ニュース

野菜や果物、大豆を食べると自殺リスクが半減 9万人の食事調査

 野菜や大豆、魚、海草、キノコ類、緑茶などを好んで食べている健康的な食生活の人は、そうでない人に比べ、自殺リスクが半分になるとの調査結果を国立国際医療研究センターなどの研究チームが発表した。

 研究チームは、1990年と1993年に岩手、秋田、長野、東京、茨城、新潟、大阪、高知、長崎、沖縄に在住していた40~69歳の男女約9万人を、平均8.6年追跡して調査した。期間中に249人が自殺した。

 研究チームは、134種類の食品や飲み物について、どれぐらいの頻度で摂取するかを対象者に質問し、食事パターンを次の3種類に分類した。
(1)「健康型」 野菜や果物、いも類、大豆製品、キノコ類、海そう類、脂の多い魚、緑茶などを摂取
(2)「欧米型」 肉類・加工肉、パン、果物ジュース、コーヒー、ソフトドリンク、マヨネーズ、乳製品、魚介類などを摂取
(3)「伝統型」 ご飯、みそ汁、漬け物、魚介類、果物などを摂取

 「健康型」の食事をする傾向の強さに応じて対象者を4つのグループに分け、自殺との関連を調べると、傾向がもっとも強いグループはもっとも弱いグループと比較し、自殺リスクが男性では0.47倍、女性では0.46倍に低下していたことが判明した。

 一方で、「欧米型」と「伝統型」の食事パターンの人では、自殺リスクとの関連はみられなかったが、欧米型の食事スタイルをもつ人では自殺リスクが最大で1.22倍に上昇する傾向が示された。

 もともとうつ傾向のある人は、食事パターンや自殺リスクがうつによって影響を受けている可能性があるという。そこで、研究チームは、うつ傾向の指標として精神的ストレスの強さで分けて調べた。その結果、精神的ストレスが低いまたは中程度の群では、健康型食事パターンは自殺リスクの低下と関連していたが、精神的ストレスが高い群ではこのような関連はみられなかった。

 今回の研究では、男女ともに、野菜や果物、いも類、大豆製品、キノコ類、海草類、脂の多い魚、緑茶などが関連した健康型食事パターンにより自殺リスクが低下するという結果が得られた。

 その理由として、この食事パターンのスコアが高い群では、葉酸や抗酸化ビタミン(ビタミンCやカロテン)の摂取が多いことが影響している可能性がある。葉酸や抗酸化ビタミンは、自殺の危険因子として知られているうつに対して予防的に働くことが報告されており、食事パターンとして総合的にみることで、これらの栄養素の相乗効果も期待できるという。

 この研究は、がんや脳卒中、心筋梗塞などの病気と生活習慣との関係を調査しているコホート(集団)研究「JPHC研究」の成果のひとつだ。過去の研究では、1日の飲酒量が日本酒換算で3合以上の多量飲酒をしている人で自殺が多いことや、たばこを吸う人で1日の喫煙本数が多い人で自殺が多いことなども明らかにしている。

多目的コホート研究「JPHC Study」(独立行政法人国立がん研究センター)

[Terahata]

「栄養」に関するニュース

2019年10月23日
ワカメなどの海藻を食べると心疾患リスクが低下 日本食の新たなメリットを解明
2019年10月23日
食事の改善で「腎臓病」のリスクを減らせる 高血圧・糖尿病・肥満がCKDの要因
2019年10月18日
わずか3%の減量で肥満・メタボを改善 肥満解消のための実践的取組みを紹介 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年10月18日
【健やか21】「避難所等で生活している妊産婦、乳幼児の支援のポイント」を公開
2019年10月16日
「大豆」がコレステロールや血糖を下げる 大豆を使用した代替肉が人気
2019年10月16日
糖質の多い甘い飲料が肥満・メタボを悪くする 内臓脂肪が増え脂質代謝のリズムも乱れる
2019年10月15日
【PR】【プレゼント】驚きのふっくらもちもち食感!「糀入りもちもち玄米」サンプル12パック 栄養指導にも大活躍!
2019年10月11日
【新連載】 おいしく・健康になる「間食」ライフ ヘルシースナッキング実践ガイド
2019年10月08日
「粗食が大切」は寿命の短縮をまねく 高齢者の2人に1人が「フレイル」の疑いあり
2019年10月08日
女性では内臓脂肪がたまると糖尿病や心血管疾患のリスクが上昇 簡便な検査法を開発
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶