ニュース

女性が齢をとっても自立して生活するために 「5つの食品」が効果的

 女性は高齢になっても、健康的な食事を続けていれば身体機能の低下を抑えられるという調査結果を、ハーバード大学などの研究チームが発表した。
日常生活活動の低下を防ぐ5つの「スーパーフード」
 日常生活活動(ADL)とは、毎日の生活をおくるために共通して繰り返す、さまざまな基本的で具体的な活動のこと。歩行や移動、食事、更衣、入浴、排泄、整容などの身のまわりの基本的な身体動作を指し、自立した生活の基本となるものだ。

 健康的な食品をよく食べている女性は、齢をとってもADLの低下を防ぐことができ、身体機能の低下が抑えられるという調査結果を、ハーバード大学などの研究チームが発表した。

 その5つの「スーパーフード」とは、(1)クルミ、(2)ロメインレタス、(3)リンゴ、(4)オレンジ、(5)ナシだ。

 このうちクルミは、オメガ3脂肪酸がナッツ類でもっとも多く含まれている。オメガ3脂肪酸は、動脈硬化を防ぎ、コレステロールや中性脂肪を下げ、心臓病、脳卒中、糖尿病、高血圧、肥満などを予防する効果があると報告されている。ひとつかみのくるみで1日に必要なオメガ3脂肪酸を摂ることができる。

 ロメインレタスは、普通のレタスに比べほのかな苦みがあるのが特徴で、シーザーサラダのメイン素材として人気がある。レタスとは異なり熱に対し耐性があるので、炒め物など加熱料理にも使える。葉酸やβカロテンが豊富で、塩分を排出する作用のあるカリウムも豊富に含まれる。

 リンゴには、酸化LDLを減らすポリフェノールが含まれている。オハイオ大学の研究によると、リンゴを1日に1個食べることを4週間続けると酸化LDLが減少する。そしてミシガン大学の研究によると、リンゴを1日に1個食べると、1年に医療機関を受診する回数が9%減るという。
身体活動の低下が少ない女性に共通する生活スタイル
 「加齢に伴い2型糖尿病や心臓病などの生活習慣病の発症リスクは上昇します。どのような生活スタイルがこれらの病気を予防するのに効果的であるか調査が進められており、健康に生活している人には共通するパターンがあることが分かってきました」と、ブリガム アンド ウィメンズ病院のカイトリン ハーガン氏は言う。

 研究チームは、米国で実施されている大規模疫学研究である『看護師健康研究』に参加した5万4,762人の女性を対象として、食事の質を示す食事指数と、身体機能の低下との関連を調査した。

 身体機能については、1992年から2008年まで4年ごとに測定器具を用いて検査した。食事については、1980年から毎4年ごとに食物質問票を用いて調査した。

 その結果、健康的な食事をとっている女性は、身体活動の低下が少ないことが判明した。共通しているのは、▽野菜や果物の摂取量が多い、▽高カロリーの飲料や菓子類の摂取が少ない、▽飽和脂肪酸の摂取が少ない、▽食塩の摂取量が少ない、▽飲酒は適度で飲み過ぎることがない――といったことだった。
身体機能の衰えを防ぐことが自立した生活の基本
 特定の食品との関連がみられたのは、先に挙げた5つの食品だという。「ただし、これだけ食べていれば健康になれるという食品はありません。1日の食事で5つの食品をバランス良く摂取することが望ましいのです。個々の食品にフォーカスをあてて過剰に摂取するのは勧められません」と、ハーガン氏は言う。

 糖尿病や心臓病、がんといった慢性疾患の発症リスクは、齢をとるとともに上昇していく。これらの病気を予防することに合わせて、食事をする、服を着る、公園を歩くなどのADLの低下を防ぐことも、生活自立度を向上するために重要だ。

 「身体機能の衰えを防ぐことが、自立した生活の基本となります。今後の研究で、身体の活動機能と食事との関連を明らかにし、食事が老後の身体機能に与える影響を調査していきます」と、ハーガン氏は述べている。

For Women, Healthy Diets May Help with Mobility when Aging(ブリガム アンド ウィメンズ病院 2016年6月22日)
Greater Adherence to the Alternative Healthy Eating Index Is Associated with Lower Incidence of Physical Function Impairment in the Nurses' Health Study(Journal of Nutrition 2016年5月11日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2017年12月14日
糖尿病リスクを減らすためには「運動を継続」することが必要
2017年12月14日
「ビワの種」に天然の有害物質 「食べないで」と農水省が注意喚起
2017年12月13日
「糖尿病のクリスマスプレゼント」実施中 豪華商品と現金が当たります
2017年12月07日
冬のウォーキングの効果を高める5つの方法 寒い冬には注意が必要
2017年12月07日
糖尿病と肥満が80万人のがんの原因に 肥満が原因のがんは54万例
2017年12月07日
長野市が「ベジライフ宣言」で糖尿病対策 野菜から食べ30回噛む
2017年11月30日
「心が健康な人」を増やす・支えていくことが産業保健師ならではのメンタルヘルス事業の心得【産保PC第3回レポート】
2017年11月29日
食塩の摂取量を減らすと医療費を削減できる 「減塩」の効果は大きい
2017年11月29日
「ウォーキング」で重要なのは継続 少し歩いただけで健康効果を得られる
2017年11月29日
「早食い」が原因で肥満やメタボに よく噛んで食べるための6つの対策

最新ニュース

2017年12月14日
科学的根拠に基づく「産業保健における復職ガイダンス2017」を公開
2017年12月14日
「腸内環境」を整えアンチエイジング 腸内細菌の多様性が長寿の秘訣
2017年12月14日
糖尿病リスクを減らすためには「運動を継続」することが必要
2017年12月14日
加熱式たばこも血管には有害 血管内皮機能が低下 「iQOS」で実験
2017年12月14日
「ビワの種」に天然の有害物質 「食べないで」と農水省が注意喚起
2017年12月14日
【健やか21】学校の管理下の災害 (平成29年版)の発行について
2017年12月13日
「糖尿病のクリスマスプレゼント」実施中 豪華商品と現金が当たります
2017年12月12日
未成年者のインフルエンザ罹患後異常行動に具体的な注意喚起を追加
2017年12月11日
女性は健康維持にバランスの良い食事や歯磨き習慣-中高年者縦断調査
2017年12月08日
【健やか21】不育症治療の助成について(Fuiku-Faboフイクラボ)
2017年12月07日
冬のウォーキングの効果を高める5つの方法 寒い冬には注意が必要
2017年12月07日
米を中心とした日本型食生活が健康寿命を延ばす 食育健康サミット2017
2017年12月07日
糖尿病と肥満が80万人のがんの原因に 肥満が原因のがんは54万例
2017年12月07日
長野市が「ベジライフ宣言」で糖尿病対策 野菜から食べ30回噛む
2017年12月06日
【HAMIQ】認知症の社会的処方箋/おもいやり災害食認証制度
2017年12月04日
【新連載】超高齢社会への提言「エイジング・リテラシー」(有料老人ホーム入居支援センター)
2017年12月02日
浮世絵風のポスターなどでインフルエンザ予防を呼びかけ(東京都)
2017年12月01日
【健やか21】思春期アンケート「高校生の性交経験と生活環境・保健指導」
2017年12月01日
「新たな自殺総合対策に向けて」へるすあっぷ21 12月号
2017年11月30日
「心が健康な人」を増やす・支えていくことが産業保健師ならではのメンタルヘルス事業の心得【産保PC第3回レポート】
2017年11月30日
【くるみpro更新情報】クリスマスプレゼント付き資料請求実施中!
2017年11月30日
ママから笑顔がきえるとき―文京学院大が産後うつ予防リーフレット作成
2017年11月29日
食塩の摂取量を減らすと医療費を削減できる 「減塩」の効果は大きい
2017年11月29日
「ウォーキング」で重要なのは継続 少し歩いただけで健康効果を得られる
2017年11月29日
高カフェインの「エナジードリンク」で健康被害が 摂取の制限を検討
2017年11月29日
「早食い」が原因で肥満やメタボに よく噛んで食べるための6つの対策
2017年11月29日
糖尿病の男性は「ED」(勃起不全)のリスクが高い EDは治療できる
2017年11月28日
【新連載】がん患者さんのアピアランス・サポート (みなとアピアランス・サポート相談室)
2017年11月27日
【健やか21】産後うつ予防リーフレット・動画公開(文京学院大学)
2017年11月27日
【保健師募集】研修制度充実・人財育成に力を入れている鶯谷健診センター
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,681 人(2017年12月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶