ニュース

東京都が「介護予防・フレイル予防ポータル」を開設~早期からの介護予防を啓発

 東京都はこのほど、介護予防・フレイル予防について広く普及啓発を図るため、Webサイト「東京都介護予防・フレイル予防ポータル」を開設。

 基礎知識や予防のポイントなどをまとめているほか、PR動画「知っておく!からはじめる介護予防・フレイル予防」や都内各自治体の取り組みをまとめるなどし、さまざまな角度からフレイル予防について情報提供をしている。
より早期から取り組む介護予防=「フレイル予防」
 「フレイル」とは年齢と共に心身の活力が低下し、要介護状態となるリスクが高くなった状態を指す。生活機能の自立度が高い「健康」と日常生活動作に障害がある「要介護状態」との間に位置する状態と考えられ、フレイル予防とは、より早期から取り組む介護予防を意味する。

 東京都がこのほど開設したWebサイト「介護予防・フレイル予防ポータル」は「知る」、「予防と対策」、「取り組み」とカテゴリーを分け、動画やイラストを多用しながら分かりやすく解説。簡単な設問に答えるだけで、フレイルリスク度をチェックできるページや、年齢別のフレイル予防についてポイントをまとめたページなどもある。

 また都内の区・市町村の取り組みや、各自治体が公開している介護予防のためのオリジナル体操にもリンクしている。

「東京都介護予防・フレイル予防ポータル」公式サイト↓

【動画】「知っておく!からはじめる介護予防・フレイル予防」

フレイル予防は健康寿命の延伸に重要な課題
 厚生労働省が公表した「一般介護予防事業等の推進方策に関する検討会 取りまとめ」でも、介護予防については「高齢者の心身の状態を自立、フレイル、要支援、要介護、またその状態が可変であるというように、連続的に捉え支援するという考えに立って行われるべきものである」と言及。

 先の通常国会で健康保険法等の一部改正法が成立し、この中で後期高齢者の保険者である広域連合は、その保健事業を市町村に委託できることとされており、今後は市町村によるフレイル予防や重症化予防などを目的とした高齢者の保健事業と介護予防の一体的な実施が行われる予定。

 人生100年時代と言われる現代社会において、健康寿命の延伸に重要な役割を果たすフレイル予防は、介護予防事業に携わる者にとって今後さらに力を入れるべき課題となっている。

[yoshioka]

「産業保健」に関するニュース

2020年02月11日
肥満やメタボが脳の老化を加速 代謝異常により脳機能が低下 食事や運動などの生活改善が決め手に
2020年02月11日
ウォーキングの衝撃は骨と脳の健康に良い 1日10分は骨や体に衝撃が加わる運動を
2020年02月11日
「5つの健康的な生活スタイル」とは? 慢性疾患のない期間が10年延長 50歳までに実行すれば大きな成果が
2020年02月11日
サケの頭から抽出した栄養成分が女性の更年期障害を改善 産学官プロジェクトで開発
2020年02月11日
健保組合加入者の41%が肥満 「リスクなし」はわずか21% 業態によって健康状態に差が 健保連が調査
2020年02月07日
高齢者が安全で健康に働ける職場の実現を目指して 有識者会議が報告書をとりまとめ
2020年02月06日
【健やか21】新型コロナウイルスに関するQ&A(厚生労働省)
2020年02月05日
ウォーキングなど運動習慣のある人はがんのリスクが低い 大腸がんは14%低下 乳がんは10%低下
2020年02月05日
納豆を食べると心筋梗塞などのリスクが低下 「発酵性大豆食品」が死亡リスクを下げる
2020年02月05日
日本初の高血圧治療アプリの治験を開始 「高血圧を自分で治す」が目標 食事や運動などの行動改善を促す
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,068 人(2020年08月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶