ニュース

配偶者やパートナーに「がん検診を受けて」 身近な人に勧めて受診率アップ

 既婚者の約8割が「配偶者・パートナー」に「がん検診を受けてもらいたい」と考えているが、実際に勧めたことがある人は半数以下――身近な人とがんのことを話題にし、互いにがん検診受診を勧め合うことが、がんの早期発見につながる可能性がある。
9割以上が「がん予防の対策が必要」と認識
 味の素は「がんの予防意識」に関する調査を実施した。調査は今年10月に全国20歳以上の男女8,564人を対象にインターネットで行ったもの。

 それによると、「がんを予防するには対策が必要」と認識している人は92.7%に上るが、実際にがんを予防するために何らかの対策をしているという人は33.2%にとどまった。

 具体的ながん予防対策としては、1位は「定期的に健康診断を受ける」(男性 48.7%、女性 48.8%)。男性では2位が「適度な運動をする」(43.4%)、3位は「喫煙を控える」(41.2%)といった行動に関するものだったのに対し、女性では2位が「野菜や果物は不足しないようにしている」(46.0%)、3位は「栄養のバランスのよい食事をとる」(43.1%)といった食事に関連するもので、男女で違いがみられた。

 全体の53.0%は「がん検診の重要性について理解は深まっている」と回答。その理由は「がんに関する情報を目にする機会が増えたから」(62.1%)、「身のまわりにがんになる人が増えたから」(34.9%)、「年をとったから」(32.4%)が多かった。

 実際にがん検診を受診したきっかけを聞いたところ、「体に実際に不調が感じられる時」(37.5%)、「健康診断で、がん検査が必要と判定が出た時」(34.7%)、「自治体からの案内が来たとき」(29.7%)が上位を占めた。体の異常に加えて、検査受診の案内、がんに関する情報などが、がん検診の受診のきっかけとなっている。

 何が改善されれば、よりがん検診を受診するかという質問に対しては、「金額」(70.5%)、「受診までの手間」(41.4%)、「所要時間」(37.0%)という回答が多かった。
がん検診を受けて欲しい人がいる 8割が配偶者に「受けて欲しい」と回答
 また、全体の約8割が、がん検診を受けて欲しい人がいると回答。特に既婚者では約8割が「配偶者・パートナーに受診してほしい」と身近な人を思いやる意識が強いことが示された。一方で、実際に受診を勧めた人は半数以下にとどまり、行動に移せていない実態が示された。

 未婚者ががん検診を受けて欲しい人は「親」(48.8%)、「兄弟姉妹」(22.6%)が多く、既婚者では、「配偶者」(80.5%)、「子ども」(30.2%)、「親」(27.3%)が多い。一方で、既婚者で実際に「配偶者」にがん検診を勧めたことがある人は45.6%と半数以下だった。

 配偶者にがん検診を受けてもらいたい理由としては、既婚男女とも1位は「健康でいて欲しいから」、2位は「長生きして欲しいから」、3位は「早期に発見すれば治るかもしれないから」。女性の方が男性より配偶者に検診を受けてもらいたいと考える傾向が強く、「経済的な支えがなくなる不安があるから」を挙げる女性の割合(17.7%)は男性の割合(12.2%)を上回った。

 2012年に策定された「がん対策推進基本計画」では、「5年以内にがん検診の受診率を50%(胃、肺、大腸は当面40%)に引き上げる」ことが掲げられているが、胃がん 39.6%、大腸がん 37.9%、肺がん 42.3%、乳がん 34.2%、子宮頸がん 32.7%など(いずれも国立がん研究センター調査)、受診率は目標に届いていない。

 こうした現状に対して、「がん検診の受診に対して消極的かつ受身な傾向がみられるなかで、身近な人が大事な人にがん検診を受診するよう働きかけることで、がん検診の受診率が向上する可能性があることが示唆されました。夫から妻へ、妻から夫に対して、がん検診をするよう働きかける何らかのきっかけを作ることが有効かもしれません。健康こそが家族の財産です」と、足利工業大学看護学部学部長で日本人間ドック学会副理事長の山門實氏は述べている。

 11月22日(いい夫婦の日)や結婚記念日、誕生日といった記念日、お祝いなどの際にパートナーや家族など身近な人に「健康を贈る」ということで健康診断をギフトとして贈る動きも出てきている。

 身近な人とがんのことを話題にし、互いにがん検診受診を勧め合うことが、がんの早期発見につながる可能性がある。

味の素
臨床アミノ酸研究会
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2018年07月18日
高血圧に特化した「治療アプリ」を開発 介入の難しい生活習慣改善を支援
2018年07月18日
脳卒中は暑い夏に増える 日常生活の注意点と脳卒中予防10ヵ条
2018年07月18日
ワカメに食後血糖値の上昇を抑制する効果 白飯のGI値を低下
2018年07月18日
世界の8.5億人が「腎臓病」 腎臓病の恐ろしさを知らない人が大半
2018年07月18日
高血圧・糖尿病が「認知症」を加速させる 女性の腎臓病はリスクが高い
2018年07月13日
街のみんなで子育てを! そんな想いを伝えてみませんか?
2018年07月13日
過労死等の労災補償状況を公表 -裁量労働制対象者の決定件数も
2018年07月12日
運転中にたばこを吸うと交通事故による死亡リスクが1.5倍超に上昇
2018年07月11日
健診・検診/保健指導実施機関 集計結果と解説(2017年度版)
2018年07月10日
「熱中症」と「エコノミークラス症候群」を予防する方法 被災地で緊急課題に

最新ニュース

2018年07月18日
高血圧に特化した「治療アプリ」を開発 介入の難しい生活習慣改善を支援
2018年07月18日
脳卒中は暑い夏に増える 日常生活の注意点と脳卒中予防10ヵ条
2018年07月18日
ワカメに食後血糖値の上昇を抑制する効果 白飯のGI値を低下
2018年07月18日
世界の8.5億人が「腎臓病」 腎臓病の恐ろしさを知らない人が大半
2018年07月18日
「入浴」に健康増進のプラス効果 週5回以上の入浴が心血管を保護
2018年07月18日
高血圧・糖尿病が「認知症」を加速させる 女性の腎臓病はリスクが高い
2018年07月17日
【新連載】「産業看護職のための地域保健との連携マニュアル」のご紹介
2018年07月17日
農林水産省が官民協働の「Let's!和ごはんプロジェクト」を開始
2018年07月13日
【健やか21】平成30年度 家族や地域の大切さに関する作品コンクール
2018年07月13日
街のみんなで子育てを! そんな想いを伝えてみませんか?
2018年07月13日
過労死等の労災補償状況を公表 -裁量労働制対象者の決定件数も
2018年07月12日
運転中にたばこを吸うと交通事故による死亡リスクが1.5倍超に上昇
2018年07月11日
健診・検診/保健指導実施機関 集計結果と解説(2017年度版)
2018年07月11日
【連載更新】中年期の健康運動の考え方~ありたい体と心を創る~
2018年07月10日
「熱中症」と「エコノミークラス症候群」を予防する方法 被災地で緊急課題に
2018年07月10日
高血圧・メタボは要注意 腎臓学会が「CKD診療ガイドライン2018」を発表
2018年07月10日
多用な暮らしに対応した食育の推進を~平成29年度食育白書
2018年07月10日
ママとパパが一緒に読める、育児学級テキストの決定版「子育ち支援テキスト」(書籍)
2018年07月06日
【健やか21】キャンペーンサイト『SNS被害 気づいて!SNS出会いにひそむワナ』(内閣府)
2018年07月05日
【メンバー募集】保健指導スタッフみんなで"創る"「HRG Labo」始動!
2018年07月04日
日本腎臓病協会が設立「腎臓病の克服を目指す」 成人の8人に1人がCKD
2018年07月04日
厚労省「健康寿命をのばそう!アワード 第7回 <母子保健分野>」の応募受付を開始
2018年07月03日
「ベジファースト」で肥満・メタボ対策 東京・足立区の取り組みが奏功
2018年07月03日
子育て中の親のスマホ依存が子どもに悪影響 スマホを置いて対話を
2018年07月03日
メタボや高血糖の原因は「恒常性維持機構」の異常 新たな治療法を開発
2018年07月01日
「どう防ぐ?どう対応する?職場のパワハラ」へるすあっぷ21 7月号
2018年06月29日
【健やか21】危害・危険情報「ジャンプ式折りたたみ傘でのけが」(東京都)
2018年06月29日
食卓から始めるお母さんと赤ちゃんの健康!「妊娠中に食べたいもの控えたいもの」(指導箋)
2018年06月28日
「こどもとおとなのワクチンサイト」を開設~日本プライマリ・ケア連合学会
2018年06月27日
「グループ運動」は継続するのに効果的 「プラス・テン」で運動促進
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,349 人(2018年07月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶