ニュース

女性の6割は「乳がんを発症しても働く」 パートナーは「治療優先」希望

 「乳がんになっても仕事を続けたい」と望む女性は61.2%に上ることが、民間の調査で分かった。一方で、妻が乳がんになった場合「仕事を続けてほしい」と考える男性はわずか22.4%で、仕事を続けたい女性と治療を優先してほしいと望む男性との意識の差が明らかになった。
もしも乳がんを発症したら 男女の見解に相違が
 調査は損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険が9月、20~50歳代の既婚男女1,100人にインターネットで実施し、1064人が回答したもの。現状で仕事をしているかどうかは不問とした。

 もしも乳がんを発症したら、女性の半数以上が「仕事を続けたい」「配偶者にも仕事に影響のない範囲で配偶者にサポートしてほしい」と考え、「病気の治療と仕事の両立」を望んでいることが分かった。

 一方、男性は、配偶者が乳がん罹患時に「仕事を続けてほしい」と回答した割合は2割にとどまり、「最優先でサポートしたい」「仕事をセーブしてサポートしたい」との回答が6割に上り、「配偶者には病気の治療を優先してほしい、それをサポートしたい」と望んでいる割合が多いことが示された。

6割以上の女性が「乳がんになっても仕事を続けたい」
 調査によると、「乳がんになっても仕事を続けたい」とした女性は29.4%、「どちらかといえば続けたい」は31.8%。男性では「配偶者に乳がんになっても仕事を続けてほしい」と「どちらかといえば続けてほしい」が計22.4%で、反対に「続けてほしくない」「どちらかといえば続けてほしくない」は計31.4%だった。

 配偶者が乳がんにかかったときに生活の中でもっとも不安に感じることは「治療費や生活費などの金銭面」(女性 50.6%、男性 41.8%)が男女ともにもっとも多かった。次いで「今まで通り家事、育児ができるか」(女性 27.6%、男性 25.8%)が挙げられた。

 女性が乳がんにかかった場合、配偶者にサポートしてもらうために利用を希望する制度としては、「有給休暇」(79.3%)、「時短やシフト勤務」(63.7%)、「テレワーク」(43.6%)が挙げられた。
乳がんのセルフチェックをしている女性は4割未満
 乳がんについて関心をもっておりチェックしている女性は57.8%、男性でも45.6%に達した。乳がんに関する情報を入手する手段はテレビ番組(女性71.7%、男性64.0%)、インターネット(女性51.3%、男性50.1%)だった。

 乳がんにかかったときに気になる外見の変化としては、「乳房切除」(74.9%)、「脱毛」(75.1%)、「皮膚・爪の変色」(75.1%)、「むくみ」(80.2%)を挙げる女性が多かった。

 乳がんにならないため、あるいは早期発見のために女性が実践していることは、「乳がん検診の受診」(44.4%)がトップで、「セルフチェック(自己視触診)」(38.7%)が続く。「特に何もしていない」という女性は30.7%に上った。
乳がんの検診の機会を見逃さないように
 乳がんは、女性がかかるがんのなかでもっとも多く、患者数は年々増加している。乳がんになりやすい年齢は40歳代後半〜50歳代だが、30代歳から増えはじめる。

 乳がんは、自分で見つけることができる数少ないがんなので、月に1回は、自分で乳房にしこりや変形がないかどうかをセルフチェックすることが勧められている。

 また、乳がんの検診は、40歳以上の人であれば2年に一度、自治体で受けることができる。自治体によって超音波検査も併せて受けることができので、検診の機会を見逃さないようにしたい。

 政府が2017年に策定した「働き方改革実行計画」では、「女性が活躍しやすい環境整備」「病気の治療と仕事の両立」が掲げられている。個人だけでなく国のレベルでも乳がんへの対策が求められている。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険
[Terahata]

「がん」に関するニュース

2018年07月26日
東京第1期 「ブレスト・アーティスト養成スクール」開講日程のお知らせ
2018年06月27日
「グループ運動」は継続するのに効果的 「プラス・テン」で運動促進
2018年06月27日
乳がん患者の不安や恐怖を緩和 乳がんサバイバーを支援するアプリを開発
2018年06月20日
「老年医学推進5ヵ年計画」を学会が発表 人生100年時代の高齢者医療
2018年06月20日
低脂肪の食事で女性の「乳がん」リスクが低下 死亡リスクも低下
2018年06月13日
「早期乳がん」の70%は化学療法は不必要 乳がん治療に明るい選択肢
2018年06月13日
「女性特有の遺伝子」を発見 バストの大きさ、月経痛の重さに関連
2018年06月06日
「笑い」が糖尿病やメタボ、がんを改善 よく笑うと健康効果を得られる
2018年06月06日
「高齢者」に医薬品を処方するときには注意が必要 厚労省が指針を通知
2018年05月30日
日本で未承認の「抗がん剤」は65種類 8割が100万円超 患者の負担が重い

最新ニュース

2018年08月17日
【新連載】乳がん発見から治療・生活・食事・仕事まで
2018年08月14日
★出展者募集★第1回健康診断・健康管理EXPO~保険者・企業の方々が多数来場予定!!
2018年08月09日
質がいい「脂肪」の摂り方を説明できますか?(くるみ病態別レシピ・栄養ガイド提供中)
2018年08月09日
未規制物質への対応などを強化~第五次薬物乱用防止五か年戦略
2018年08月09日
【健やか21】アワード2018 子育てに協力的な企業・団体の事例募集!
2018年08月08日
健康保険加入者の37%が肥満 脂質・血圧・肝機能など複数のリスクを保有 健康保険組合連合会
2018年08月08日
大雨の「危険度分布」をスマホの位置情報でスピーディーに表示~気象庁
2018年08月07日
「介護離職」が年間に9.9万人 働きながら介護は346万人 「介護離職ゼロ」の目標遠く
2018年08月07日
「認知症」を恐れる中高年が大多数 政府の施策は「知らない」 日医総研
2018年08月07日
【応募受付中~8/20(月)まで】「パパコト」アンバサダー募集中!
2018年08月06日
「一般社団法人日本糖尿病・生活習慣病ヒューマンデータ学会」が発足
2018年08月06日
【連載更新】高齢期の健康運動の考え方 ~体も心も生涯現役を目指す~
2018年08月02日
【健やか21】子どもの事故防止ハンドブック 英語版と中国語版(消費者庁)
2018年08月01日
糖尿病治療に「IoT」を活用 スマホで治療を改善 【参加者を募集中】
2018年08月01日
肥満や糖尿病になるとなぜ「骨格筋」が減少? 新たなメカニズムを解明
2018年08月01日
50歳代の6割が歯や口の中が「健康ではない」と回答 歯科医師会調査
2018年08月01日
「今こそ!歯科対策!!」へるすあっぷ21 8月号
2018年07月31日
2016年度の特定健診の実施率は51.4% 特定保健指導は18.8%で伸び悩み
2018年07月31日
「社会的な孤立」「閉じこもり」は危険 高齢者の死亡リスクが2倍超に
2018年07月31日
「職場ストレス」がメタボの危険性を40%上昇 仕事の心理社会的要因とは
2018年07月31日
「10月8日は、糖をはかる日」今年は"写真"を募集します!2018年コンテスト作品募集開始!!
2018年07月31日
「10月8日は、糖をはかる日」講演会2018 参加者募集開始!!
2018年07月30日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE)  2018年度講習会申込受付中
2018年07月30日
心血管腎臓病に克つために
2018年07月27日
「過労死等の防止のための対策に関する大綱」の変更を閣議決定~新たな数値目標も設定
2018年07月26日
東京第1期 「ブレスト・アーティスト養成スクール」開講日程のお知らせ
2018年07月26日
【健やか21】妊娠期喫煙および出生後受動喫煙が子の聴覚発達に与える影響
2018年07月25日
腎臓病対策 CKD重症化予防の徹底など明記 厚労省が報告書
2018年07月25日
熱中症予防に関する緊急提言 小児や高齢者など「熱中症弱者」に注意を
2018年07月25日
認知症の原因は「日常生活活動」の低下 日常活動や社会的活動が大切
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,421 人(2018年08月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶