ニュース

ジャンクフードが疲労や怠惰の原因? 健康的な食事で解決

 栄養価の低いジャンクフードを食べ過ぎて、運動不足が続くと、肥満になるだけでなく、怠惰になりやすい――もしもあなたが最近、疲れやすいと感じているのなら、原因は食べ物にあるかもしれない。
ジャンクフードを食べ続けると、体が疲れやすくなる
 ジャンクフードを食べる生活が長く続くと、疲れやすく怠けがちな生活スタイルが定着しやすいことが、米カリフォルニア大学が行った実験で明らかになった。

 「怠惰であるからジャンクフードを食べるのではなく、ジャンクフードを食べ続けた結果、体が疲れやすくなり怠惰になるではないか」と、研究者は考察している。

 同大学のアーロン ブレイスデル教授(認知行動学)らは、32匹のメスのラットを2群に分け、以下のように、それぞれ2種類の食事を6ヵ月間与える実験を行った。
(1)標準食群:穀物や魚の粉を中心とした加工度の低い材料で作ったエサを与える。
(2)ジャンクフード群:糖分が多く加工度が高い、栄養価の低いジャンクフードの近いエサを与える。

 3ヵ月後、ジャンクフード群は標準食群よりも顕著に体重が増えていた。肥満になっただけでなく、動きが緩慢になり、疲れやすくなっていた。

 この実験では、ラットが食事や水を得るためには、自分でレバーを押す作業をしなければならない仕組みになっていた。ジャンクフード群のラットは、その作業能力が低下していただけでなく、作業の中断時間が標準食群のラットより2倍も長いことが判明した。

 さらに、実験開始から6ヵ月後に、9日間にわたりラットの食事内容を両群反対のものに切り替えた。しかし、それによってジャンクフード群だった肥満ラットたちの体重が減ったり、作業能力が改善したりすることはなかった。

 一方、標準食を食べ続けたスリムなラットは、急に体重が増加したりはせず、作業能力の低下もみられなかった。

食事スタイルを変えれば、心身ともに劇的に改善
 「ジャンクフードを食べる生活が長く続くと、疲れやすく怠けがちな生活スタイルが定着しやすくなり、たとえ健康的な食事に切り換えたとしても、改善するのは難しいことが示されました」と、ブレイスデル教授は述べている。

 「人間の場合でも、なかなか作業能率が向上しないと、"怠け者"や"自己管理ができていない"と言われがちです。実は原因が食生活にあるかもしれないと疑ってみるべきです」。

 ジャンクフードは、入手しやすく食べやすいことから人気を得て、世界中で多くの人が利用しているが、ジャンクフードを食べることで生活が怠惰になり、さらにジャンクフードを食べたくなるという「悪循環」に陥っている可能性がある。

 平日は忙しさにかまけて、ジャンクフードを食べ続けて、休日だけ健康的な食事に切り換えたとしても、効果はあまり期待できないという。健康的な食事スタイルを積み重ねることで、肥満を予防でき、疲れにくい体をつくることができる。

 ブレイスデル教授は現在45歳だが、5年以上前から食事改善に励んでいるという。加工食品や精製されたパンやパスタ、穀物や砂糖をなるべく控えるようにし、肉や魚介類、卵、野菜、果物などの、加工されていない自然食品をとるようにした。

 「わたしたちの先祖が食べていたような食品を選んで食べるようになりました。その結果、心身ともに劇的な改善をしました」と、ブレイスデル教授は言う。

 食生活を変えることで、認知能力にも大きな改善がみられたという。「生活はエネルギーに満ちたものになり、思考は明瞭にはっきりとしたものになりました」と述べている。

 現代人の多くは、運動不足や、栄養価の低い食品を食べる生活スタイルが定着している。そのことが肥満や2型糖尿病の増加につながっている。「もっとも身近な食事を見直すことが、改善に向けた第一歩になります」と、ブレイスデル教授は強調している。

Does a junk food diet make you lazy? UCLA psychology study offers answer(カリフォルニア大学 2014年4月4日)

[Terahata]

「栄養」に関するニュース

2018年07月18日
高血圧に特化した「治療アプリ」を開発 介入の難しい生活習慣改善を支援
2018年07月18日
脳卒中は暑い夏に増える 日常生活の注意点と脳卒中予防10ヵ条
2018年07月18日
ワカメに食後血糖値の上昇を抑制する効果 白飯のGI値を低下
2018年07月18日
世界の8.5億人が「腎臓病」 腎臓病の恐ろしさを知らない人が大半
2018年07月18日
高血圧・糖尿病が「認知症」を加速させる 女性の腎臓病はリスクが高い
2018年07月17日
農林水産省が官民協働の「Let's!和ごはんプロジェクト」を開始
2018年07月10日
「熱中症」と「エコノミークラス症候群」を予防する方法 被災地で緊急課題に
2018年07月10日
高血圧・メタボは要注意 腎臓学会が「CKD診療ガイドライン2018」を発表
2018年07月10日
多用な暮らしに対応した食育の推進を~平成29年度食育白書
2018年07月05日
【メンバー募集】保健指導スタッフみんなで"創る"「HRG Labo」始動!

最新ニュース

2018年07月18日
高血圧に特化した「治療アプリ」を開発 介入の難しい生活習慣改善を支援
2018年07月18日
脳卒中は暑い夏に増える 日常生活の注意点と脳卒中予防10ヵ条
2018年07月18日
ワカメに食後血糖値の上昇を抑制する効果 白飯のGI値を低下
2018年07月18日
世界の8.5億人が「腎臓病」 腎臓病の恐ろしさを知らない人が大半
2018年07月18日
「入浴」に健康増進のプラス効果 週5回以上の入浴が心血管を保護
2018年07月18日
高血圧・糖尿病が「認知症」を加速させる 女性の腎臓病はリスクが高い
2018年07月17日
【新連載】「産業看護職のための地域保健との連携マニュアル」のご紹介
2018年07月17日
農林水産省が官民協働の「Let's!和ごはんプロジェクト」を開始
2018年07月13日
【健やか21】平成30年度 家族や地域の大切さに関する作品コンクール
2018年07月13日
街のみんなで子育てを! そんな想いを伝えてみませんか?
2018年07月13日
過労死等の労災補償状況を公表 -裁量労働制対象者の決定件数も
2018年07月12日
運転中にたばこを吸うと交通事故による死亡リスクが1.5倍超に上昇
2018年07月11日
健診・検診/保健指導実施機関 集計結果と解説(2017年度版)
2018年07月11日
【連載更新】中年期の健康運動の考え方~ありたい体と心を創る~
2018年07月10日
「熱中症」と「エコノミークラス症候群」を予防する方法 被災地で緊急課題に
2018年07月10日
高血圧・メタボは要注意 腎臓学会が「CKD診療ガイドライン2018」を発表
2018年07月10日
多用な暮らしに対応した食育の推進を~平成29年度食育白書
2018年07月10日
ママとパパが一緒に読める、育児学級テキストの決定版「子育ち支援テキスト」(書籍)
2018年07月06日
【健やか21】キャンペーンサイト『SNS被害 気づいて!SNS出会いにひそむワナ』(内閣府)
2018年07月05日
【メンバー募集】保健指導スタッフみんなで"創る"「HRG Labo」始動!
2018年07月04日
日本腎臓病協会が設立「腎臓病の克服を目指す」 成人の8人に1人がCKD
2018年07月04日
厚労省「健康寿命をのばそう!アワード 第7回 <母子保健分野>」の応募受付を開始
2018年07月03日
「ベジファースト」で肥満・メタボ対策 東京・足立区の取り組みが奏功
2018年07月03日
子育て中の親のスマホ依存が子どもに悪影響 スマホを置いて対話を
2018年07月03日
メタボや高血糖の原因は「恒常性維持機構」の異常 新たな治療法を開発
2018年07月01日
「どう防ぐ?どう対応する?職場のパワハラ」へるすあっぷ21 7月号
2018年06月29日
【健やか21】危害・危険情報「ジャンプ式折りたたみ傘でのけが」(東京都)
2018年06月29日
食卓から始めるお母さんと赤ちゃんの健康!「妊娠中に食べたいもの控えたいもの」(指導箋)
2018年06月28日
「こどもとおとなのワクチンサイト」を開設~日本プライマリ・ケア連合学会
2018年06月27日
「グループ運動」は継続するのに効果的 「プラス・テン」で運動促進
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,349 人(2018年07月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶