ニュース

カフェインを含むエナジードリンクが子供のADHDを引き起こす

 高カロリーで多量のカフェインが含まれるエナジードリンクを大量に飲むと、中学生のADHDのリスクが66%上昇することが米国の調査で分かった。子供の「注意欠陥多動性障害」(ADHD)の特徴は、「注意力不足」「落ち着きのなさ」「衝動的な行動」だ。
中学生は高カロリー飲料を1日2本飲んでいる
 米国のガイドラインでは、子供や若者が糖分の多い高カロリーの清涼飲料を飲むのを制限することを勧めているが、研究者はカロリーだけでなく「飲料に含まれるカフェインにも注意を向けた方が良い」とアドバイスしている。

 米国のイェール大学の研究チームは、コネチカット州の都市部の12ヵ所の学校で、中学生1,649人(平均年齢 12.4歳)を対象に調査を行った。

 対象となった中学生はカフェインが含まれるエナジードリンクや糖分の含まれる高カロリーの清涼飲料を平均して1日に2本飲んでおり、最大で7本飲んでいる子供もいることが分かった。

 中学生に人気のある清涼飲料には、1本に砂糖が40g含まれるものもある。専門家は、清涼飲料などから1日に摂取する砂糖を21~33gに抑えることを勧めている。

 調査した結果、多量のカフェインが含まれるエナジードリンクを毎日飲んでいる中学生は、まったく飲まない中学生に比べ、「注意欠陥多動性障害」(ADHD)の傾向が66%高まることが判明した。

 「高カロリーの飲料を多量飲む子供で肥満が増え、ADHDが増えることは以前から指摘されていたが、今回の研究ではカフェイン入りの飲料でも危険性が高まることが明らかになりました」と、イェール大学のジャネット アイコヴィック教授は言う。

 米国小児学会のガイドラインは、子供が高カロリー飲料やカフェイン入り飲料を飲むことを制限しているが、今回の調査結果はそれを裏付けるものだ。

 子供のADHDの特徴は、注意を持続したり集中することができなくなる「注意欠如」と、いったん始めた行動を抑制することができなくなる「多動・衝動性」だ。

 清涼飲料とADHDとの因果関係については不明の点が多いが、「肥満予防の観点からも、カフェインの含まれる高カロリー飲料を飲むのを制限した方が良いでしょう」と、アイコヴィック教授は指摘している。

Energy drinks significantly increase hyperactivity in schoolchildren(イェール大学 2015年2月9日)
Energy Drinks and Youth Self-Reported Hyperactivity/Inattention Symptoms(Academic Pediatrics 2015年2月8日)

[Terahata]

「学校保健」に関するニュース

2019年10月23日
官民連携でウォーキングを奨励 全国に広がる活動 「FUN+WALK PROJECT」
2019年10月22日
東京都内でインフルエンザの流行が例年より早くスタート
2019年10月21日
世田谷区、江戸川区、荒川区が児童相談所を設置へ―新宿区は開設延期
2019年10月18日
【健やか21】「避難所等で生活している妊産婦、乳幼児の支援のポイント」を公開
2019年10月15日
【PR】【プレゼント】驚きのふっくらもちもち食感!「糀入りもちもち玄米」サンプル12パック 栄養指導にも大活躍!
2019年10月15日
「職場における受動喫煙防止のためのガイドライン」を公表 厚労省
2019年10月11日
【健やか21】 第2回・第3回「健やか親子21(第2次)」の中間評価等に関する検討会  議事録を公開
2019年10月08日
運動が身体の炎症・老化を抑制するメカニズムを解明 骨に加わる力が炎症を抑制
2019年10月04日
【健やか21】第14回「子どもの食育を考えるフォーラム」開催!
2019年10月01日
【PR】【プレゼント】健康イベントや健診時に大活躍!「災害時のバランスガイド」
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶