると善玉のアディポネクチンは増える。アディポネクチンを増やす秘訣は、肥満の解消と運動であることはほぼ確実だ。

Fish oil supplements may help fight against Type 2 diabetes(米国内分泌学会 2013年5月22日)

[Terahata]

「栄養」に関するニュース

2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月22日
1月23日は、健康生活習慣『一無、二少、三多』の日です。 「全国生活習慣病予防月間2021」は2月1日よりスタートします!
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月18日
電解水素水が酸化ストレスと炎症を抑制する可能性 ストレス負荷に対する生体応答を調査
2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ"栄養のすすめ"-ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!-Web配信中!健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2021年01月12日
犬の散歩は糖尿病予防のための「運動」になる? 糖尿病の犬の飼い主は糖尿病リスクが高い
2021年01月12日
エビデンスに基づく保健指導の実現へ 健康診断のデータから生活習慣病の発症因子を推定 医療ビッグデータを解析する人工知能(AI)を開発
2021年01月05日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,678 人(2021年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶