ニュース

健康的な食事が「COPD」のリスクを低下 野菜や魚を食べると効果的

 玄米などの全粒穀物、野菜や果物、青魚に多く含まれている不飽和脂肪酸、ナッツ類などを十分に摂取している人は、COPD(慢性閉塞性肺疾患)の危険性を下げられることが、12万人を対象とした調査で明らかになった。
COPDリスクを低下させる食習慣
 健康的な食事を心がけている人では、心臓病やがんの発症リスクが低下するだけでなく、COPD(慢性閉塞性肺疾患)の危険性も低下することが、米国の約12万人を対象に行った調査で明らかになった。

 COPD(慢性閉塞性肺疾患)は、気管支や肺胞に炎症が起き、せき・痰などの症状が現れる病気。主な原因は喫煙で、一般にCOPD患者の8~9割が喫煙者とされている。高齢になるほど起こりやすいが、体質によっては若い人や喫煙しない人でも起こることがある。

 COPDを発症し炎症が進むと肺胞が壊れ、酸素を十分に取り込めなくなる。「階段や坂道を上がったときに息切れが起こる」といった症状が典型的だ。

 フランス国立衛生医学研究所と米ハーバード大学医学大学院の研究チームは、1984~2000年に行われた米国の看護師を対象とした調査と、1986~1998年に行われた医療従事者を対象とした調査から得られた12万254人のデータを解析した。

 研究チームは「AHEI-2010」という食事指針によって、参加者の食生活を評価した。AHEI-2010は食習慣を11の項目で点数化したもので、下記を満たしていると「健康的な食事」とされる。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の危険性を下げる食事

・ 摂取量を増やすのが好ましい成分
▽玄米などの全粒穀物、▽野菜や果物、▽魚などに含まれる多価不飽和脂肪酸、▽ナッツ類などに含まれるオメガ3系脂肪酸

・ 摂取量を減らすのが好ましい成分
▽赤身肉(牛豚肉)、▽ハムやソーセージなどの加工肉、▽白米などの精製された穀物、▽糖分を加えた清涼飲料

・ 適度に摂取するのが好ましい食品
▽アルコール

 調査期間中に、COPDと診断されたのは男性が167人、女性が723人だった。解析した結果、AHEI-2010のスコアがもっとも高い食事をしていたグループは、もっとも低い食事のグループに比べて、COPDと診断されるリスクが33%低くなっていた。

 COPDを予防するために、何より大切なのは禁煙だ。たばこを吸っていると、肺機能の低下速度が速くなる。

 「禁煙に加えて、健康的な食事がCOPDを予防するために大切であることが示されました。これらの食事は、心臓病や脳卒中、がんを予防するうえでも効果的です」と、研究を主導したラファエル バラソ氏は述べている。

Healthy diet linked to lower risk of chronic lung disease(BMJ 2015年2月4日)
Alternate Healthy Eating Index 2010 and risk of chronic obstructive pulmonary disease among US women and men: prospective study(BMJ 2015年2月3日)
[Terahata]

「禁煙」に関するニュース

2022年10月20日
改善が見られたものは約5割に 課題は次期プランへー健康日本21(第二次)最終評価報告書
2022年10月17日
【新型コロナ】重症化リスクを高める要因は高齢・タバコ・糖尿病・肥満 危険因子を減らす対策が必要
2022年09月02日
「効果を上げる保健指導のヒント」へるすあっぷ21 9月号
2022年08月16日
【新型コロナ】感染後3ヵ月以内に糖尿病と心血管疾患のリスクが上昇 生活スタイル改善のアドバイスが必要
2022年07月19日
認知症予防のための生活スタイル改善に年齢は関係ない 18歳の若者も80歳の老人も同じく必要
2022年07月11日
心筋梗塞や脳卒中を予防するための「生活エッセンシャル8」 新たに睡眠を追加 良い睡眠は心臓を守る
2022年06月13日
日本の職場での「いじめ」の実態を調査 8%がネットいじめを、11%が従来型いじめを週に1回以上受けている
2022年05月30日
高血圧リスクはタンパク質を多様な食品から摂ると減少 通勤時のウォーキングで糖尿病リスクも低下
2022年05月30日
野菜や果物の抗酸化物質に認知症予防の効果 脳の健康を守るためにどの食べ物が良い?
2022年05月16日
生活スタイルの改善による寿命延伸 生活習慣病の多い人ほど効果は高い 80歳以降でも有用
アルコールと保健指導

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶