ニュース

eラーニングで禁煙治療・禁煙支援のための指導者トレーニングを開講

 医師と歯科医師の広範な連携で、国民の健康をタバコの害から守ることを目的に活動している日本禁煙推進医師歯科医師連盟(会長:齋藤麗子・十文字学園女子大学教授)は12月から2月にかけて、eラーニングによる禁煙治療・禁煙支援のための指導者トレーニングを開講している。

 2014年の第3回「健康寿命をのばそう!アワード」で厚生労働省健康局長(団体部門)の優良賞を受賞している。eラーニング形式のプログラムのため、職場や家庭のパソコンを使い、自分のペースで学習できるのが特徴。以下の3つのコースが開発されている。

禁煙治療版:禁煙外来での禁煙治療の方法を学習する。対象は医師やコメディカル、学習時間の目安は10から12時間

禁煙治療導入版:日常診療の場や薬局、薬店での短時間の禁煙の働きかけについて学習する。対象は医師やコメディカル、薬局・薬店の薬剤師。学習時間の目安は3から4時間

禁煙支援版:健診等の保険事業の場での禁煙支援の方法を学習する。対象は地域や職域の保健指導者。学習時間の目安は4から5時間

 たとえば「禁煙治療版」では、学習目標を「『禁煙治療のための標準手順書』に準拠した禁煙治療の方法を習得すること」と設定。まず導入編として、講義ビデオを視聴して日常診療の場での働きかけについて学んだあと、知識編でテキストとビデオ教材を用いて9つの単元をこなす。最後に実践編として、禁煙治療の専門家と一緒に禁煙治療の事例検討や、患者からの質問に対する回答例について学習。また「バーチャルカウンセリング」も体験し、どのように禁煙治療や禁煙の働きかけを行えばよいのか実践でも身に付ける。

 2010年から2013年までの4年間にすべての学習を修了した約1,500人の成果をみると、3つのプログラムのいずれにおいても、禁煙治療や支援に関する知識、態度、自信について優位な上昇がみられたという。

 受講資格は、指定された団体で勤務する保健医療従事者や、指定された学会会員などであること(http://www.j-stop.jp/application/jukoushikaku.pdf)で、2017年2月28日までにすべての学習を終了させる意思がある人。定員は1,200人(先着順)で、J-STOPのHPで受け付けられている。

J-STOP(Japan Smoking cessation Training Outreach Project)
[yoshioka]

「禁煙」に関するニュース

2020年11月10日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡率が上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年11月09日
「循環器病対策推進基本計画」を決定 健康寿命の3年延伸と循環器病死亡率の減少を目指す
2020年11月04日
保健指導プログラムで「糖尿病性腎症」の重症化を予防 生活習慣改善率は90%以上という結果に 神戸市で日本初のSIBを実施
2020年11月02日
【2019年国民健康・栄養調査2】男性の38%、女性の41%が「睡眠時間が6時間未満」 喫煙率は10年間で最低を更新
2020年10月30日
【2019年国民健康・栄養調査1】男性の3人に1人が肥満 女性の5人に1人超が高コレステロール 高齢者の「低栄養傾向」も課題に
2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」ー令和元年「国民健康・栄養調査」の結果(厚生労働省)
2020年10月27日
【新型コロナ】なぜ肥満と高齢の人は重症化しやすい? いま求められている対策は何か?
2020年10月20日
納豆などの「発酵性大豆食品」が女性の循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
2020年09月23日
ドライアイを5分でチェックできるアプリ「ドライアイリズム」の最新版 研究の進歩にも貢献できる
2020年09月18日
【世界糖尿病デー】世界の4億6300万人が糖尿病 糖尿病の50%以上は予防が可能
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,253 人(2020年11月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶