ニュース

「高齢者は75歳から」と学会が提言 65~74歳は社会の支え手

 日本老年学会と日本老年医学会が合同で運営する「高齢者に関する定義検討ワーキンググループ」は、高齢者の定義を「75歳以上」に引き上げることを軸とする提言を発表した。
 今後の社会保障や雇用制度をめぐる議論に影響を与える可能性がある。ワーキンググループ座長で虎ノ門病院院長の大内尉義氏が発表した。
高齢者の定義を「75歳以上」に引き上げるべき
 ワーキンググループによると、日本を含む多くの国で、高齢者は暦年齢65歳以上と定義されているが、これには医学的・生物学的な根拠はない。日本では近年、個人差はあるものの、この高齢者の定義が現状に合わない状況が生じている。

 「高齢者、特に前期高齢者の多くは、まだまだ若く活動的で、高齢者扱いをすることに対し、躊躇したり違和感を感じたりしている」と、大内氏は言う。

 そこで日本老年学会と日本老年医学会はワーキンググループを立ち上げ、現在は「65歳以上」とされる高齢者の定義を「75歳以上」に引き上げるべきだとする国への提言を発表した。

 ワーキンググループは、近年の高齢者の心身の健康に関するさまざまなデータを検討。現在の高齢者では10~20年前と比較して、加齢に伴う身体的機能変化の出現が5~10年遅延しており、「若返り」現象がみられることが判明した。

 従来、高齢者とされてきた65歳以上の人でも、特に65~74歳の前期高齢者においては、心身の健康が保たれており、活発な社会活動が可能な人が大多数を占めている。

 厚生労働省や内閣府の調査でも、65歳以上を高齢者とすることに否定的な意見が強く、70歳以上あるいは75歳以上を高齢者と考える意見が多かった。

 調査では高齢者だと考える年齢は、男性が「70歳以上」(31.3%)、女性は「75歳以上」(29.9%)が最多だった。65歳以上が高齢者だと答えたのは男性が7.1%、女性は5.7%にとどまった。

「高齢者」は75~89歳、65~74歳は「准高齢者」、90歳以上は「超高齢者」
 今回、ワーキンググループは、65歳以上の人のうち、65~74歳を「准高齢者」、75~89歳を「高齢者」、90歳以上を「超高齢者」と区分し、高齢者の定義を75歳以上とすることを提言した。

 新しい区分において高齢者ではなくなる准高齢者(65~74歳)は、「高齢者の準備期」にある人たちだという。

 高齢者の定義と区分を再検討することの意義は、(1)従来の定義による高齢者を、社会の支え手でありモチベーションを持った存在と捉えなおすこと、(2)迫りつつある超高齢社会を明るく活力あるものにすること――だという。

 「65~74歳は元気な人も多く、自主的な社会参加を促せば、社会の支え手としての役割が大きい」と、大内氏は説明した。

 ただし、「高齢者の身体能力の改善傾向が今後も続くかどうかは保証されておらず、あらためて、次世代への健康づくりの啓発が必要」と指摘している。

 日本の65歳以上の高齢者人口は3461万人(2016年国勢調査)で、総人口に占める割合は27.3%。70歳以上人口は2437万人(総人口の19.2%)で、75歳以上人口は1697万人(同13.4%)、また、80歳以上人口は1045万人(同8.2%)となっている。
日本老年学会
日本老年医学会
高齢者の日常生活に関する意識調査(内閣府 2014年)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2017年12月07日
冬のウォーキングの効果を高める5つの方法 寒い冬には注意が必要
2017年12月07日
糖尿病と肥満が80万人のがんの原因に 肥満が原因のがんは54万例
2017年12月07日
長野市が「ベジライフ宣言」で糖尿病対策 野菜から食べ30回噛む
2017年11月30日
「心が健康な人」を増やす・支えていくことが産業保健師ならではのメンタルヘルス事業の心得【産保PC第3回レポート】
2017年11月29日
食塩の摂取量を減らすと医療費を削減できる 「減塩」の効果は大きい
2017年11月29日
「ウォーキング」で重要なのは継続 少し歩いただけで健康効果を得られる
2017年11月29日
「早食い」が原因で肥満やメタボに よく噛んで食べるための6つの対策
2017年11月29日
糖尿病の男性は「ED」(勃起不全)のリスクが高い EDは治療できる
2017年11月27日
【保健師募集】研修制度充実・人財育成に力を入れている鶯谷健診センター
2017年11月22日
女性の6割は「乳がんを発症しても働く」 パートナーは「治療優先」希望

最新ニュース

2017年12月11日
女性は健康維持にバランスの良い食事や歯磨き習慣-中高年者縦断調査
2017年12月08日
【健やか21】不育症治療の助成について(Fuiku-Faboフイクラボ)
2017年12月07日
冬のウォーキングの効果を高める5つの方法 寒い冬には注意が必要
2017年12月07日
米を中心とした日本型食生活が健康寿命を延ばす 食育健康サミット2017
2017年12月07日
糖尿病と肥満が80万人のがんの原因に 肥満が原因のがんは54万例
2017年12月07日
長野市が「ベジライフ宣言」で糖尿病対策 野菜から食べ30回噛む
2017年12月06日
【HAMIQ】認知症の社会的処方箋/おもいやり災害食認証制度
2017年12月04日
【新連載】超高齢社会への提言「エイジング・リテラシー」(有料老人ホーム入居支援センター)
2017年12月02日
浮世絵風のポスターなどでインフルエンザ予防を呼びかけ(東京都)
2017年12月01日
【健やか21】思春期アンケート「高校生の性交経験と生活環境・保健指導」
2017年12月01日
「新たな自殺総合対策に向けて」へるすあっぷ21 12月号
2017年11月30日
「心が健康な人」を増やす・支えていくことが産業保健師ならではのメンタルヘルス事業の心得【産保PC第3回レポート】
2017年11月30日
【くるみpro更新情報】クリスマスプレゼント付き資料請求実施中!
2017年11月30日
ママから笑顔がきえるとき―文京学院大が産後うつ予防リーフレット作成
2017年11月29日
食塩の摂取量を減らすと医療費を削減できる 「減塩」の効果は大きい
2017年11月29日
「ウォーキング」で重要なのは継続 少し歩いただけで健康効果を得られる
2017年11月29日
高カフェインの「エナジードリンク」で健康被害が 摂取の制限を検討
2017年11月29日
「早食い」が原因で肥満やメタボに よく噛んで食べるための6つの対策
2017年11月29日
糖尿病の男性は「ED」(勃起不全)のリスクが高い EDは治療できる
2017年11月28日
【新連載】がん患者さんのアピアランス・サポート (みなとアピアランス・サポート相談室)
2017年11月27日
【健やか21】産後うつ予防リーフレット・動画公開(文京学院大学)
2017年11月27日
【保健師募集】研修制度充実・人財育成に力を入れている鶯谷健診センター
2017年11月24日
【30名限定】すろかろアンバサダー第1期の募集をスタートします!
2017年11月24日
厚労省が年末年始に合わせて墜落・転落災害防止対策キャンペーンを実施
2017年11月22日
女性の6割は「乳がんを発症しても働く」 パートナーは「治療優先」希望
2017年11月22日
「健康づくり運動ポイント制度」で健康長寿を促進 和歌山県
2017年11月22日
「新型たばこ」に対し呼吸器学会が見解「健康に悪影響が出る可能性」
2017年11月22日
フレイルの高齢者、自立喪失リスクが約2.4倍に上昇 健康長寿医療センター
2017年11月21日
糖尿病の食事療法を継続するためのポイント 食を楽しみながら成功
2017年11月20日
スマホアプリを用いることで血糖コントロールが有意に改善
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,681 人(2017年12月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶