ニュース

マグネシウムは不足しがち 血圧を改善し体内時計の調整にも役立つ

 必須ミネラルであるマグネシウムが豊富に含まれる食事を摂っていると、高血圧を抑えられる可能性があることが新たな研究で示された。マグネシウムには動脈を拡張させる作用があり、血圧を降下させる作用があるという。マグネシウムが体内時計の調整にも役立っているという研究も発表された。「マグネシウムを含む食品を過不足なく摂取することが大切」と研究者は述べている。
マグネシウムが血圧コントロールに効果的
 マグネシウムは、体内のほとんど全ての生合成反応や代謝反応に必要な必須ミネラルだ。慢性的な疲労、体重の増加、むくむなどに、マグネシウムの不足が関係しているおそれがある。また、カルシウムとともに骨の健康に必要なミネラルでもあり、カルシウムの作用と密接に関与し、骨の健康を維持している。マグネシウムが足りないと、神経疾患、精神疾患、不整脈、心疾患などが起こりやすくなる。

 マグネシウムは穀物の糠や胚芽の部分、ホウレンソウやケールなどの野菜、アーモンドなどのナッツ類、ゴマ、昆布やワカメなどの海藻、海苔、ヒジキ、イワシなどの魚、アサリやハマグリなどの貝類、カキやエビなどに豊富に含まれている。白米や精製された小麦粉を主体とする食生活では不足しがちになる。

 一方、カルシウムの摂取によく利用される牛乳などの乳製品にはあまり含まれていないので、マグネシウムの含まれる食品をバランス良く摂取する必要がある。

 マグネシウムを十分に摂っていると高血圧を改善できることが、インディアナ大学公衆衛生学部の研究で明らかになった。研究チームは、マグネシウムの摂取に関する2,028人を対象とした臨床試験34件のデータを統合した。被験者のマグネシウムの1日の摂取量は240~960mgで、ほとんどの場合で米国の食事ガイドラインの推奨量を満たすかそれ以上だった。

 データを解析した結果、マグネシウム摂取量が多い人は血圧が低下していることが判明した。1日368mgのマグネシウムを3ヵ月摂取すると、全体で収縮期血圧が2mm/Hg、拡張期血圧が1.78mm/Hg低下した。また、マグネシウム値が高いほど血圧降下に関連するもうひとつの因子である血流量が良好であることが分かった。

 「米国心臓学会(AHA)は、高血圧を予防・改善するために、バランスの良い食事を推奨している。栄養バランスの良い食事を摂っていれば、1日368mgのマグネシウムを十分に満たすことができる」と、インディアナ大学公衆衛生学部のリチャード フェアバンクス氏は述べている。

 大事なのは、マグネシウムをサプリメントなどで摂取するよりも、毎日の食事で体にとり入れることだという。

マグネシウムは体内時計の調整にも役立つ
 マグネシウムが体内時計の調整にも役立っているという研究を、英国のエジンバラ大学が発表した。マグネシウムは、概日リズムを環境の昼夜サイクルに適合させることを助けているという。

 夜なかなか眠くならず、朝起きられないという人は、生活リズムが乱れているおそれがある。生活リズムは、細胞内にある1日の活動や休息のリズムをつくる「体内時計」によって調整されている。

 体内時計は体の睡眠と覚醒、ホルモン放出、体温調節などさまざまな機能に影響を与えている。夜型の生活をおくっていると体内時計が乱れて不眠が生じやすくなるが、生活リズムが乱れやすいと悩んでいる人は、マグネシウムを含む食品を意識して食べるとよさそうだ。

 研究チームは、ヒト培養細胞、藻類、菌類を用いて実験を行い、どの場合に細胞中のマグネシウム濃度が日内サイクルに合せて変化するかを調べた。その結果、マグネシウムが細胞の24時間周期の体内時計に必須であるだけでなく、細胞の代謝にも大きな影響を与えていることを発見した。

 細胞内のマグネシウムは、エネルギー燃焼能力にも影響していることも分かった。マグネシウムは食物をエネルギーに変換するのに必須の栄養素で、この生物学的な機能を効果的にコントロールする役割も担っているという。

 「体内時計は、健康や生活習慣病の発症などにさまざまなに影響する人間の生命活動の根本的な要素だ。マグネシウムを含む栄養バランスの良い食事が、生活のあらゆる局面に影響を及ぼすことが明らかになった」とエジンバラ大学のガーベン ヴァン オージェン氏は述べている。

Magnesium may modestly lower blood pressure(米国心臓病学会 2016年7月11日)
Effects of Magnesium Supplementation on Blood Pressure(Hypertension 2016年7月11日)
Key role for magnesium in circadian rhythms(エジンバラ大学 2016年4月14日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2017年06月21日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE)、東京CDS 講習会の日程を発表
2017年06月21日
日本の介護の現状をレポート 「介護社会」の本格的な到来に備える
2017年06月21日
世界の3人に1人が肥満か過体重 世界規模で保健指導が必要
2017年06月21日
ブロッコリーで糖尿病を改善? 「スルフォラファン」が血糖値を下げる
2017年06月21日
糖尿病+高血圧 どうすれば治療を両立できる? 高血圧の治療が進歩
2017年06月21日
「健康長寿新ガイドライン」を策定 東京都健康長寿医療センター
2017年06月20日
「血糖トレンドを知るには。」を公開 血糖トレンドの情報ファイル
2017年06月19日
広がる電子母子手帳~健康情報を管理するアプリとも連携(神奈川県)
2017年06月15日
乳がん検診は今後はどう変わる? 「高濃度乳房」の実態調査を開始
2017年06月15日
食育推進計画を策定した市町村は78%に上昇 「平成28年度食育白書」

最新ニュース

2017年06月26日
3つのアプリを開発「考えよう!いじめ・SNS@Tokyo」
2017年06月26日
子どもの健康の地域間格差が拡大している可能性を発表
2017年06月22日
【健やか21】子どもの健康の地域間格差が拡大している可能性
2017年06月21日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE)、東京CDS 講習会の日程を発表
2017年06月21日
日本の介護の現状をレポート 「介護社会」の本格的な到来に備える
2017年06月21日
世界の3人に1人が肥満か過体重 世界規模で保健指導が必要
2017年06月21日
ブロッコリーで糖尿病を改善? 「スルフォラファン」が血糖値を下げる
2017年06月21日
糖尿病+高血圧 どうすれば治療を両立できる? 高血圧の治療が進歩
2017年06月21日
「健康長寿新ガイドライン」を策定 東京都健康長寿医療センター
2017年06月20日
「血糖トレンドを知るには。」を公開 血糖トレンドの情報ファイル
2017年06月19日
広がる電子母子手帳~健康情報を管理するアプリとも連携(神奈川県)
2017年06月16日
【健やか21】子ども外傷患者初期対応アセスメントシート 活用マニュアル
2017年06月15日
乳がん検診は今後はどう変わる? 「高濃度乳房」の実態調査を開始
2017年06月15日
食育推進計画を策定した市町村は78%に上昇 「平成28年度食育白書」
2017年06月15日
日本初の「心房細動リスクスコア」を開発 検診項目からリスクが分かる
2017年06月15日
赤ワインのポリフェノールで血管が柔らかく 糖尿病の動脈硬化も改善
2017年06月15日
内臓脂肪が増えるとがんリスクが上昇 腹囲の増加は「危険信号」
2017年06月15日
HbA1cを測定できる「ゆびさきセルフ測定室」 全国に1,500ヵ所以上
2017年06月08日
【健やか21】子ども・若者育成支援「専門分野横断的研修」研修生募集
2017年06月07日
若い世代の産業保健師を育成するプロジェクトがスタート
2017年06月07日
産業保健プロフェッショナルカンファレンス サイトを公開
2017年06月07日
糖尿病医療に貢献するビジネスプランを募集するコンテストを開始
2017年06月07日
健康に生きるための5つの「ライフ スキル」 人生で勝つために学びが必要
2017年06月07日
睡眠を改善するための10ヵ条 睡眠不足とメタボが重なると危険
2017年06月07日
「自分で測り健康データを収集」 5000人規模のコホート研究 東北大学
2017年06月07日
高尿酸血症が腎臓の機能障害の原因に 少しの異常でも腎臓に悪影響
2017年06月06日
「8020」を2人に1人以上が達成し過去最高に~平成28年歯科疾患実態調査
2017年06月06日
初の出生数100万人割れで過去最少 厚労省・人口動態統計月報年計
2017年06月02日
厚生労働省が平成28年の職場における熱中症死傷者発生状況を取りまとめ
2017年06月02日
【健やか21】育児休業取得者微増(女性81.8%、男性3.16%)

おすすめニュース

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,135 人(2017年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶