ニュース

「行動を変えるアプローチ」へるすあっぷ21 12月号


「へるすあっぷ21」12月号

月刊、年12冊 定価(1冊):720円+税
年間購読料:9,600円(送料込)+税
発行:株式会社法研
 保健指導に役立つ情報源の一つである定期刊行物「へるすあっぷ21」12月号をご紹介致します。

 どうしたら、習慣となっている行動を変えることができるのでしょうか。

 今月号では、保健指導や健康教育、啓発等で、対象者を行動変容へと導くための、さまざまなアプローチを特集しました。

 心理学や生理学の研究成果を応用したアプローチ、ウェブやIoTなど最新技術を活用したアプローチなど、効果的な仕掛けを紹介します。

今日から使える!対象者のやる気を高める9原則
作業療法士が教える 行動力を高める生理学的アプローチ
ウェブ面談による禁煙治療サポートが新たに登場!
IoTを活用した行動変容促進事業

「へるすあっぷ21」12月号
株式会社法研



【目次】

■実践!食コンディショニング®II 小島美和子
 宴会太りを防止!飲む順番・食べる順番

■最新医療情報
 こころと行動に焦点を当てて糖尿病治療を深める

■MONO/TECHNOLOGY
 足裏から放出される皮膚ガスを計測

■こんなときどうする?職場の不適応 見波利幸
 部下を不調にさせない上司の対応

■HEALTH TOPIC
 健康経営優良法人認定制度スタート

■ストレスチェックを活かす
 個人情報・プライバシー保護に関しての留意点

■インタビュー
 (株)ユー・エス・ジェイ 産業医 中田博文さん

■けんぽREPORT
 ダイフク健康保険組合
 「母体企業との連携を生かし、事業所の特徴を踏まえた健康づくりを展開」

■わかる!身につく!健康力
 免疫力って何?

■HEALTH WATCH 2016
 「地域の多様な連携で挑む住みやすさ日本一のまちづくり」
 滋賀県守山市

【連載】

■いきいき脳力UP! 篠原菊紀
 コイン計算

■職場の健康管理Q&A 吉野公浩・田中朋斉
 精神障害者の雇用

■産業医奮闘記 西埜植規秀
 集団分析結果を生かそう! part1職場環境改善のカギは?

■へるすあっぷcafe
 【あなたの知らない美容外科】
  保阪善昭「しわの原因と治療」
 【意外と知らない薬のはなし】
  小野俊介「『薬の尊厳』よりも『あなたの尊厳』」
 【男のホルモン 女のホルモン】
  奥井識仁「日光ホルモン(ビタミンD)」
 【健康情報のウソ・ホント】
  岡田正彦「お酒は飲んでも太らない!?」

■カラダLESSON 大貫崇
 リンパの流れをよくする呼吸法

■南の島から 佐藤恵美

「へるすあっぷ21」
株式会社法研

[soshinsha]

「特定保健指導」に関するニュース

2020年11月10日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡率が上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年11月10日
【新型コロナ】医療機関への通院を抑制した人は25% コロナを契機に健康に関心をもった人も多い 健保連調査
2020年11月09日
ウォーキングなどの運動が体と心を健康にする がんサバイバーにも恩恵 どんな運動が良いのか?
2020年11月09日
睡眠を十分にとれないと肥満や糖尿病が悪化 日本人は睡眠が足りていない こうすれば解決できる
2020年11月09日
「循環器病対策推進基本計画」を決定 健康寿命の3年延伸と循環器病死亡率の減少を目指す
2020年11月04日
【新型コロナ】「飲み会」での集団感染を防ぐために何をすれば良い? 国立感染研が具体策
2020年11月04日
保健指導プログラムで「糖尿病性腎症」の重症化を予防 生活習慣改善率は90%以上という結果に 神戸市で日本初のSIBを実施
2020年11月02日
【2019年国民健康・栄養調査3】男性の41%が「食習慣の改善ができない」 運動も38%が「関心がない」「やる気がない」
2020年11月02日
【2019年国民健康・栄養調査2】男性の38%、女性の41%が「睡眠時間が6時間未満」 喫煙率は10年間で最低を更新
2020年10月30日
【2019年国民健康・栄養調査1】男性の3人に1人が肥満 女性の5人に1人超が高コレステロール 高齢者の「低栄養傾向」も課題に
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,323 人(2020年12月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶