ニュース

妊娠中のうつリスク 大豆やイソフラボンを摂取すると低下 愛媛大

 愛媛大学の共同研究チーム(国立保健医療科学院、東京大学、琉球大学)が、妊娠中に大豆製品やイソフラボンを摂取すると、妊娠中のうつリスクが減ることを、世界ではじめて突き止めた。研究は科学誌「ヨーロピアン ジャーナル オブ ニュートリション」オンライン版に発表された。
女性は出産前後や閉経期にうつ症状を発症しやすい
 大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと構造が似ており、女性の健康や美容などを支える効果があるという研究が発表されている。

 更年期障害に対するイソフラボンの介入効果を調べたランダム化比較試験では、イソフラボンを摂取するとホットフラッシュの症状が改善することが明らかになった。女性の骨粗しょう症の予防にも有用という報告もある。

 女性は出産前後や閉経期の卵巣ホルモンが大きく変動する時期にうつ症状を発症しやすくなることが知られている。

 研究チームは、妊娠中から母親と生まれた子を追跡調査した「九州・沖縄母子保健研究」のデータを活用し、妊娠中の大豆とイソフラボン摂取と妊娠中うつ症状との関連を調べた。

 研究チームは、調査に参加した1,745人の妊婦を対象に、うつ病の簡易評価尺度である「CES-D」でうつ症状を判定した。妊娠中うつ症状を示した妊婦は19.3%だった。
大豆やイソフラボンの摂取量が多いとうつリスクが37%低下
 その結果、妊娠中の大豆製品、豆腐、豆腐製品、納豆、大豆煮物、みそ汁、イソフラボンの摂取量が多いと、妊娠中うつ症状の有症率が低下することが明らかになった。

 総大豆製品をもっとも多く摂取していた妊婦は、もっとも少なかった妊婦に比べ、うつ有症率が37%低下した。また、イソフラボンでも、もっとも多く摂取していた妊婦は、もっとも少なかった妊婦に比べ、うつ有症率が37%低下した。

 一方、同じ大豆製品でも豆乳の場合、摂取量が増えても、うつ病の有症率にほとんど差がなかったことや、みその摂取量が多いほど有症率が高まることも判明した。

 「卵巣ホルモンが大きく変動する妊娠前後のうつとイソフラボンとの関連を調べた研究は今回がはじめて。大豆製品をたくさん摂取すると、妊娠中のうつ症状を予防できる可能性がある。今後はさらなる研究データの蓄積が必要だ」と、愛媛大学大学院医学系研究科疫学・予防医学講座の三宅吉博教授は述べている。

愛媛大学大学院医学系研究科疫学・予防医学講座
Soy isoflavone intake and prevalence of depressive symptoms during pregnancy in Japan: baseline data from the Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study(ヨーロピアン ジャーナル オブ ニュートリション 2016年10月15日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2019年12月12日
厚労省が「高齢者の特性を踏まえた保健事業ガイドライン第2版」を公表
2019年12月11日
抗菌薬・抗生物質が効かない「薬剤耐性菌(AMR)」 年間8,000人超が死亡 対策は進んでいる
2019年12月11日
「ドライアイ」で苦しむ人は働き盛り世代に多い スマホを利用した「クラウド型臨床研究」で明らかに
2019年12月11日
「よく噛んで食事をする」と食後の血糖上昇を抑えられる 「よく噛む」食事法は朝と夜で効果に差が
2019年12月10日
通勤手段で肥満・メタボに対策 徒歩・自転車・公共交通が有利 日本の労働者3万人を5年間調査
2019年12月10日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 入浴中の事故死は冬に集中 血圧変動に注意
2019年12月05日
働く世代の仕事と健康管理に変化が起きている 厚労省「成年者縦断調査」「中高年者縦断調査」
2019年12月05日
健診結果から3年以内の糖尿病発症リスクを予測 国際医療研究センター「糖尿病リスク予測ツール」
2019年12月05日
【健やか21】改正母子保健法が成立しました
2019年12月04日
睡眠不足が肥満やメタボを悪化させる 脂質代謝にも異常が 睡眠を改善する3つの方法
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 9,332 人(2020年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶