ニュース

第1回目健康レシピコンテスト「プルーン食べ合わせ」結果発表!

 ドライプルーン(以下、プルーン)は健康維持と慢性疾患の低減に役立つ成分が自然のままの形でバランス良く含まれている機能性食品素材です。今回、「食べ合わせ」に着目し、プルーンの栄養を最大限に生かすレシピの投票コンテストを実施しました。多くの投稿・コメントをいただきましたのでここでご報告いたします。

人気レシピNo.1
「餃子の皮で簡単おつまみ!?プルーンとハムチーズサンド」

 プルーンは、プラム(西洋すもも)を完熟、乾燥させたものです。甘味は、天然のブドウ糖、果糖、糖アルコールに分類されるソルビトールが含まれていて、砂糖の代わりにも利用できます。

 また、食物繊維も水溶性、不溶性のどちらも豊富で、保水性が高く、料理にコクを出すなど、そのまま食べるだけでなく、お料理に調味料として使うことも可能です。

 今回多数の保健師、看護師、管理栄養士、一般の方々からの投稿やご意見では、栄養面でのコメントや手軽さのコメント、バター代わりの調味料としての驚きのコメントが多く寄せられました。

 骨のカルシウムを効率的に取る組み合わせで作るのも手軽、食べるのも手軽な『餃子の皮で簡単おつまみ!?プルーンとハムチーズサンド』が1番に選ばれたのは、まさに、手軽で栄養価を重視した、働く女性の健康術につながる投票結果だったのではないかと思います。

(コンテスト監修:女子栄養大学栄養クリニック・蒲池桂子先生)

「餃子の皮で簡単おつまみ!?プルーンとハムチーズサンド」の作り方はこちら↓

 【Point】
酸味のあるプルーンと一緒に食べることで、チーズに含まれるカルシウムが吸収されやすくなり、ちょっとしたおつまみなのに、効率よく栄養が摂取できます。

投稿コメント紹介

  • 餃子の皮は、一般家庭でも馴染みがあります! そして、簡単なので子どもと一緒に作れそうです。子育てと仕事と家事に追われる私としては、栄養もとれて、子どもと触れ合えて、美味しいときたら、バッチリです!(りさ・保健師)
  • トースターで出来る手軽さがいいです。砕いたアーモンドなどをアクセントに入れても食べごたえとカルシウムの吸収率アップにいいですね。(たけのこ・保育士)
  • カルシウム吸収率がアップし、子供のおやつにももってこいだとおもいます。手軽につくれるところがいいです。餃子の皮を玄米やクルミパンになどにしてもよさそうですね。(食事バランス・看護師)
  • 太る!と言われるおつまみが、骨を丈夫にするおつまみになるのは女性にとってうれしい組み合わせです。(にべよう・保健師)

女子栄養大学栄養クリニック・蒲池桂子先生に聞いてみました!

---プルーンなどのドライフルーツが日常生活で有用なワケ

 ドライフルーツには、カリウム、食物繊維が他の食品と比べて比較的多く、そのまま食べてもまた保存食としても利用できます。特にプルーンは、ビタミンB群が多く含まれており、ビタミンB群は、代謝を助け、疲れを取る働きをします、さらに、ブドウ糖も意外に多く含まれており、仕事の合間に効率が下がったときには、お勧めです。

---プルーンは、そのままでも食べられますが、今回、プルーンの豊富な栄養素を効率よく吸収するために「食べ合わせ」に着目しました。
登場したレシピの中で蒲池先生が気になる、またはおすすめのものを教えて下さい。


各レシピは【第1回目 プルーン健康レシピコンテスト】でご覧いただけます。

■やわらかくする。という視点から見ると、プルーンの酸味で、栄養満点なつまみに!プルーンの肉巻はお肉をやわらかくし、甘みで旨みを引き立てる役割がありますね。

■酸味と甘みを利用した、プルーンの味噌漬けは、酢味噌のようなさわやかな調味料になると思います。プルーンとチーズのサラダプルーンとサツマイモのヨーグルトサラダサツマイモとプルーンのレモン煮は、ドレッシングや砂糖、酢などの調味料代わりにプルーンを利用してプルーンのおいしさを加えたメニューとなりました。

■水溶性および不溶性の食物繊維を利用した、プルーンと雑魚の佃煮は、甘みと水溶性食物繊維を利用することで糖分を減らしながらも水溶性食物繊維からのテリと粘りそしてミネラル分が加わり旨みが引き立ちますね。

 プルーンバナナマフィンは、甘みと豊富な食物繊維を利用することで、保水性が加わり、それがバターの代わりとしてはたらいて、エネルギー量を減らすことができるおやつになりました。

■栄養的な効果を手軽な調理方法で、取り入れる。餃子の皮のプルーンハムチーズサンドプルーンとラズベリーのヨーグルトドリンクについては、ハムチーズで旨みを加える。酸味をヨーグルトで抑えるなどして手早くプルーンと骨にプラスとなる栄養をとることができるメニューとなりました。

たくさんのご応募ありがとうございました!

 この度は、保健指導リソースガイド企画「第1回目プルーン健康プルーンレシピコンテスト」にご応募・閲覧していただき誠にありがとうございました。プレゼント当選者はメールの連絡をもって発表とさせていただきます。

 もしもの災害時の常備食として、ドライフルーツが注目されています。 また、最近では、非常時のための備蓄ではなく、日ごろから利用できる長期保存可能な食品を買い置いて、食べたら買い足すというローリングストック法も推奨されています。ドライフルーツの中でもプルーンは水分含有量が高いことやカリウムを含むことから、災害時の備蓄食としても有用な食材ですので、是非、日常から常備して頂き、災害時・日常の健康レシピでご活用いただければと思います。

【参照】No.1 震災後に求められる備蓄食11の条件と「常備食」(宮城大学・石川伸一先生)

 ※本企画・本ニュースのお問い合わせは保健指導リソースガイド お問い合わせ までよろしくお願いいたします。
[soshinsha]

「産業保健」に関するニュース

2019年02月21日
【参加者募集中!】第5回年次講演会/医療や保健指導の現場で役立つプログラム「スローカロリーのアンケート結果」も発表
2019年02月20日
府民のための健活マイレージ「アスマイル」が始動 700万人の健康づくりを支援 大阪府
2019年02月20日
高カロリーの清涼飲料は肥満やメタボの敵 腎臓病のリスクも高める
2019年02月20日
虐待対策ワーカー配置など児童相談体制強化に向けた取組を強化―東京都
2019年02月20日
認知症と腸内細菌が強く関連 認知症患者で少ない菌が判明 長寿医療研究センター
2019年02月19日
アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 全国生活習慣病予防月間2019 公開講演会 レポート
2019年02月13日
子宮頸がんは2000年を境に増加 世界では31万人超が死亡 専門家は「早期診断とHPVワクチンの普及が欠かせない」と強調
2019年02月13日
低所得が糖尿病リスクに 1.2〜1.4倍の格差 ストレスや就労困難が原因か?
2019年02月13日
地域活動に参加する高齢者はうつになりにくい ソーシャル・キャピタルの整備が必要 3万人を調査
2019年02月13日
「脂肪の味」は6番目の味覚 味覚に敏感になると食欲を抑えられる?

最新ニュース

2019年02月21日
【参加者募集中!】第5回年次講演会/医療や保健指導の現場で役立つプログラム「スローカロリーのアンケート結果」も発表
2019年02月21日
【健やか21】梅毒予防に向けた啓発動画の作成について(東京都)
2019年02月20日
府民のための健活マイレージ「アスマイル」が始動 700万人の健康づくりを支援 大阪府
2019年02月20日
高カロリーの清涼飲料は肥満やメタボの敵 腎臓病のリスクも高める
2019年02月20日
虐待対策ワーカー配置など児童相談体制強化に向けた取組を強化―東京都
2019年02月20日
認知症と腸内細菌が強く関連 認知症患者で少ない菌が判明 長寿医療研究センター
2019年02月19日
アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 全国生活習慣病予防月間2019 公開講演会 レポート
2019年02月15日
【書籍プレゼント】保健指導リソースガイド10周年特別企画 第1弾!『保健師と放射線 すぐ使える講義・演習・事例検討』を10名様にプレゼント
2019年02月14日
風疹のワクチン接種と妊婦への予防を呼びかけ―先天性風疹症候群の報告を受け
2019年02月14日
【健やか21】シンポジウム「社会で守る子どもの安全 〜『ネットの声』を分析してみてわかったこと〜」3/3(日) 
2019年02月13日
子宮頸がんは2000年を境に増加 世界では31万人超が死亡 専門家は「早期診断とHPVワクチンの普及が欠かせない」と強調
2019年02月13日
低所得が糖尿病リスクに 1.2〜1.4倍の格差 ストレスや就労困難が原因か?
2019年02月13日
地域活動に参加する高齢者はうつになりにくい ソーシャル・キャピタルの整備が必要 3万人を調査
2019年02月13日
「脂肪の味」は6番目の味覚 味覚に敏感になると食欲を抑えられる?
2019年02月13日
後期高齢者の6割が3疾患以上の慢性疾患を併存 後期高齢者約131万人分のレセプト情報を分析
2019年02月07日
【PR】 【資料ダウンロード開始】健康的にダイエット! 保健指導で活用したい「おにぎりダイエット」のススメ
2019年02月07日
【健やか21】第71回「保健文化賞」の募集について
2019年02月06日
H31年度実施を目指す未就園児等全戸訪問事業で児童虐待を防止
2019年02月06日
特設ページ「妊産婦のための食習慣」を開設~健やか親子21公式HP
2019年02月05日
高齢者は運動をどこまでできる? 強めの運動でも楽しんで続けられる
2019年02月05日
宮城県がメタボ対策のアプリを配信 働き盛り世代に「あと1500歩 歩こう」
2019年02月05日
牛乳やヨーグルトの成分が炎症を抑制 血管を改善し脳の活性化にも効果的
2019年02月05日
母親のストレスが子どもの肥満に影響 生後1歳までがとくに重要との結果に
2019年02月05日
「適正受診が医療を守る~上手な医療のかかり方~」へるすあっぷ21 2月号
2019年02月03日
大人のがん教育への活用も。がん医療の現状とサバイバーの今をていねいに描くドキュメンタリー映画「がんになる前に知っておくこと」を鑑賞して
2019年01月31日
【健やか21】子ども予防接種週間(3/1~3/7)/低年齢層の子供の保護者向け普及啓発リーフレット
2019年01月30日
肥満より怖い「サルコペニア肥満」 食事と運動で筋肉低下を予防
2019年01月30日
糖尿病発症の予測アプリは「医療機器」ではない スマホアプリにも規制の波
2019年01月30日
健保組合加入者の37%が肥満 健診検査値で「リスクなし」は19% 健保連
2019年01月30日
すべてのがん患者は運動を治療として行うべき 運動が乳がん患者のQOLを改善 欧州臨床腫瘍学会
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,762 人(2018年12月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶