ニュース

3月18日は「春の睡眠の日」 "快適な睡眠のための7箇条とは"

 3月18日は「春の睡眠の日」です。「睡眠の日」は、春(3月18日)と秋(9月3日)の年2回あり、日本睡眠学会と精神・神経科学振興財団が設立した睡眠健康推進機構が、睡眠健康への意識を高めることを目的に制定しました。
 「睡眠の日」の前後1週間は、健康睡眠週間(春:3月11日~25日、秋:8月27日~9月10日)とし睡眠に関する市民講座など、啓発活動は催されます。

 総務省の「平成23年社会生活基本調査」によると、平均の睡眠時間は7時間42分で、男性は7時間49分、女性は7時間36分、過去25年間の睡眠時間は男女共に減少傾向となっています。昭和61年と比べると、男性は10分、女性は6分の減少です。

 都道府県別に平日の睡眠時間をみると、秋田県が7時間56分ともっとも長く、次いで青森県(7時間54分)、高知県(7時間54分)、山形県(7時間50分)、福島県(7時間48分)と、東北地方の県が多くなっています。

 一方、平日の睡眠時間がもっとも短いのは、神奈川県で7時間18分、次いで奈良県、兵庫県、千葉県で7時間21分となっています。

睡眠健康推進機構
平成23年社会生活基本調査(総務省)

 また、厚労省では、成人を対象として、睡眠の問題を予防・改善するための情報をまとめた「健康づくりのための睡眠指針 ~快適な睡眠のための7箇条~」を作成し公開しています。

健康づくりのための睡眠指針 ~快適な睡眠のための7箇条~

(1)快適な睡眠でいきいき健康生活
(2)睡眠は人それぞれ、日中元気はつらつが快適な睡眠のバロメーター
(3)快適な睡眠は、自ら創り出す
(4)眠る前に自分なりのリラックス法、眠ろうとする意気込みが頭をさえさせる
(5)目が覚めたら日光を取り入れて、体内時計をスイッチオン
(6)午後の眠気をやりすごす
(7)睡眠障害は、専門家に相談

健康づくりのための睡眠指針 ~快適な睡眠のための7箇条~(厚生労働省)

"睡眠"の啓発・健康教育に役立つ教材(保健指導マーケット)

 「保健指導マーケット」は、睡眠に関する啓発・指導用教材を22点掲載しています。今回はその中の一部をご紹介します。

「昼間の眠気は生活習慣病の赤信号」
(健康メモ・指導箋)

「おはよう!すごいぞ!朝日のち・か・ら」
(健康メモ・指導箋)

「理想的な一日の過ごし方」(ポスター)
「睡眠と健康」(ポスター)
「朝日のまほうで、ぐっすり睡眠!」(ポスター)

"睡眠" 関連教材一覧へ

 一般社団法人日本家族計画協会(JFPA)が、制作・販売する保健指導用・健康事業用の教材を約2,800点を掲載しています。糖尿病や高血圧などの生活習慣病や、メンタルヘルス、食事・運動指導などのキーワード検索、配布・掲示など使用したい用途に合わせたカテゴリー検索などで、目的にあった教材を探すことができます。

保健指導マーケット

[soshinsha]

「メンタルヘルス」に関するニュース

2019年10月18日
【健やか21】「避難所等で生活している妊産婦、乳幼児の支援のポイント」を公開
2019年10月15日
乳がんとアピアランスケアに関する意識調査 外見のケアに悩むがんの女性は多い
2019年10月08日
アピアランスケアを解説したリーフレットを作成 がん患者の自分らしい生活を支援
2019年10月01日
肥満解消のためにメンタル面でのサポートも必要 肥満を解消するための8つの方法
2019年10月01日
魚をよく食べる女性は産後抑うつになりにくい 抑うつ症状は「心の疲れのサイン」
2019年10月01日
乳がんサバイバーの健康をスマホのアプリが改善 栄養士や医師にリアルタイムでアクセス
2019年09月27日
9割の事業所で受動喫煙対策に取り組むも、さらなる徹底を 厚労省労働安全衛生調査
2019年09月26日
【健やか21】「体罰等によらない子育て」の普及啓発動画やハンドブックを公開
2019年09月25日
母親の産後うつをケアすれば「対児愛着(ボンディング)」を改善できる可能性 エコチル調査
2019年09月20日
子ども虐待による死亡事例等の検証結果を公表―転居によるリスク拡大などに警鐘
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶